ジョウ・チュンヤ

PEOPLEText: Hiromi Nomoto

ジョウ・チュンヤの作品を見るとき、私たちは物事の本質に気付かされる。

ジョウ・チュンヤ(周春芽)は1955年重慶生まれのアーティストだ。1982年四川美術学院を卒業。その後ドイツへ渡り1988年にドイツのカッセル大学を卒業。現在は成都と上海を拠点とし、国内での個展や、国外で行われる多くの展示に参加している。主な作品に、「緑の犬シリーズ」「桃の花シリーズ」「岩シリーズ」がある。2013年3月12日から南京市の南京芸術学院美術館にて、新作「豫園(よえん)シリーズ」が公開された。

ジョウ・チュンヤ

新シリーズについてお聞きします。今回なぜ「豫園」(明朝末期に四川の役人によって造られた庭園で、現在は上海随一の名所である)をテーマとしているのですか?

豫園には400年以上の歴史があります。かつて上海では、政治経済の面でさまざまなことがありました。(清の時代に秘密結社である小刀会の司令部が置かれていたなど)それらはみな、この豫園の中で起こったのです。この歴史的観点から私は豫園をテーマに選びました。それに豫園には中国伝統の庭園があります。豊富であり複雑な場所です。

zhouchunya2.jpg
「豫園五景之二」(部分), 2012, 2,720 x 4,080 mm, キャンバスに油彩

豫園シリーズの一部は以前上海で公開されましたが、全体を公開する展示はなぜ南京で行われたのでしょうか?

私は学生と交流したいと思いました(展示会場となった美術館は芸術大学構内にある)。作品は、李在・黄公望・李鱓など中国伝統のアーティストから影響を受けています。中国美術史において重要な時期のアーティストはみな南京にいました。私は絵を描く際に、彼らのことをよく考えます。彼らは既にこの世にはいませんが、彼らの魂、思想、芸術は今でもまだ残っています。南京で展示をすることは、彼らとの交流なのです。

shouchunya3.jpg
「グリーン・ドッグ」2001, 2,500 x 2,000 mm, キャンバスに油彩

日本で知られている中国人アーティストは、実はそれほど多くありません。数年前あなたの「緑の犬シリーズ」を知ったときに、とても素晴らしい作品だと感じ、是非紹介させて頂きたいと思いました。

そうですね。私は、中国と日本の文化交流はあまりに少ないと思います。政治ではなく、文化の面での交流と理解が必要です。そしてアーティスト同士で問題を考えるべきです。アーティストはとても平和的で、政治的な考え方とは全く違います。私はメディア取材を普段は断っていますが、中国にはさまざまな個性を持ったアーティストがいることを知って頂きたいと思い取材を受けました。

私はもともと日本が好きで、ずっと行きたいと思っているのですが、2、3年前に領事館から拒否されてしまいました。なぜかは分かりません。日本の展示への参加が少なくて本当に残念です。「ジョウ・チュンヤが日本に行きたがっている」と書いて下さい(笑)

zhouchunya4.jpg
「グリーン・ドッグ」2006, 1,500 x 1,200 mm, キャンバスに油彩

私はあなたの作品が多くの人に受け入れられると思っています。なぜなら私は「緑の犬シリーズ」で、これこそが “犬” だと大きな衝撃を受けました。まさに東洋美術の “写意” の感覚です。

「豫園」よりも「緑の犬」は、私自身ととても強く関連しています。あの犬は自分で飼っていた犬です。しかし彼は亡くなりました。精神的な存在です。なぜ犬を緑で描いたのか。それには具体的な考えはありません。犬は現実には緑色ではありません。色とはアーティストが自分で想像するものです。

経歴について質問します。人生の中で自分自身に影響を与えたのは一体どんなことでしょうか?

最も大きな影響は文革を経験したことでしょう。私個人にとって、また1人のアーティストにとって、これがどんな状況であったのかを理解しています。当時アーティストには創作の自由はありませんでした。人としては苦しい時期でした。これらが大きな経験の1つです。

この社会がアートにとってどうかということ、アートを生み出すのにどうかということ、これはとても重要です。文革以降、自由に創作することが出来ました。自分の考えを表現し、創作に焦点を当てました。80年代から今日にかけて中国のアーティストたちは努力し続けています。ですから、中国のアーティストの経験は豊富であると言えます。

zhouchunya5.jpg
「羊毛刈り」, 1981, 1,800 x 2,500 mm, キャンバスに油彩

1986年から1989年にかけてドイツ留学での経験はどのような影響がありましたか?

これはアートの経験上とても重要です。それ以前の私は世界のアートについて理解していませんでした。ドイツ留学を経て、世界範囲でのアートの変化を知りました。そして中国の伝統を理解しました。なぜなら、文革のあった70年代末から80年代以前、私たちは国外のことはおろか中国の伝統についてさえ知らなかったのです。これらが私にとって大きな経験となりました。

また、出国以前の私は若く、どのように作品を描いたらいいのか分かりませんでした。80年代末ドイツでは新表現主義が最も盛んでした。そこで私は絵画に希望を見出しました。だから今でも絵を描いています。絵画には前途があるからです。

制作で影響を受けたアーティストなどいますか?

若い時は多くのアーティストの影響を受けましたが、それ以降はありません。もしいつまでも誰かの影響を受けていたら困るでしょう。しかし、関心を持つ事はあります。今の私は中国の伝統的なアーティストに興味があります。でも伝統をそのまま描く訳ではありません。今の見方を持つことが必要です。

zhouchunya6.jpg
「太湖石」2000, 1,500 x 1,200 mm, キャンバスに油彩

なぜこれほどに “伝統” を重視するのですか?

私たちは無意識に伝統から影響を受けています。「私は伝統は好きじゃない」と言うことも出来ますが、伝統は根深いものです。それから、私は前衛的なアーティストではありません。もし私が前衛的なアーティストならば、意識的に伝統を遠ざけるでしょう。私は一生懸命自分の個性を保っていますが、伝統の影響も受けています。このことが、私の作品と思想を複雑にさせています。私自身これを面白いと感じています。作品には伝統的な要素が存在していますが、完全な伝統ではない。これが私の目指しているものです。そして最も重要なのは、人が作品を見て何かを考えることだと思います。あなたが「緑の犬」「桃の花」を見たように。

zhouchunya7.jpg
「ブルーミング・ラブ No.1」, 2005, 1500 x 1200 mm, キャンバスに油彩

あなたは制作活動の他に「五彩基金」を行っていますね。これについて教えて下さい。

2008年に四川で巨大な地震がありました。多くの犠牲者が出ました。命が助かった子供たちは手足を失い障害者となりました。私はアーティストとして何ができるかを考えました。初めのうちは彼らに食べ物や洋服を与えました。その後、アートのクラスを設けることにしました。子供たちにアートを教えるのは若いアーティストたちです。彼らに絵を教えて、彼らが美術大学を受けるのをサポートしています。彼らは絵を描くことに没頭し、その間は心理的な問題を忘れます。そして技術を学ぶことができます。これは彼らが将来的に仕事を探すときに役立ちます。

青海地震(2010年に青海で発生した地震)でも子供たちが障害を負いました。彼らが仕事を探すのに役立つようにタンカ(チベット伝統の仏画の掛け軸)を学ぶクラスをつくりました。彼らが制作したタンカの展示も行いました。以前は地震が原因で障害者となった子供だけでしたが、その後は他の障害を持つ子供も対象としています。

これらはとても現実的な方法ですね。彼らに技術を学ばせることには、物を与えること以上の価値があります。

仕事とは自尊心です。自分の労働によって収入を得るのはいいことだと思います。同情によってではなく、彼らが自分自身の力でデザインしたり創作することが一番です。四川大地震から数年が経ちました。子供たちの中には、デザイン会社に入り他の人たちと一緒に働いている子もいます。

どのように運営しているのですか?

初めは私が出資していましたが、他のアーティストたち(以前取材した、シュエ・ソンディン・イも活動に参加している)も賛同してくれ作品を持ち寄り、オークションを毎年行っています。コレクターたちは多くのアーティストの作品を落札してくれました。アーティスト自身はもちろん無償です。

zhouchunya8.jpg
五彩基金学生の李丹

アートを学び始めた子供たちの反応はどうですか?

とても大きな変化があり、多くの物語が生まれました。私は病院のICUで彼らに会いました。当時の彼らはみな18歳ほどです。可愛らしい少女は両足を失い、人生に対して悲観的になっていました。彼らには心の休息が必要でした。機会があれば、展示で彼らの顔を見て下さい。今年は4つ展示を計画しています。アートを通して、彼らを助けるとともに、精神的な力で励ましています。

いつか彼らの中からあなたのようなアーティストが生まれるかもしれませんね。

それはとても嬉しいですね。そうなれば彼らの影響力で、障害を持つ子供たちの状況は更によくなります。もしそうならなくても、彼らに新たな希望が生まれれば、それでいいのです。

Text: Hiromi Nomoto
Photos: 上海周春芽芸術研究所

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE