ボン美術館

PLACEText: Filip De Haes

ボン美術館は町の中心から3kmほど南に下ったところに位置している。美術館は非常に行きやすい場所にあり、地下鉄を使うか、もしくは線路沿いにカイザー通りの美しい古民家を眺めながら歩いていっても良いだろう。そうすれば美術館付近までは、4車線のB9道路を避けて静かな道を歩いて行くことができる。近くまで来ると、アクセル・シュルテスが手がけた巨大で近代的な美術館の外観が目に入ってくる。

Kunstmuseum Bonn
Kunstmuseum Bonn, Entrance

最初の部屋では、まずアウグスト・マッケの作品が展示されている。マッケは20世紀初頭にボンに住んでいた画家である。彼は表現主義から影響を受けた作家として、著しく対照的な色を多用して、感情を絵で表現していた。その先の部屋では、他の似た作風の作家の作品が展示されている。最後の部屋のより古い展示エリアでは、シュルレアリストであるマックス・エルンストの有名な作品が飾られている。

Videos%20by%20Dennis%20Oppenheim%2C%20frontal%20video%20Airpressure.jpg
Videos by Dennis Oppenheim, Frontal video: Airpressure (Hand), 1971

ある広い部屋では、アメリカ人のパフォーマンス・アーティストであるデニス・オッペンハイムの映像作品が流されている。オッペンハイムは初めてボディーアートに映像を使用したアーティストの一人である。

Works%20by%20Joseph%20Beuys.jpg
Works by Joseph Beuys

その他の大きな部屋には、ヨーゼフ・ボイスの作品がいくつも飾られている。ボイスの作品を見れば、彼が実際の作品の精密さよりもアイデアの方に重きを置いた作家だということがはっきりと分かるだろう。

Floor%20Malerei%20by%20Adrian%20Schiess%2C%201997.jpg
Floor: Malerei by Adrian Schiess, 1997

美術館内の他の展示室には、より新しい年代の現代美術の作品が並べられている。

ドイツ表現主義作家の愛好者か、あるいは名も無き作品がぽつんと置かれた美しいモダンな建物の中を歩いてまわるのが特に好きでもない限り、わざわざ遠くから訪れる価値はないかもしれない。ただ、せっかく美術館を訪れるのであれば、歩いて行ける距離にあるドイツ連邦共和国歴史館、並びにドイツ連邦共和国美術・展示会館にも足を運んでみるのもいいだろう。

Kunstmuseum Bonn
住所:Friedrich-Ebert-Allee 2, 53113 Bonn, Germany
開館時間:11:00〜18:00(水曜日21:00まで、月曜日休館)
入場料:7€
TEL:+49 228 776260
http://www.kunstmuseum-bonn.de

Text: Filip De Haes
Translation: Yuki Mine
Photos: Filip De Haes

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE