ユージニア・リム

PEOPLEText: Joanna Kaweckia

メルボルンに拠点を構えるアーティスト、ディレクターそして編集者といった様々な分野で活動するユージニア・リムほど興味をそそられる人物はそうそういないだろう。彼女のように、いくつもの異なる仕事をこなすのは至難の業だ。

個性的な仕事や独創的な考え方を強く求め続け、周囲の魅力的な人々や自らの過去に対する率直な意見によって彼女のインスピレーションは形成されているようだ。

彼女が抱く創造的知性は、複数の驚くべき作品やプロジェクトとして彼女が参加するオンライン・マガジン「アセンブル・ペーパーズ」を通して世界中の読者へと伝えることで表現されている。さらに、発展途上にあるオーストラリアのビデオ・アート・フェスティバル「チャンネルズ」のディレクターとして、真の連結性と才能をキュレーションによって橋渡ししている。

パフォーマンス・アートを行う際にいつも前向きな彼女は、まず予想されたものから出発し、その後は映像や写真、インスタレーションといった媒体を通して独自の前進的な考え方を進めていく。過去に行われた「ステイ・ホーム・サコク:ひきこもりプロジェクト」(2012) では、ユージニアが実社会から1週間離れて5平米のギャラリースペースで生活し、他の人から食べ物や生活に必要なものを恵んでもらうというパフォーマンスが展開された。

空想的で、魅力的なユージニアは他に比する者がいない。

Eugenia Lim
© Quino Holland

あなたがオーストラリアで育った経験について少しお話し頂けますか?この体験がアートへの情熱にどのようにして影響しているのでしょうか?

私は医者、そしてオーバーアチーバー(中華系シンガポール人に特徴的)家系の生まれです。両親は私が生まれる10年ほど前にオーストラリアへ移住し、その後さらにメルボルンに移住し、私も以来この地に住んでいます。居心地は良いのですが、人種や国籍については常に頭の片隅にありますし、この主題に関しては作品でも表現し続けています。

3人姉妹の末っ子で、思春期の頃は悪ガキでした。アートへの愛情や違う手法で表現しようとするやり方は、この十代の時期に育まれたものだと思います。反抗心を表したり、協力的だけど厳格な家庭や白人ばかりの地域や社会の中で、自らの意見を表現しようとした結果ですね。明らかに不安を抱えていました。アートに出会ったのはまさに音楽、それから執筆や詩のおかげです。当時は地元のインディーズやパンク、さらにグランジ音楽にはまっていたのですが、その頃はケンタッキーフライドチキンで週に50ドルの給料で働いていました(つまりCDが2枚買える金額ですね)。ターゲットという量販店の面接に、カート・コバーンみたいな(ごくありふれた)ニルヴァーナのTシャツとアンゴラのカーディガンを着て行ったのを覚えています。グランジにはまっていたこの頃に、一番の幼馴染であるエイミーと一緒にファンジンを出版して、大好きだったバンドに次々とインタビューしていました。当時は、ほのぼのしていましたね。それで、文章を書いたり写真を撮ったりしてジャーナリストかグラフィックデザイナーになるのかなと思っていたのですが、私は人に頼まれて仕事をするのが嫌いで、言語や思考、外観といったものの(むしろ事実というよりも)相違の方が面白いことに気付いたのです。

eugenialimsunfadepoaweb.jpg
© Eugenia Lim

そうですね!そしてそれはあなたの魅力的な過去のおかげでもあるのですよね。ロードアイランド州で勉強して、制作活動を続けるためにオーストラリアに戻ってきたという…

生まれてからずっとメルボルンで過ごしてきて、視野を広げるためにも別の状況の中で生活したり創作活動を行ったりする必要がありました。どういうわけか、ドイツや日本に行く代わりに、また別の英語圏の国に行ってしまったのです!ロードアイランド・スクール・オブ・デザインについてはあまり知らなかったのですが、そんなに悪くなさそうだったのと、ニューヨークにとても近かったのがすごく魅力的に感じたのです。ニューヨークに行って友達数人と一緒に居た時、あの美術学校はアメリカ国内でも最高峰のうちの一つだって教えてくれたのです(予想外のおまけでした!)。そこで過ごした時期は私にとってとても大きく、様々な成果がありました。自分自身が望む生活を送り、異質感や場違いな感じを抱きながらも、他人と違うことを楽しんでいました。この時に初めてカメラ上でのパフォーマンスを試し始めました。交換留学生だった私はクラスに知り合いがいませんでした。彼らが判断材料としたのは私が制作したビデオや写真作品であり、もちろん私の外見でもありました。最初はすごく恐ろしかったのですが、時が経つにつれて自分自身を映像の中で作り出し形成することが、非常に解放的に感じられるようになりました。アメリカ滞在時の作品や試みは非常に成長的であり、現在の作品にもその時の影響が現れていると思います。

004elim_hikikomori.jpg
© Eugenia Lim

実践のどんなところにパフォーマンスアートや自らの考えを伝えたり、感情を湧き起こしてあなたをわくわくさせる部分があるのでしょうか?

ずっとビデオや映画、生のパフォーマンスに魅力を感じていたのですが、それはどれもがあっという間に終わってしまうからです。一つとして同じパフォーマンスはありません。たとえ作品が延々と何日も何週間も続く場合や、私の憧れの人の一人である謝德慶の「イヤーズ」というパフォーマンスは今という時に起こっていて、全く同じものが繰り返されることは決してありません。アーティスト、そして観客の一人としてエネルギーのやりとりの中に入れるのが本当に楽しくもあり、また身震いも感じます。バンドやミュージシャンのライブを見ているときにも似た感情を抱くことがあります。こういう環境だと魔法のような時間が過ごせるのです!オーストラリア人のアーティストとして、「パフォーマンスアート」を実際に初めて体験したのは、美術学校でビデオに記録された初期の作品を通して経験することが度々でした。そしてビデオで作品を作る者として、パフォーマンスとビデオは密接に繋がった関係にあるものなのです。女性のアーティストとしては、パフォーマンスや一瞬の演技で女性が固定観念を崩して自分たちの存在やアイデンティティーを新たに構成して拡大させることができるというところに、大きな力強さがあると思います。鳥肌が立つようなアートこそ私が体験したいものであり、私の作品を観た人にも同じ感情を抱いてもらえるよう努力しています。

32_elimredsushideityoasis201102.jpg
© Eugenia Lim

特に何かから影響を受けたり、刺激を得ている人はいますか?

ここで述べるには多すぎるほどいるので、少しだけ挙げることにしますね!
アニエス・ヴァルダの作品は本当に大好きで、特に「落穂拾い」というドキュメンタリーでありフィルムエッセイでもある作品が好きです。ユーモアや親密さ、詩を作品に注ぎ込むところからすごく刺激を受けています。自分の老化過程を映像に記録する勇敢な女性でもあり、しわが寄った手や白髪混じりの髪、時の経過が映し出され、さらにそれを観客に興味を持たせ、意義深いものにしているところもすごいと思います。
ソフィ・カルも私にとってのヒーローですね(このフランス人たちには何かあるのでしょうね)アートと人生を融合させる上での彼女の無鉄砲さと勇敢な態度は非常に刺激的です。
亡くなったクリス・マルケルもそうなのですが、彼の「サン・ソレイユ」と「ラ・ジュテ」という作品には、いつもわくわくさせられるし心が動かされます。私の自宅の近くで活躍しているアーティストなのですが、アトランタ・イークとジャスティン・ショルダーは本当に面白いですよ。去年、それぞれのパフォーマンスを見たのですが、すごく驚かさられました。

eugenialimsunfadepoaweb2.jpg
© Eugenia Lim

今年は、ビデオ・アートの祭典である「チャンネルズ」が初めて開催されますが、このイベントから何を創り出したいと考えていますか?(例えば、映像という媒体への理解を深めるなど)

チャンネルズはアーティスト主導の祭典であり、映像作品の実践をその様々に変化した形で紹介することを目的としています。この祭典をはじめようとしたきっかけは、21世紀においてビデオ作品が作られ、理解される過程を伝えたい、ということでした。映像というのは最も普遍的で消耗されている媒体の一つですが(例えばYoutubeからFacetimeといったものまで)、一方では必ずしも何かの目的に基づいたわけでも簡単に収集できるようなものでもないにも関わらず、今ではビエンナーレや “国際的なアート” の世界では人気のある媒体となっています。映像というのはまだ比較的新しい媒体ではありますが、キュレーターであり美術史家でもあるダニエル・パルマーが著しているように、それは新しい世代が進んだ技術や文化が転換していくなかで再発見し、新たに選択していく “歴史を持たない” ものなのです。作る側そして見る側として、上映や講演、パフォーマンスやインスタレーションで現代の映像作品の広がりや奥深さをそれとなく伝えたいのです。地元のアーティストを世界中の観客たちへと繋ぐ国際的な祭典を通して、優れた様々な分野のオーストラリアの制作者たちに光を当てたいと考えています。私は様々な人と共同で作品を作ったり、キュレーション、他のアーティストの手助けや教育を10年ほど続けてきて、大きな満足感を感じ続けています。このような活動で、私自身も仲間になりたいと思える芸術家のコミュニティーが作られているのです。チャンネルズはこのようなコミュニティーに参加することの延長なだけであり、これまで他の人と一緒に何かを始めてきた中で一番はっきりと形に見えるものなので、とても楽しみにしています。この祭典はアーティストや作り手、思想家、広い分野の人々が色々な作品を探索し、刺激を受け、そして楽しむためのものなのです。

eugenialim_nest_yumi004.jpg
© Eugenia Lim

メルボルンやオーストラリアにおけるアートや建築のコミュニティについて、どういったところが特に素晴らしいと思いますか?

私はここメルボルンの意欲的な態度に感心させられています。世界中でも最もお金のかかる町であるがゆえに、私が知っているどのアーティストやデザイナー、建築家、ライター、創作活動をしている人々でも、いくつもの仕事を掛け持ちすることで活動を続けています。そのような中でもアーティストたちは作品を作ったり、本や雑誌の出版、展示会をキュレートしたり、一時的な構造物や一日だけのイベントをデザインしたりすることができています。そこではお互いに様々な影響を受け合い、皆が各プロジェクトを一緒に行ったりして、それが続いていくのだと思うのです。ここメルボルンにはそれぞれにしっくりとくる場所があり、コミュニティの中にさらにコミュニティが形成されていくのです。たまに圧倒されて、誰も彼もがアーティストのように感じてしまうこともありますが。でもそれは、いずれは自分がその一部となるコミュニティを見出すか、もしくは自分で作ってしまうかのどちらかだということです。一つのことに専心している英雄のようなアーティストや建築家の神話は、私たちや私が大好きなアーティストにはあまり相応しくないと思います。ここにあるアート、建築そしてデザインに関して言えば、同様に定義し難いものや、角がかすんでぼやけたようなものがすごく良いと思います。例えば、ジョゼフ・L・グリフィスがメルボルンのドックランズなどで制作した “即興建築” や、最近のアクション/レスポンスのシリーズはダンス・マッシブというイベント期間中に特定の土地向けに制作されたもので、ダンスやパフォーマンス、建築、サウンドやビジュアルアートを含んでいます。

006_narcissus_ELIM_IMG_0985_800x500.jpg
© Eugenia Lim

最近見たり、読んだりしたなかで惹かれたものはありますか?

先週観た「No」という映画(パブロ・ラライン監督、ガエル・ガルシア・ベルナル出演)ですね。この映画は1988年のチリでの国民投票に対するキャンペーン運動が主題であり、ピノチェト独裁政権の反対陣営が毎日テレビで15分の放送枠を与えられ、”No”キャンペーンを展開するのです(有権者にピノチェトへ投票しないよう勧めるためにですね)。ベルナル演じる若き広告界の指導者の話が流れるのですが、彼は楽天的かつメディアに通じたやり方で独裁政権を転覆させようとするのです。15年ものに間ピノチェト政権下で起こった暴力や悲しみというよりは、希望とユーモア溢れる場面を展開させて彼の話を伝えていました。現代の映画でありながらこの作品はビデオで撮影されていて、私が見る限りでは恐らく80年代に使われていた技術と同じものだと思います。映像は歪んで、一度色あせたような感じですが、色に関しては、各色が近い感じで鮮やかに見えてすごく美しいと思いました。まさにこの作品は素材と選択された様式がぴったり合っている見本だと思います。

Text: Joanna Kaweckia
Translation: Yuki Mine

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE