ウォールデン・メモリーズ

HAPPENINGText: Valérie Douniaux

ル・フレノワ国立現代美術スタジオは、そのハイレベルな美術学校と、学生と招待アーティスト講師による革新的な展覧会、実験的な試みが世界的な評価を得ている。今回のル・フレノワの新しい展示、「Walden Memories(ウォールデン・メモリーズ)」は、革新的なものを生み出すという精神にしたがい、アメリカ文学の古典を現代のハイテク社会の新たなライフスタイルの中に組み込んだものとなっている。

Walden Memories
the poles displaying a picture of the pond, reflected on the water

ジャン・フランソワ・ペイレはこの展示のコンセプトの考案者で、音、映像、科学、技術、思想の「対話」を創り出すことを好むアーティストだ。そして、文学も彼の作品の中で重要な役割を果たしている。この展示は、長い間ペイレをとらえてやまなかったヘンリー・デイビット・ソローの古典、「ウォールデン(森の生活)」が元になっている。発行以来、「ウォールデン」は熱狂的支持を得て、ガンジーやビート・ジェネレーションなどの人々に多大な影響を及ぼしてきた。多くの人々がソローを生態学、脱成長論の父であると考えているが、そのこと自体はそれほどペイレの関心の的ではない。実際、ペイレは特に自身が自然愛好家でも生態学の信奉者でもないし、文章それ自体が持つ高い文学性を除いては、ソローの文章の魅力をうまく伝えることはできないと明かしている。

8898.jpg
the automatic translation (left) and Agnes de Cayeux avatars (right)

ペイレが2010年にル・フレノアの招待アーティスト講師を務めたときには、人間と技術との関係を観測する場所として存在するウォールデン池のソローの小屋のレプリカを創ることで、彼に多大な感銘を与えたソローの本を直接題材とした。そして2013年、今回ペイレが作り出した小屋は自然とウォールデンの森との関係を表現した。ディレクターは小屋をいくぶん”おしゃべり”なものにするため、ピエール・ヌーヴェル(映像アーティスト、セットデザイナー)、アレクサンドロス・マルケアス(作曲家)、ティエリー・コデュイ(テクニカル・マジシャン)、アニエス・カイユー(作家)らを共同スタッフとして集めた。彼らがイメージしたのは、ル・フレノワに巨大な空間を作り出し、「ウォールデン」の文章を壁や天井上の自在な方向へ駆けめぐらせ、さらにその文章を役者とその複製の電子アバターが話しているかのように聞こえるという印象的なアート装置だ。「ウォールデン」の文章を読む役者自身の声と、役者のアバターの声とが重なり合い、「言葉と記憶」というものについての根底的な問いかけが始まっていく。またこの展示では、最新で、最も優れたソフトウェアを使うことで、アート装置の壁がテキストを自動で翻訳し続けるという、翻訳における新たな実験も行われている。

8990.jpg
a general view with the poles in the background

さらに、「ウォールデン」の文章は樹の形へと徐々に姿を変えていき、発光する電子のポールが一方では「ウォールデン」からの引用文、もう一方ではウォールデン池の写真の断片をディスプレイする。観客は展示のある一カ所のポイントに立つと、光るポール一本一本で形づくられたウォールデン池の全体像を見られるという仕組みになっている。小さなプールに反射したウォールデン池のイメージが創り出すのは、ある種の奇妙な感覚だ。そこでは二つの言葉が一つに融合し、観客はまるで反射する水の中を横切り、異世界の中へと足を踏み入れるような感覚にとらわれる。

025-049.jpg
the pictures taken during one year at Walden pond

この展示のいたるところに存在するウォールデン池は365日、全く同じ場所から写真を撮られ続けた。壁にディスプレイされている写真はすべて、世界の可変性や時間の流れといったものの美しいメタファーだ。「ウォールデン・メモリーズ」のクリエイターたちは撮影されたすべての写真を同時に並べることで、独創的なイメージを創り出すことに成功している。ウォールデン池はまるで永遠の中に閉じ込められたようで、それと同時に、永遠に続く自然の環、そして幾重にも重ねられたイメージ間のわずかな変化の中で小刻みに揺れ動いているようだ。観客はただチャイムの音楽だけが流れる静かな空間の中で、写真の前で立ち止まったり、古い揺り椅子でくつろいだりして、ウォールデン池の写真の瞑想に浸る。

ian%2009.jpg
the unique picture obtained from the superposition of all the pictures

「ウォールデン・メモリーズ」では、故意に空間を暗くすることで非常に静かで瞑想的な感覚を演出している。目が慣れるまで少しかかるが、私たちはあたかも記憶の深い底から浮かび上がってきたかのような、「ウォールデン」に由来する音とイメージだけが現れる静かな暗闇に包まれるだろう。ここにはきっとソローの魂がときどき静かにやってきて、愛するウォールデンの池と森を楽しんでいるに違いない。

Walden Memories
会期:2013年2月9日~3月31日
会場:Le Fresnoy
住所:22 Rue du Fresnoy, 59200 Tourcoing
TEL:+33 (0)3 20 28 38 00
http://www.lefresnoy.net

Text: Valérie Douniaux
Translation: Sahomi Nishimoto
Photos: Pierre Nouvel

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE