アイ・ウェイウェイ「アット・ラージ 」

HAPPENINGText: Fuyumi Saito

aww-withwind-installation-traditional-dragon.jpgサンフランシスコの国立公園の一つであり、特有の潮の流れを持つ海に囲まれた孤島であることから脱出不可能な監獄島(ザ・ロック)として、1963年までアメリカ中の極悪犯罪者が送り込まれたアルカトラズ島。現在は刑務所施設の跡地見学や島特有の植物や鳥の観察できる公園として毎日観光客が多数訪れている。
 
このアルカトラズ島の施設跡地を舞台に、中国人アーティスト、アイ・ウェイウェイのアートプロジェクト「@Large」(アット・ラージ)が展開されている。

yours%20truly.jpg
“Yours Truly” offer visitors the opportunity to correspond directly and personally with individual prisoners. Photo by Alison Taggart-Barone, Parks Conservancy

アイ・ウェイウェイは1980年代より、建築やインスタレーションの現代アート作品を世界各地で発表し続ける一方、2008年5月の四川大地震で多くの学生が校舎の下敷きになり死亡した事件で、家族の抗議を中国政府がはねつけ、被害の全貌も明らかにされていない事実を受けて、彼のブログを通じて実態調査を行うプロジェクトをスタートした。これをきっかけに2010年に中国当局から軟禁、その後彼のスタジオに脱税容疑がかけられ、拘束される身となるなど、体制と闘いながらも積極的な社会活動を行っている。彼の作品からは毎回、そうした活動ともリンクする政府や政治、現代社会への疑問や批判のメッセージを読んでとることができる。
 
彼は釈放された今も、国外へ出ることを禁じられており、今回のアルカトラズ島での展示も、彼は実際にアルカトラズ島を訪れることができないまま、北京のスタジオで制作が進められた。この展示を訪れる人々は、実際の刑務所施設の壁や床、その空気とともに、アイ・ウェイウェイが訴えるメッセージを体感することになる。「自由」とは、「正義」とは、人々の「権利」と「責任」とは…?アルカトラズ島を実際に訪れることのできない彼自身の強い思いが、監獄施設という環境の中で、よりリアルな想像や共感をかき立てる。

ニュー・インダストリアル・ビルディングは、第二次大戦の最中、囚人たちが軍人たちの制服の洗濯や政府が使用する靴や衣服、海軍が使用するネットの制作を行っていた場所である。ここでは、「ウィズ・ウィンド」「トレース」「リフラクション」の3つの展示を見ることができる。

aww-withwind-installation-traditional-dragon.jpg
“With Wind” installation—both delicate and fearsome, the traditional Chinese dragon kite embodies a mythical symbol of power. Photo by Ryan Curran White, Parks Conservancy

「ウィズ・ウィンド」:色鮮やかな中国の伝統的な凧が天井から吊るされている。迫力ある龍の凧が入り口で迎える。神話的な力を持つとされる龍は、帝国の権力を示すようにも捉えられるが、アイ・ウェイウェイはむしろ個人が持つ自由を表現しているという。「誰もがこの力を持っているはず」と。龍の長くうねる体は一つ一つの凧で構成されており、そこには、ネルソン・マンデラやエドワード・スノーデン、そしてアイ自身など、投獄されているまたは亡命中の活動家の発言が記載されている。

龍の他にも、植物や鳥と言った自然をモチーフにした凧が天井に並ぶ。人に操られ舞う凧からは、市民の人権や自由が何者かにコントロールされてきた、そんなメッセージを感じることもできる。囚人たちが監獄を出て作業できる場、しかし実際には監視のもと単一作業が延々と続くこの施設を舞台に、「凧=空を飛ぶ自由のイメージ」対「制限された世界」、「伝統的な凧=国文化の誇り」対「国の恥」といった矛盾が表現されている。

ai-trace-detail-1.jpg
LEGO brick portraits of 176 prisoners of conscience line the floor of the New Industries Building in Alcatraz. Photo by Alison Taggart-Barone, Parks Conservancy

「トレース」:レゴブロックを用いて作られた人々の顔が床一面に敷き詰められている部屋。その信仰や活動のために投獄または国外追放されたアウン・サン・スーチン、マーティン・ルーサー・キングなど175名以上の活動家達が並ぶ。レゴ一つ一つが組み合わされて制作されたその顔からは、「個と集団」「巨大な国の権力と個人」という意味を読むこともできる。

aww-refraction-metal-wing.jpg
Visitors peer through cracked and rusted windows from the lower gun gallery where guards once monitored prisoners at work to get a glimpse of an enormous metal wing called “Refraction.” Photo by Ryan Curran White, Parks Conservancy

「リフラクション」:ニュー・インダストリアル・ビルディングのガン・ギャラリーと呼ばれる細長い廊下ではかつて、武装した監視員が囚人達の仕事をガラス越しに見張っていた。破れたガラス窓のギャラリーからその仕事場を見下ろす形で展示されているのが、巨大なメタルの翼だ。実際の鳥の翼をもとにデザインされてはいるが、羽の代わりについているのは、鍋やヤカン、そしてソーラーパネルだ。中国に長きにわたり支配されてきたチベットで使用されているものだ。

aww_refraction_uses_imagery_of_flight.jpg
Ai Weiwei, Refraction, 2014 (installation detail, New Industries Building, Alcatraz). By Jan Stürmann, courtesy FOR-SITE Foundation

「ウィズ・ウィンド」ように、飛ぶモチーフは自由をイメージさせる。しかしその素材は5トン以上あるメタル。解放を求める葛藤とともに、一方で、ソーラーパネルは飛ぶためのエネルギーを密かに溜め込もうとしているようにも見える。
 
そしてアルカトラズ島の中でも一番広い刑務所棟では、「ステイ・テューンド」「イルミネーション」「ブロッサム」「ユアズ・トゥルーリー」の展示を見る事ができる。

aww-staytuned-ablock-alcatraz.jpg
“Stay Tuned”—this work allows visitors in A Block, Alcatraz, to sit and listen to spoken words, poetry, and music by people who have been detained for the creative expression. Photo by Alison Taggart-Barone, Parks Conservancy

「ステイ・テューンド」:狭く窓のない牢獄の各個室から、スピーチが聞こえてくる。時には歌も。このサウンド・インスタレーションでは、中国からの独立を訴えるチベットの詩人ロロや、プーチン政権へ反対するロシアのフェミニスト・パンクバンド「プッシー・ライオット」、  アパルトヘイト時代の南アフリカで活動した「ロベン島・プリズン・シンガーズ」など、その創作活動や信仰から国や政府に拘留されたアーティストや活動家の詩や歌、スピーチを聞くことができる。薄暗い個室に入り、ポツンとおかれた椅子に座り、または立って、壁を眺めながらその声を聞く。 牢獄の中で、彼らは孤独だったのか、それとも強い信念とそれを支持する人々を思い力強くいたのか…。想像を巡らせてみることができる。
 
ai-illumination-1.jpg
“Illumination”—A visitor closes his eyes to experience the Hopi Indian music in a psychiatric observation cell. Photo by Alison Taggart-Barone, Parks Conservancy

「イルミネーション」:かつて刑務所内の病院だったフロアは薄暗く悲壮感が漂う。この中でも、精神病者が監禁されていたという部屋は照明がなく厚いくもり硝子から外の光が鈍く入ってくるのみ。この空間では、ダライ・ラマに近く仕えていた僧によるチベットの歌や、ネイティブアメリカンの音楽を用いて、文化や政治で抑制された人々へのオマージュを表現する。息の詰まるような監禁部屋の中で、歌うことだけが救いであり、精神的な支援であり、文化的アイデンティティを保守する唯一の光だったのかもしれない。

Blossom.jpg
“Blossom”—in this work Ai Weiwei quietly transforms the utilitarian fixtures in the Hospital into delicate porcelain bouquets. Photo by Alison Taggart-Barone, Parks Conservancy

「ブロッサム」:入院中の囚人達が使用していた便器やバスタブ、流しに溢れるように入っている花。これはいくつかの病棟や医療オフィスから調達して来た磁器素材で作られている。花はセラミックで上塗りされ、ここでもアイは中国の伝統技術のイメージを用いている。但し、それはその技術に対する崇拝というよりは、入院中の囚人達に、現実には手向けられることのなかった見舞のブーケとしてのシンボルだという。

aww-blossom-transform-fixtures.jpg
“Blossom”—in this work Ai Weiwei quietly transforms the utilitarian fixtures in the Hospital into delicate porcelain bouquets. Photo by Ryan Curran White, Parks Conservancy

冷たく、砕けやすい花々は中国で1956年に起こった有名な政治活動、百花斉放(ひゃっかせいほう:表現の自由を政府に認めさせるものだったが、運動はすぐに反対派により取り締まりを受けることになった)への皮肉的な表現でもある。

aww-yourstruly-correspond-directly-prisoners.jpg
“Yours Truly” offer visitors the opportunity to correspond directly and personally with individual prisoners. Photo by Alison Taggart-Barone, Parks Conservancy

「ユアズ・トゥルーリー」:刑務所内の食堂であったこのスペースでは、見学者が今も獄中にある囚人達に直接、個人的にコンタクトをとることができるプロジェクトが展開されている。ここでは、ニュー・インダストリアル・ビルディングの「トレース」の展示で紹介されていた拘留中の活動家にあてて、皆がポストカードを書くことができるのだ。ポストカードには囚人達が捕らえられた国の鳥や植物のイメージ写真が飾っている。メッセージを書いたポストカードはこの展示の主催者により集められ、各所へ送られる。

アイ・ウェイウェイは監禁された人々を苦しめる孤独について語って来た。政治犯達は彼らが戦って来た理由からも外の世界から忘れ去られることを非常に恐れる。このプロジェクトはそんな彼らの思いに対して、我々は忘れていないというメッセージを伝え、この展示の訪問者にもまた私たち一人一人がコミュニティの一員であり、表現の自由や社会を変えて行く担い手としてコミュニケーションを大切にしなくてはならないというメッセージを訴えかけている。

Ai Weiwei: @Large on Alcatraz
会期:2014年9月27日(土)〜2015年4月26日(日)
休館:感謝祭、クリスマス、元旦
会場:Four locations on Alcatraz Island
住所:Alcatraz Island in California, USA
TEL:415 438 8361
料金:シニア(62歳以上)$28.25、大人(12〜61歳)$30、子供(5〜11歳)$18.25、4歳以下無料 ※アルカトラズ島往復のクルーズ船料金含む
http://www.nps.gov

Text: Fuyumi Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ラ・フェリス
MoMA STORE