アキ・カウリスマキ「白い花びら」× ハンツヴィル

HAPPENINGText: Ayumi Yakura

北欧・日本文化の交流と、青少年の異文化体験、震災チャリティを主な目的に、全国各地で展開している「みゆき野映画祭 in 斑尾 2014〜北欧・日本国際短編映画祭」が、今年は札幌の北海道大学クラーク会館講堂をオープニング会場として、2月1日に開幕した。

プログラムは、映画に限らず北欧文化を3部構成で紹介するもので、第1部は、札幌を拠点に活動する、日本では数少ないフィンランド伝統楽器「カンテレ」のプロ奏者2名によるミニコンサート。第2部では、フィンランドを代表する建築家アルヴァ・アールトの誕生日(2月3日)を記念し、フィンランドセンターのウッラ・キンヌネンが通訳を介して講演。若き日のアールトが設計した映画館や、関連する文化的ムーブメントについて、当時の具体的なエピソードを交えて写真とともに紹介した。

アキ・カウリスマキ「白い花びら」× ハンツヴィル
Photo: Ayumi Yakura

そしてメインイベントである第3部、アート・フィルム界の巨匠で、フィランドの映画監督アキ・カウリスマキによる1999年のサイレント映画「白い花びら」(原題:Juha)が、この来日がバンドとしての日本初演奏となったノルウェーの3人組、ハンツヴィルのインプロヴィゼーション(即興生演奏)とともに上映された。

huntsville2010_13_web.jpg
© Andreas Ulvo

ハンツヴィルは、SHIFTによる事前のメールインタビューで『参加者は、これまでとは全く別の体験を期待できると思います。ただの映画ではなく、コンサートでもないのです。そのどちらでもあって、どちらでもない、他のものです。』と回答していた。
サイレント映画と即興生演奏。二つの効果が重なり合う瞬間に立ち会った時、観客はその場で何を体験し、何を共有することができたのだろう。

juha.jpg
© Aki Kaurismäki All Right Reserved.

映画の原作は、フィンランドの国民的作家ユハニ・アホの著名な小説だ。田舎でつつましく暮らす夫ユハと妻マルヤの家に、都会の男・シュイメッカが突然現れ、純粋無垢な若い妻を「都会で贅沢をさせるよ」と誘惑。別の人生に目が眩んだ妻は、満足していた夫との生活に息苦しさを感じるようになり、男と家を出る。スクリーンには川面を流れゆく白い花びら。やがて妻は、憧れていた都会の荒んだ現実に呑み込まれてゆき、失った幸福の美しさを思い知ることになる。

カウリスマキ監督は、古典的な撮影法を用い「20世紀最後のサイレント映画」と評される本作で、普遍的に繰り返される人間性の愚かさを描き出しつつも、教訓を与えるというよりは、言語の違いを超えて伝わるエレガントなユーモアによって、稀有になりつつある関係性の豊かさを謳っているのかもしれない。

P2010569.JPG
Photo: Ayumi Yakura

完成された映画に、あえて即興演奏を合わせることについて、ハンツヴィルは事前インタビューで『私たちの音楽の雰囲気や演出方法は、映画の演出と必ずしもリンクしているわけではありませんが、そこに面白さを見出すことができます。』と語っていた。
実際にほとんど、場面が転換するタイミングで演奏が転換するようなことはなく、監督の「静止した人物をカメラの動きで見せる」「カメラを止めて人物の動きを見せる」あるいは「どちらも止めて見せる」といった演出の客観性がもたらすユーモアを壊すことがなかった。

P2010602.JPG
Photo: Ayumi Yakura

元よりカウリスマキ作品を好んでいたメンバーは、ヨーロッパの映画祭に出演した際「映画のダークなユーモアが、自分たちの音楽と良いコントラストをつくるのでは」との想定から同作を選び、即興演奏をしていた経緯があり、ストーリーを生かす方向性をメンバー間で共有していたようだ。

P2010608.JPG
Photo: Ayumi Yakura

彼らは、事前インタビューでバンドの音楽性について『ソリストらの合奏からなる従来の組織的な音楽よりむしろ、一つの大きな生き物を作ろうとしているため、エゴから来る集団的プロセスを置くことを重視している』旨を述べていた。旧知のメンバーが互いを意識し合うとしても、即興で演奏する場合、個別のエゴによって3つの音楽を奏でることになるのだろう。3人による異なる律動、旋律、和声、音色が重なり合い、水滴が波紋をつくりながら満ちていくように、1つの立体的な音楽を作り出していた。遥か遠くの音が宇宙的に広がって包み込んでくれると思うと、耳の内側で鳴るような近い音が響き、他にない、気持ちのよい感覚を体験することができた。

サイレント映画であるはずの本作には唯一、役者の音声が流れるシーンがある。劇中の歌い手が「愛は傷つくもの」と歌い、都会で手に入れた仮そめの幸福の中で、待ち受ける不幸を示唆する重要な場面だ。そこで彼らは歌声を流すことなく、演奏を与えることもしなかった。静まりかえったスクリーンで、女優の歌声を観客のイマジネーションに委ねたのだ。表情や仕草など、台本を超えた女優の表現が、楽譜を超えた静寂によって情感を増したことは、知性から感覚に訴えるような素晴らしい演出だった。

終盤、妻に去られ、田舎に取り残されていた夫ユハは、ついに覚悟を決めて出た都会で、妻を奪い、善意と尊厳を踏みにじったシュメイッカに復讐を遂げ、裏切り者の妻を無事に逃がした後、戦いの負傷によりゴミの廃棄場でひとり息絶える。死に様で生き様を描き表すかのような、絵的で印象的なラストシーンだ。そのラストから続くエンドロールを、ハンツヴィルは、まるでユハの鼓動が続いているかのようにほぼ一定のリズムで奏で続けることで、彼が命と引き替えに回復し、守り抜いたものを讃えているようだった。

音楽は、映画のストーリーを変えることができない。ただし、ハンツヴィルの即興生演奏には、その結末を映画に閉じ込めるのではなく、観客へ開かれたものにする力があったように思う。再現不可能な演奏は、その素晴らしさに比例して、場へ集い共有した体験を、奇跡のように感じさせてくれるものだった。終演後に客席から巻き起こった拍手は、映画と演奏からなる一つの作品に対して贈られたものだろう。

「みゆき野映画祭in斑尾2014」の収益は、東日本大震災の被災地で、参加費無料の映画祭を開催するために使用される。今後もチャリティ・イベントとして、全国各地で様々なプログラムが開催される。2月22日には長野県の斑尾高原で、雪で作られる屋外映画館「スノーシアター」の雪のスクリーンで、北欧と日本の短編映画が上映される予定だ。スケジュールと詳細は、映画祭の公式ホームページで確認することができる。

みゆき野映画祭 in 斑尾 2014~北欧・日本国際短編映画祭~札幌
日時:2014年2月1日(土)14:00~17:00(開場13:00)
会場:北海道大学クラーク会館講堂
住所:札幌市北区北8条西8丁目
入場料:前売3500円、当日4500円、学生2000円
共催:スノーコレクティブ(みゆき野映画祭in斑尾実行委員会)、北海道大学国際本部、Office Ohsawa
特別後援:フィンランドセンター、北海道フィンランド協会
後援:フィンランド大使館、ノルウェー王国大使館、日本カンテレ友の会
協力:スノウバグズ、SHIFT、プラスター
提携:トーキョーノーザンライツフェスティバル
https://sites.google.com/a/snowcollective.com/miyukino2010/

Text: Ayumi Yakura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スネハ・ディビアス
MoMA STORE