ホイットニー美術館

PLACEText: Yuji Shinfuku

再開発が進む今注目のエリアに新たに移転する事になったホイットニー美術館。アメリカのアートの歴史を内包する美術館の、ニューヨークの街と共に変わりゆく現在の姿を訪ねた。

WM001.jpg
The new building in the evening, October 2014, Photo: Timothy Schenck

ホイットニー美術館が新たな拠点に選んだハドソン川に面したハイラインは、もともと高架貨物線の跡地を再利用し、2009年に空中緑道としてオープンした場所である。現在はおしゃれなブティックやクラブなどが増えているミートパッキングエリアから、ギャラリーのひしめくチェルシー地区を抜けて1.6キロ続くこの公園は、多くの人が訪れる市民の憩いの場として機能している。

WM008.jpg
The High Line, Photo: Timothy Schenck

現在、建築中の9階建てとなる館内には2フロアの常設展示階を含む合計約4,600平米のギャラリーが設けられ、21,000点に及ぶパーマネント・コレクションも展示されることとなる。約1,670平米に及ぶ企画展示スペースはニューヨークでも最大級であり、屋外にも約1,200平米の展示スペースが設けられる予定だ。

WM009.jpg
Sketch by Renzo Piano

建築設計はイタリア出身の世界的建築家、レンゾ・ピアノ。「都市は徐々に自然の状態に回帰する」というアメリカの現代美術家ロバート・スミッソンの思想を反映し、周囲の建築物や空間に押し出され、形作られたかのようなタワーを設計。単なる建造物ではなく、周りの環境、コミュニティーと密接な繋がりを持った美術館の、都市と自然の関係における哲学を垣間見る事が出来る。美術館としては勿論、ニューヨークにある数多くの著名な歴史的な建物と同様に建造物としても注目を浴びることになるであろう。

WM010.jpg
Photo: Timothy Schenck

ホイットニー美術館はとりわけアメリカのアートに重きを置いている事で知られる。エドワード・ホッパーの多くのコレクションを持ち、移転前最後となる大規模な展覧会はアメリカのポップアートの巨匠ジェフ・クーンズであった。創設者ガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーは1920年代に、500点以上のアメリカ美術の作品を収集していた。このコレクションをメトロポリタン美術館に寄贈しようとしたが、当時アメリカ美術はほとんど認められておらず断られた為、1931年に自らの美術館を設立したのがホイットニー美術館の始まりとなる。以降、ホイットニー美術館はアメリカのアートの歴史を体現してきた。多くのアメリカの芸術家と強い繋がりを持ち、共に時代を生きてきたと言っていいだろう。

WM004.jpg
Photo: Timothy Schenck

前述したロバート・スミッソンもその例外ではなく、美術館と密接な繋がりを持ち、今回の移転建築におけるコンセプトの中核を成しているとも言える。ユタ州ソルトレイク市にある幅およそ4.5mの土手で作られた渦巻き状の湖岸から突き出した作品「スパイラル・ジェッティ」で知られる彼の「フローティング・アイランド」という(1970年に実現しなかった)企画を、ホイットニー美術館は彼の2005年の回顧展で具体化させた。この作品は27mx9mの人口島をタグボートにひかせて2週間ハドソン川を遊泳させるもので、セントラルパークの設計者フレデリック・ロー・オルムステッドへのオマージュ作品となっている。

WM007.jpg
Photo: Timothy Schenck

また、今回の移転に際しては、ファションの分野でも呼応する動きがあるようだ。オープニング・パーティーのスポンサーを務めるファッションブランドのマックスマーラは、2015 プレフォール・コレクションにてホイットニー美術館へのオマージュを展開している。現在のパーク・アヴェニューにある段々に迫り出した外観にインスパイアされた服など、ある種のコラボレーションともいえるコレクションだ。建築家レンゾ・ピアノが美術家のロバート・スミッソンに着想を得てハイラインの新しい建物を設計しているように、ホイットニー美術館が一つの思想、アイデアとして、ファッションや建造物と結びつき、そこに美術館の哲学が反映されているように感じる。移転に伴って長い歴史を持つホイットニー美術館の在り方がまさに体現されていると言えるだろう。

WM002.jpg
The building viewed from the roof of the Standard, July 2014

公式ホームページではウェブカメラによる15分毎の工事進行を見る事が出来る。ニューヨークの新しい一面を見せてくれる再開発エリア、ハイラインへと移転する事になったホイットニー美術館。新館は5月1日にグランドオープン予定で、パーマネント・コレクションの大規模な展示になるようである。新しい美術館の展示を楽しみ、ハイラインの脇を流れるハドソン川の風を感じながら、歴史を内包しながらも変わり続けるニューヨーク、そして変わりゆくアメリカに思いを馳せてみるのもいいのではないだろうか。

Whitney Museum of American Art
住所:99 Gansevoort Street, New York, NY 10014
営業時間:11:00~18:00(金曜日は13:00~21:00)
休館:月曜日、火曜日
入館料:18$
TEL:+1-212-570-3600
http://whitney.org

Text: Yuji Shinfuku

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE