YOSHI47

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi

アーバンカルチャーとファッションを融合したストリートウェア・ブランド55DSLが展開する、クリエイティブな作品と優れた才能を紹介する空間「STUDIO55」。今回の展覧会がフューチャーするのは、サンフランシスコ、そして日本でバイクメッセンジャーとしてバイクカルチャーの中で様々な経験をしてきたアーティストyoshi47。彼が描くかわいくも少し不気味なモンスターたちが表現するのは、私たち人間の中に潜む怪物。これまでの平面作品のみならず立体作品も発表した今回の展覧会「モンスターズ・イン・ユア・マインド」に際し、彼がメッセンジャーのコミュニティーで受けた影響、作品制作の原動力やよく聞く音楽のことまで、色々なお話を伺う事ができた。

yoshi47

今回の展覧会の出典作品について、またコンセプトを教えていただけますか?

タイトルにあるように「モンスターズ・イン・ユア・マインド」という言葉が今回に限らず、通年のコンセプトではあります。どんな人間にも怪物が宿っているという事です。例えば、どんなにすました顔をして、モデルのような透き通ったオーラを出しながら青山を歩いていたとしても、その人の回りにはどんなに甘く、セクシーな匂いがあっても、もしかしたらその人の心の中には人には見えない何か驚くような「怪物」がいると思うのです。

みな「怪物」だと思うと、この世の中がもの凄く面白く見えてきます。理性という鎧でがちがちに固めているような人もいれば、理性が1%な人もいるし。そうして考えると、みな違って当たり前の世界になりますよね。例えば、ゲイや同性愛という考え方や感じ方が大嫌いな人がまだこの世の中たくさんいますよね。そういう人達は、自分は怪物ではなく、相手が怪物だという偏った考え方をしてると思うのです。でも自分も怪物だと思えば、なんてことない。みなそれぞれの味を持った怪物なのです。

といったことを考えながら、絵を描いたり、普段の生活を過ごしています。

他にも「グラフフューチャリズム」や、科学技術、社会問題、宇宙、自然、生物などなど最近コンセプトに取り入れ始めています。グラフフューチャリズムについては会場に足を運んでもらい実際に絵を見て、壁に取り付けてあるコンセプトを読んでもらえればと思います。

03_55DSL_yoshi47_party_web_051.jpg

かわいらしくも何かを訴えかけてくるようなモンスターたちなど、作品のインスピレーションはどこからくるのですか?

僕がまだ小さかった頃に影響を受けたのが以下になります。

「笑うセールスマン/喪黒福造」
あざ笑う彼の悪魔的な存在と、しかし正義を貫く、白と黒の間にあるグレーゾーンに住む彼の存在が衝撃的でした。小学生ながら、この不思議な人物像にとても憧れをもっており、小学生の時からずっとこの口が裂けた顔を描いてました。

「ネバーエンディングストーリー」&「ラビリンス」
小学生の時に観たこの映画のキャラクターなどがもうどんぴしゃで。映画で育ったと言っていいくらい、この映画が大好きです。

このモンスターたちは鑑賞している人全てに対して嘲笑っているという事です。映画や作られたもの以外でのインスピレーションはやはり、人間や動物です。毎日会う人、新しく会う人、話す人、触れ合う人、全ての人からインスピレーションをもらっています。

yoshi_center.jpg

展覧会の作品を通して見に来る方にどういったことを感じて欲しいですか?

感じて欲しいというものは無いです。その人が自分の中で自分のストーリーを描いてもらい、自分なりの面白い解釈をしてもらえればそれでいいです。何か感じてもらえればというだけで、特に「これを感じて欲しい!」というのは全くないです。押し付けがましいコンセプトは嫌いなので。

04_55DSL_yoshi47_space_web_030.jpg

アメリカに渡りアート活動をされていたそうですが、アートを始めたきっかけを教えて下さい。

きっかけは、小さい頃からずっと絵が好きだったこと。それの延長線上です。気づいたらアートというものにどっぷりハマっていたという感じです。アートをやろう!なんて思った事はないです。自然とやっていた感じです。でも本気でアーティストとして人生を決めた瞬間は、自分が作った作品が初めて売れた時です。サンノゼの美術館だったのですが、ある夫婦が本当に欲しいから買いたいと真剣なまなざしをされた時、めちゃくちゃ人間味を感じて感動しました。その人達とは今でも繋がっています。

05_55DSL_yoshi47_space_web_031.jpg

作品からはヒップホップやグラフィティのイメージをあまり受けなかったのですが、アメリカに渡る前にスプレーのアートをはじめ、その後現在の作品スタイルに至るまでの経緯を教えていただけますか?

受ける受けないは人それぞれだと思います。グラフ(グラフィティ)と聞いただけで、東京だとハードコアなのがグラフと思われている部分もあって、でもそれは東京のグラフであって、俺のように、色々な所に住んで経験してきたグラフ感覚とは違うのだと思います。世界に行けば、十人十色なグラフがあるわけで。そういったそれぞれのローカルなグラフを知っていれば、気付く人はたくさんいます。といっても、もう俺はグラフをやっていないし、ヒップホップという文化の下にだけいるわけでもないし、逆にそういった固定概念的な狭い所にいる事が嫌で自分の道を開拓してきたので、グラフの臭いがしなくて当然だと思います。

アメリカに渡る前にスプレーの「アート」はしてないです。ただボムったり、タグしたり、グラフィティという文化に憧れをもっていました。本当にそのままの「落書き」で、アートではない。楽しいし、やりたいからやっている。ただそれだけでした。ただ、どんな職業でもどんな事でもそうですが、何度も続けていると色々な物が見えてきて、例えば俺の場合だと、グラフをやっていたけれど、短い時間で、自分の描きたいものが描けなくなってきた時、中途半端に残してきた時の気持ちがすごい嫌で、なぜこんな短時間で壁に描いているか分からなくなって、結局俺が描きたいものはなんなのかと自問自答し始めるわけです。別にグラフにこだわらなくてもって思い始めたのがアメリカに渡ってからです。でも、スプレー大好きだから外に出かけてやったり、メッセンジャー配達しながらやったり、別に有名になろうとかじゃなくて、その時の気分で壁に描きたいものを描いてただけで…流行に乗っかるような事はしなかったですね。あとは、サンフランシスコや、サンノゼ、ロス、ニューヨークなどのライターと知り合う機会がたくさんあって、色々な巨匠達と色々な事を話して、グラフにこだわらなくてもいいという事を感じつつ、ローアートの世界に入り始めて、色々なペインターや、かっこいいアーティストに会って、ハイアーティストな人達にもあったり、もうアートの世界を行き来する感じで、たくさんの色々なアーティストに出会って今の自分のスタイルに至る感じです。

自分にとってグラフを通ってきたのはまぎれも無い大切な事で、自分の一部にはなっているけれど、それ以上に大切なのは、自分が何を表現をしたいかという事であって、グラフはそれを代表していないだけですね。あとアメリカで逮捕されてしまったという経緯もあるので、グラフからは離れていきました。今でも時々外でやってますが、頻繁にはしていません。缶に慣れておく程度です。あっ、モンスターを作って街に貼ったりはしてますが。

06_55DSL_yoshi47_space_web_053.jpg

アメリカのメッセンジャーのコミュニティーでいろいろな経験をされ、どのような影響を受けたのですか?

「生きる」という事ですね。ほとんどのメッセンジャーが学校行ってなかったり、字がかけなかったり、不法入国で不法滞在で不法労働してる人、軍隊上がりの人とか、ホームレスから上がってきた人…「貧困」「ドラッグ」「暴力」「セックス」の代名詞みたいな感じでした。中には金持ちから下ってきた人もいましたが、そんな人は仲間には一生入れない空気はありました。その中で必死に貧乏だけど毎日生きて、自分たちのやっていることに誇りを持つというのがものすごく人間臭くて。それでもって毎日が楽しくて、しかも仲間想いがすごくて。戦争に行った事はないですが、戦場で一緒に辛い事を毎日経験して、涙が一緒に流れるくらいの仲間と生き延びているんだなという事を感じてました。

生きるという事以外に、「大切な人を守る」という事や、「暴力で向かってくるものに対してそれ以上の力でねじ伏せる」という事とか。人間としての生命力は半端じゃないと思います。今でもこの経験のおかげで、あの時生きれたのだから、こんなの屁でもないって思えることですね。どんなものにも負けない糞根性がつきました。

07_55DSL_yoshi47_space_web_021.jpg

アレキサンダー・リー・チャンとのコラボレーションでファッションのプロジェクトも行ったそうですね。自らのデザインがファッションとしてでき上がったときの感想を教えて下さい。

楽しかったです。僕は服飾デザイナーでもないし、ましてやファッションセンスがめちゃくちゃあるわけでもない中、お洒落なリー君が誘ってきてくれて、新しい世界が見られることは楽しかったです。でも、なんでもかんでもファッションやっちゃいましょうという気持ちではなくて、リー君だからです。別に彼がサンフランシスコにいたからというわけでもなく、彼の作るもの、彼の考える事が僕が今まで会ってきた素晴らしいアーティストリストに入るくらいの人だったのです。興味深い人だし、新しい発見を見いだしてくれる。そんな中、彼と一緒にできたのは幸せでした。僕の中では一つのアート作品という一環でコラボレーションしたつもりです。

09_55DSL_yoshi47_space_web_052.jpg

定住はせず色々な場所・物事を観るという価値観を大切にしているそうですが、今までで一番印象深い場所はどこですか?今後行ってみたい場所はありますか?

今までで一番印象深い場所は、サンフランシスコのチャイナタウンです。デリバリーした時に、いきなりショットガンもった中国人が現れて、俺の目の前を過ぎ去ったと思ったら、いきなり店の窓めがけて発砲して逃げていったり、デリバリーした場所が中国マフィアのオフィスばっかりだったり。チャイナタウンには良い思い出がないです。でもやっぱり一番良い印象の深い場所はサンフランシスコです。みなは住みやすいとか、人がゆっくりでいいとか、街が綺麗とかあると思うけれど、本当のサンフランシスコを全て知っているので。ホームレス一歩手前の世界、普通の世界、アートな世界、危ない世界、悪な世界、お金持ちの世界。全て体験させていただきました。

今はサーフにどっぷりつかっちゃってるので、波が良いところに行きたいです。ハワイ移住計画が始まってます。もしかしたらアメリカ西海岸の南の方になる可能性もありますが。インドとか、ロシアとか、チベットとか、アマゾンとか、エジプトとか、アフリカとか行きたいですが、まだ全然呼ばれている気がしません。東南アジアは行きたいです。今、妻と、バリ島にいる現地の友達と一緒にレストラン作れたらいいねと話し合ってるところです(笑)

13_55DSL_yoshi47_party_web_084.jpg

生活や、アート活動の中のどんな場面に音楽がありますか?またどのような音楽ですか。

朝起きた時、暑い夏はハワイアンとか、クラシックレゲエとか。ボサノバ聞きながら朝食取る時も多々ありますよ。

スタジオで作品作っている時は、スティーブ・ローチなどのアンビエントが多いです。宇宙とか海とか、広大な物とコライドしたいと感じる音楽が大好きです。

壁に絵を描くときはヒップホップやファンク&ソウルが多かったり。夜はジャズとか、夏は盆踊りの音楽かけたりして日本酒飲んだり。車運転しているときは、クラシックが多かったり。自転車関係だとメタルとか東海岸の超ヘビー級なヒップホップや西海岸ヒップホップなどです。

アーティストの活動のみならず多岐に渡る活動をしているそうですが、今後挑戦してみたいことはありますか?

挑戦したいことは、もっともっとサバイバルゲームをしたいです。中々日本では忙しくてできていませんが。あとは映画のコメンテーター(笑)。映画は本当に良く観ているので。実際は、もっともっと芸術作品を作るための技術や表現の仕方の幅を広げていきたいので、そういった挑戦はこれから今以上にしていくつもりです。

Monsters in your mind by yoshi47
会期:2013年7月27日~11月24日
時間:11:00〜20:00
会場:55DSL TOKYO
住所:東京都渋谷区神宮前4-27-4 神宮前Sビル
TEL:03-5775-9755
http://55dsl.jp

Text: Satsuki Miyanishi
Photos: Tadamasa Iguchi (INFOCUS)

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE