チャールズ・綱島

PEOPLEText: Antoine Revoy

charles-tsunashimaチャールズ・綱島は日本人とフランス人の血を引いた学際的なデザイナーであり、特にインテリアデザイン、家具やプロダクトデザインの分野で活躍している。彼の作品は、その絶妙な職人技と洗練されたフォルムで知られているのだ。チャールズは、自身の仕事に優れたデザインの整合性を与えるように、コンセプトづくりから手作業や機械作業に至る製造工程一つ一つを行う稀な存在でもある。彼は以前にイッセイミヤケやノールで働き、ロードアイランドデザインスクール(RISD)で工業デザインやテキスタイルを学んだのち、現在は多摩美術大学で教鞭を取っている。2006年、彼はクラフトマンシップと産業の歴史的地区である東京の墨田区に、自身のデザイン事務所「genereight」を設立した。

Charles Tsunashima

まずは、ご自身とデザイン哲学を紹介してください。

私は自分自身を東洋と西洋の文化の混じり合った人間で、デザインや美術工芸の総合的なクリエイターだと捉えています。

生活とデザインにおける私の見解は、80年代の隠喩であり、私が「録音/再生の哲学」と呼ぶものによって説明することができます。 「記録」と「再生」は、オーディオカセットテーププレーヤーで使用する時に良く見かけた赤丸と黒い三角形で、録音する時は2つを同時に押していましたよね。まあ、私は日常生活とはそれと同じようなことだと思うのです、つまり私たちは学び(記録し)、我々は生きて(再生して)いるのです。例えばあなたが今から何かを再生するという時、過去の記録と同時に今録音していることも再生します。記録や再生が意味するものは、私の人生の一瞬一瞬が、私の人生そのものを形作り、影響を与えることであると私は考えているのです。

charles-tsunashima-genereight-2.jpg

日本とフランスの文化、アメリカ研修という多文化を背景に持つ側面があなたの美学やデザインセンスを形づくることについてどのように感じていらっしゃいますか?

私は、アメリカ人の実用主義的で革新的な視点と同様に、日本人の削ぎ落とされた本質主義やフランス人の生きる喜びと上品さを愛しています。

charles-tsunashima-genereight-3.jpg

あなた自身が経営してるデザイン事務所「genereight」について教えて頂けますか?

genereightとは「generate/生み出す」という言葉と数字の「8」をあわせた造語です。私が思うに、「generate」は発展や表現、普及を意味し、「8」は無限大の象徴です。創造に対する私の抱負のようなものです。

我が社のモットーは「ハンドクラフト環境を純化する事」であり、それは家具を中心としたインテリアに関連する様々なサービスを提供することです。家の設計/製造、コンサルティング、コラボレーション、卸・小売業を含めた幅広い相互作用があります。

charles-tsunashima-genereight-5.jpg

あなたの主な毎日の仕事は何ですか?

genereightの代表者としてデザインにはじまり、会計の女性との雑用まで全てをこなしています。

この実践的なアプローチ手法は、相乗効果を伴い、異なる分野での活動機会をも作り出すのです。
たとえば、速い設計ペースとなる傾向があるという意味では、卸売りに関していえば低価格で効率的な生産技術を要求することができます。同時に、取り付け家具生産は、より高額ではありますが比較的大幅な設計開発プロセスを可能にする非常に細かい提案でもあるのです。相乗効果を発揮するのは、繰り返し相互に形成しあい、影響を与え、連動し合う全ての異なる分野においてこそです。

charles-tsunashima-genereight-6.jpg

あなたが現在手掛ける家具アイテムは本質的に、竹素材にインスパイアされていますね。近い将来、その驚くべき資源の可能性をもっと調べる予定なのでしょうか?もしくは他の材料を取り入れることを考えていますか?

仰る通りgenereightのデザインは、竹のみではなくあらゆる素材の特性や可能性にインスパイアされています。これはおそらく私のフランス人としての影響で、仏語では「matières nobles」と呼ぶのですが、ガラス、木材、大理石などのような未処理の天然素材という意味で、素晴らしい素材に焦点をあてています。

竹はサスティナビリティの観点からも再生可能な素材として環境を考慮し、その驚くべき強靱性と敏捷性をあわせもった素材として、非常に多くの要求に答えると言われています。

charles-tsunashima-genereight-8.jpg

幼少期、学生時代、社会人のいずれでも構いませんが、仕事の中核における大発見や重要な出来事はありましたか?背中を押されるような些細な瞬間の記憶などはあったのでしょうか。もしそうならば、その特別な出来事があなたの人生において意味を持っていたといえる理由などを教えてもらえますか?

おそらく「だるま」がこれまでで最も簡潔な出会いだと言わなければならないでしょうね。 実際に、私の文化的影響やアートやデザイン、工芸の収斂の両方を定義しています。

ただ一つ明らかなのは、RISDでの最初の一年が最も重要な時間であり、現在の私の決断にも影響を与えているということです。比較的自信を持って高校を卒業し、自分のことを第二のピカソである思っていたのですが、沢山の優秀な人に囲まれ、私はすぐに思い上がりに気付いたのです。この日を境に、私は想像力を制限する要素となる固定観念や先入観に疑問をもつようになりました。

charles-tsunashima-genereight-9.jpg

読者はどこであなたの作品を見ることができますか?

私は仕事するときには受注制をとっていますので、genereight.comをご覧いただくか、スタジオ/ショールームのアポイントを取って下さい。最近ではプレイルーム渋谷のようなスペースで、個展やグループ展も行なってもいます。それから、ビデオアーティストの板垣賢司氏(NomaDrive)と協同で制作した短編ドキュメンタリー映像については、genereightでもチェックすることができますし、制作工程の様子を見たり、ワークショップのバーチャルツアーに参加することもできますよ。

charles-tsunashima-genereight-10.jpg

デザイナー活動の一面では、多摩美術大学フューチャークラフトというコースで教鞭をとっていらっしゃいますね。家具デザイナー志望の学生にアドバイスをお願いします。

はい、私は、多摩美術大学とアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(パサデナ)の共同スタジオ「環太平洋スタジオ」と、日本の伝統工芸品と商業デザインとのコンバージェンスに焦点をあてた第7共同スタジオ「フューチャークラフト」の講師をしていました。日本の工芸品は、デザイン側から見れば比類のない文化的価値を引き出す素晴らしい修練であり、同時にクラフト側から見れば現代的な価値と融合する絶好の機会でした。

未来のデザイナーにアドバイスを一言:あなた自身の手で問題を掴み、パソコンの画面をオフにするんだ!

Text: Antoine Revoy
Translation: Junji Uchida

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE