ノー・カントリー:南アジアと東南アジアのためのコンテンポラリーアート

HAPPENINGText: Fann ZJ

過去は”もろい境界線”というものを知っていたのかもしれない。南アジアと東南アジアの古来の王国は東西の影響を受け、宗教的、政治的そして経済的関係に呼応しながら、社会や文化が発展し成功するための模範や同盟を形づくった。モダンな世界へと急き、グローバリゼーションこそがこれらの境界線を確固たる物とし、自由貿易などグローバルな世界にはオープンに、そして利益とならない問題に関しては消極的に守りに入る様になった。

No%20Country.jpg
No Country: Contemporary Art for South and Southeast Asia

どの国も南アジアそして東南アジアの地域アイデンティティや文化、そして国際問題といったことを、民族のレッテルや壁を超えて見ようとしない。本展では南と東南アジアを網羅する10の国の10人のアーティストを紹介し、一人一人のアーティストの作品はそれぞれの国の社会の考え方を表している。

our%20children.jpg
Tang Da Wu “Our Children”

タング・ダ・ウーのガラスと亜鉛メッキ鋼を使ったインスタレーション「アワ・チルドレン(私達のこども)」はシンガポールのマリーナ・ベイのスカイラインに使用されている鉄とガラスのファサードを思わせる。「親孝行」の概念を表した「アワ・チルドレン」は京劇のワンシーンを表しており、母親の山羊が赤ん坊の山羊に乳をやるシーンが再現されている。この作品を見て「ミルクの入ったボトルがテーブルに置かれ、小さいサイドテーブルがその横にある」と感じる鑑賞者もいる。一見ロマンチックなインスタレーションに見えるが、失われて行くアジアの価値観と現代の葛藤を抽象的に表している。

「モーニング・グローリー(あさがお)」は繊細な花の軽さと儚さを表した、ソフィープ・ピッチによる巨大な藤の彫刻だ。しかし、藤という材料を使用した事により、あさがおのつる植物としての頑丈さや耐久力も示している。彫刻の大きさから記念碑が連想され、カンボジア史におけるクメールルージュ政権(支配時代)下の強さの象徴を思わせる。

love%20bed.jpg
“Love Bed”

ビンセント・ロングの「キーピンナップ・ウィズ・ザ・アダブラ(アブダラについて行く)」は人種と文化、権利と歴史に関する国家政策を引用している。マレーシアの少数民族である中国人とインド人が家族写真の為にイスラム教の服装でポーズをとっている。マレーシアの国教はイスラム教であり、少数民族のこれらの写真の傘など小道具の構成や使い方はマレーシアのスルターンを思わせ、過去と現在の葛藤と緊迫が、同化と共存で安定している状態を思わす。

コンテンポラリーアートのレンズを通して見る南アジアと東南アジアの地形は歴史の影響を表現し、近隣の国同士であっても、アイデンティティや文化、そして存在はそれぞれに形成され表現されている事がわかる。民族や国の違いが異なった地形を生み、文化を存在させ、進化させて行くのだ。

No Country: Contemporary Art for South and Southeast Asia
会期:2014年5月10日(土)〜7月20日(日)
時間:12:00〜19:00 (金曜日は21:00まで、月曜日休館)
会場:Centre for Contemporary Art, Singapore
住所:9 Lock Road, Singapore 108937, Singapore
TEL:+65 6684 0998
http://www.gillmanbarracks.com

Text: Fann ZJ
Translation: Meiko Maruyama
Photos: Fann ZJ

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE