大野力「ラインズ」

HAPPENINGText: Miki Matsumoto

LINES(境界線)が生む、新たな空間単位

大野力「ラインズ」
Photo: Toshiyuki Yano

家具を選ぶ際、あなたが最も重視する項目は何だろうか。デザインや価格、大きさといった主要項目がある中で、大前提として考えねばならないのは、その家具が所定の空間、すなわち居住している家や部屋に納まるサイズか否かである。つまり、家具を選ぶ前からそれが置かれる空間の大きさが決まっており、それに合わせて購入すべき家具のサイズを算出することが多い。現在、DIESEL SHIBUYA地下のホームコレクションエリアにて開催中の店舗インスタレーション「LINES」は、この順序を逆転させた発想が起点にある、実にユニークな企画だ。

03.jpg
Photo: Toshiyuki Yano

展示を担当したのは、住宅や商業空間の設計を中心に、国内外で活躍する建築家の大野力氏(建築設計事務所「sinato」主宰)。大野氏は、2010年にもDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAにてインスタレーションを行っているが、その際のテーマ「ROLLS」とは一転し、今回は「LINES」(線)を題材に選んだ。

02.jpg
Photo: Toshiyuki Yano
 
「《縄張り》という言葉がありますが、例えばお花見の場所取りのとき、縄を一本撒くだけで、自分たちの領域のようなものが急に見えるようになったりしますよね。わざわざ壁を建てなくても、線を一本通すだけで、空間の単位を見せられるんじゃないかと思ったんです。」

01.jpg
Photo: Toshiyuki Yano
 
通常、空間を仕切るのは壁という「面」だが、今回は「線」を用いて空間の区切りを試みたというわけだ。会場には、家具や照明を扱うディーゼルのホームコレクションライン「Successful Living for DIESEL」の商品が点在し、その間を縫って、黒のスチールと木のフレームという2素材が描く線が、空間を縦横無尽に延びる。それぞれの線が描く線は時に重なり、設置されたアイテムと相俟って、ベッドルームや居間、玄関、廊下、といった各機能をもった部屋の姿を鑑賞者の脳裏に立ち上げる。なお、線を描く2素材の使い分けだが、強度があり一本線でも自立可能なスチールは、鉛筆で一筆書きをするかのごとく、始点から終点まで一本のラインで繋がっており、一方の木材はより安定した構造である櫓形式を採用し、柱4本とそれらを繋ぐ梁を1ユニットとして、複数個設置されている。

06.jpg
Photo: Toshiyuki Yano

会場手前には、ドアを想起させるアーチ状の線が描かれ、そこから鑑賞者を誘導するかのごとく、空間の奥へと黒いラインが延びる。「輪郭線というのは、実体の一番外のアウトライン。そこから、実体は無い状態でアウトラインだけを取り出しても、十分にモノの意味はくっついてくるのではないかと思ったんです」と大野氏は述べるが、空間に補助的な線を加えるだけで、ここまで具体的な場の姿が立ち上がることに驚く。

05.jpg
Photo: Toshiyuki Yano
 
輪郭線が描く部屋は、それぞれ1、2畳程度の極めて小さな空間だ。「部屋と言うより家具の延長と言うべき身近なスケール」と大野氏が称するこの独特の空間単位は、先に家具を設置し、その周囲に家具より一回り大きい空間を設定することで生まれた。壁をたてず、シースルーの空間を線で区切るというアイディアは、空間の大きさや部屋の単位が見える状態でありながら、圧迫感を感じさせない工夫でもあるわけだ。それにしても、なぜここまで極小の空間にこだわったのか。
 
「家具とその家具にまつわる活動の最小スケールを考えてみたかったんです。例えば寝室って寝るだけなら6畳もいらないですよね。ベッドがちょうどおさまる空間があれば、ただ寝るだけの場所としては機能すると思います。その時、寝室以外の場所はきっと広くなって、また別の方法で利用出来る。それが良いか悪いかはその生活者によって変わると思いますが、いずれにせよそういう生活の最小単位を並べていくとどんな環境が立ち上がるのかに興味がありました。元々2LDKくらいの広さの住宅を10Kとかにしたらどんな感じかなあって想像すると楽しくないですか?」

02_p.jpg
© KENJI TAKAHASHI

 インスタレーションは2014年2月中旬までの1年間継続され、期間中にはアップデートも予定している。快適さを感じる空間づくりや、自分の生活に必要な空間のスケールについて、家具と自分との関係性を起点に考えることで、新たな家作りの在り方すら示唆する貴重な本展示に、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

大野力「LINES」
会期:2013年2月22日〜2014年2月16日
時間:11:30〜21:00(不定休)
会場:DIESEL SHIBUYA
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1F
TEL:03-6427-5955
協賛: 株式会社サンエムカラー
http://www.diesel.co.jp/art/

Text: Miki Matsumoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE