ギャラリーペロタン25周年

HAPPENINGText: Valerie Douniaux

PIVI-Paola有名作家から無名作家まで。素晴らしきエマニュエル・ペロタン・コレクションの世界 

大規模なお祭りのようにイベントカレンダーが街の中心部の至る所に広がり2012年に劇的な大成功をおさめたリール3000が、2013年はリールのトリ・ポスタル(通称トリポ)を舞台に帰ってくる。

Happy birthday Emmanuel Perrotin!
“28 Millimètres: Women are Heroes, Action dans la Favela Morro da Providência, Favela de jour, Rio de Janeiro, Brésil”, JR, 2008, © JR-ART.NET, Courtesy of Galerie Perrotin

2007年にはフランソア・ピノー財団に、2009年にはサーチ・ギャラリー、そして2011年はフランスの国立造形芸術センターに捧げられたシリーズを含む、新しく壮観な展示が公開される。全ての催しは多くの観衆が、新進気鋭の若手から国際的スターまで現代アーティストの面々を知ることができるだけではなく、コレクター、ディーラー、施設などがそれぞれのが行う芸術のプロモーションの形態に「出会う」ことができる機会となるだろう。

青木亮、安藤雅信、村田森、小嶋亜創、奈良美智、小出ナオキ、青島千穂、ガブリエル・オロスコ、ローズマリー・トロッケル
“Homage to Francis Bacon (Study of Isabel Rawsthorne)”, Takashi Murakami, 2002 © 2002 Takashi Murakami / Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. Courtesy of Galerie Perrotin

弱冠17歳から(若きギャラリーオーナーのチャールズ・カートライトのアシスタントとして)アートの世界で仕事を始めたエマニュエル・ペロタンは世界で最もよく知られた画廊の一人に成長し、パリ、香港、マイアミ、そしてこの秋からはニューヨークにアートスペースを所有している。意欲的に学び活動する彼は1989年、パリに自身初のギャラリーをオープンしてから、これまで何度もそのロケーションを変えてきた。ペロタンは、1991年にダミアン・ハーストの初の商業的な展示を手がけ、翌年にはマウリツィオ・カテランを世に知らしめた。1993年には、村上隆とコラボレーションを始めた。これらすべての大胆かつ優れた選択の甲斐あって彼のギャラリーはその25周年を迎え、現在エマニュエル・ペロタンがリールでできるだけ多くの人々とシェアするために考え出したユニークなイベントでお祝いをしている。

PIVI%20Paola.jpg
“Untitled (zebras)”, Paola PIVI, 2003, Photo : Hugo Glendinning, Courtesy of Galerie Perrotin

かつての郵便物の仕分け所であったトリ・ポスタルの巨大な部屋ではおよそ100の作品が人々をもてなしている。もちろんハーストやカテランだけではなくその他の著名なアーティストの作品も含む(ソフィ・カル、ウィム・デルヴォワ、レアンドロ・エルリッヒ、ライオネル・エステーヴ、ジャンニ・モッティ、ジャン=ミシェル・オトニエル、フィリップ・パレーノ、タチアナ・トゥルーヴェ、グザヴィエ・ヴェイヤン、ジャンリュック・ヴィルムート…)村上に限らず、タカノ綾、Mr.、青島千穂、森万里子やヤノベケンジらも日本人アーティストとして参加している。展示の中にはイベントのために特別につくられたものもあり、大規模なスペースはアーティストに表現のための自由を提供した。
展示のために作品を創作した人の中にはジェラティン、ギィ・リモーネ、ピーター・フェルメールス、あるいは観客に人気のアーティストの一人であるJRもいる。

SKWAK.jpg
SKWAK Photo: Maxime Dufour Photographies Courtesy: Galerie Perrotin

トリ・ポスタルの外では、様々なインスタレーションを街中の各所で見ることができる。例えば、リール=フランドル駅にはパオラ・ピヴィによる巨大な写真(彼女の作品はリール行きのTGVが発車するガール・デュ・ノール駅にもある)はリールのかつて貨物列車駅のあったサン・ソヴール地区は中国人アーティスト、スン・ユァン&ポン・ユゥによるインスタレーションで家族向けの文化的なスポットに様変わりしている。

CRETEN%20Johan.jpg
“The Vivisector”, Johan Creten, Galerie Perrotin, Paris, 2013, Photo : Guillaume Ziccarelli, © Adagp, Paris 2013, Courtesy of Johan Creten & Galerie Perrotin

そう、つまりリール3000は観客がリラックスした雰囲気の中で現代アートを知る事ができる楽しくて素晴らしいチャンスをもたらしている。参加しているアーティストたちほど有名でないが、アート界にそのエネルギーを与えるエマニュエル・ペロタンのような魅力的な人がいる創造的な世界。パリ、ブリュッセル、ロンドンと十字路をつくる駅のすぐそばで、トリポはそういった場所に一歩踏み出すきっかけを与えてくれるのだ。

HAPPY BIRTHDAY Galerie Perrotin / 25 years
会期:2013年10月11日〜2014年1月12日
会場:le Tri Postal
住所:Avenue Willy Brandt, 59000 Lille
http://www.lille3000.eu

Text: Valerie Douniaux
Translation: Akari Otomo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE