リール 3000

HAPPENINGText: Valérie Douniaux

2012年10月の始めからリールとその周辺エリアでは、文化イベント「リール 3000」が文化的で芸術的な盛り上がりをみせている。

Lille 3000
Ross Lovegrove. Photo: Lille3000

世界最大の古物市が開かれることで有名なフランスの都市リールは、2004年にヨーロッパの文化都市として選出された都市でもある。商業施設(工場や地ビール醸造所)や軍事砦、公共施設、医療施設(例えばトゥールコワンという街にあるアーヴル病院)として当時使用されていた建物を文化センターとして改装し、コンサートや様々なイベント、展覧会、ワークショップなど贅沢なプログラムを開催しており、それが2004年からeずっと続いているのだ。

maxime%20dufour%2C%20Lille%203000%2C%20maison%2C%20Jean-Fran%C3%A7ois%20Fourtou.JPG
maison Jean-François Fourtou. Photo: Lille3000

「リール 3000」は「リール 2004」をきっかけに生まれたプロジェクトで、動きのある勢いを保ちながらヨーロッパにおける都市の持つ卓越した文化的な役割を再認識してもらうことを目的としている。未来への入り口というイメージの中で「リール 3000」は明日の世界における優雅さと複雑さを探求しようとしているのだ。「リール 3000」はビエンナーレ(2年に1度の芸術祭)でなければフェスティバルでもないのだが、世界中から集められた現代アートを中心街で大勢の人に共有してもらいながら、様々な文化を発掘する場となっている。

maxime%20dufour%2C%20Lille%203000%2C%20Nick%20Cave%204.JPG
Nick Cave. Photo: Lille3000

それゆえ「リール 3000」では、人気の企画を継続しながらもバラエティに富んだ、かつ最良の芸術的・文化的なプログラムが組まれている。一番最初の2006年秋には「Bombaysers」というタイトルの元、インドの太陽とエネルギーがリールに持ち込まれ、その後2008年には東ヨーロッパの国々がゲストとして招聘されている。さらにこれら2つの学際的なイベントの合間に、「リール 3000」は目を見張るような展覧会を数々催してきたのだが、ヨーロッパで最も重要とされる2大美術コレクション(フランソワ・ピノーとチャールズ・サーチ)の展覧会はその最たるものであろう。

maxime%20dufour%2C%20Lille%203000%2C%20Nick%20Cave%207.JPG
Nick Cave. Photo: Lille3000

そして2012年10月から2013年1月にかけ、「リール 3000」は新しいプログラムをひっさげて戻ってきた。増加する来訪者数が示している通り、「ファンタスティック」というタイトルで子どもから大人までの非常に幅広い来訪者層を描いたテーマになっている。ファンタスティック=空想とは、未知の次元に在る神秘的な世界を露呈するような超自然現象とともに、私たちとは対極の場所に存在する。古い2つの電車の駅へ続く通りでは、毎日夕刻になるとレースのように美しいアーチ型天井がライトアップされ、新しい駅から会場へ向かう人々のためにはニック・ケイヴの作品であるマスコットが迎えてくれる。理解しがたいほどの巨体で、オープニングパレードのときには1000人ものお客さんを誘導したマスコットでもある。そして駅の右手側には日本人アーティスト中谷芙二子の迷子になるような霧の海があり、不思議な生き物たちや巨大タコ、回転した家(コンテス施療院美術館)、UFO(リール・フランドル駅)などによって侵略された新興開発前の世界が広がっている。

maxime%20dufour%2C%20Lille%203000%2C%20Th%C3%A9o%20Mercier%202.jpg
Théo Mercier,. Photo: Lille3000

いつもと同じようにトリポスタル(大規模な郵便仕分け所跡の施設で、リール・フランドル駅のすぐ裏手にある)は「リール 3000」の総合センターまでの道々にあり、「ファンタジア」という特別展を開催している。ここでは、国際的なアーティストであるフォルカート・デ・ヨング、レアンドロ・エルリッヒ、アントン・ギンツバーグ、クワクボリョウタ、テオ・マーサー、マーニー・ウェバー、アピチャッポン・ウィーラセタクンなどの作品に出会うことができる。

テオ・マーサーの世界が広がる不穏なエントランスの向こうにはニック・ケイヴによる「サウンドスーツ」という奇妙な軍隊、眼鏡をかけたゴースト、煙草を吸うガイコツ、皮をはがされた馬…。それに加え、再利用の布からつくられた繊細なニットの彫刻的なコスチュームと装飾品なども展示されている。流れているビデオではそれらが実際に動いているところを見ることができるのだが、まるで奇妙な動物たちがトランス状態で歌ったり踊ったりしているようだ。トリポスタルの上階では他の展覧会のビデオも流れているのだが、そこまで時間をかけてみる人はいないだろう。残念ながらそれほどこのビデオが関心をひいてやまないのである。

しかしながら最も心動かされる作品というのは、おそらく最もシンプルなものでもあるのだろう。物理的に小さい物からも叙情的なものを表現することができることを我々に教えてくれる作品。これはクワクボリョウタによるもので、ミニチュアの電車が日常の雑貨の間をゆっくり走っていく、というものだ。塵かごや定規、空き箱のようなものが部屋の暗がりに置かれ、電車のライトがそれらの影をまるで魔法の灯のように壁に描き出される。塵かごは建物や山となり、空き箱は近代都市を創りあげる。

maxime%20dufour%2C%20Lille%203000%2C%20rue%20Faidherbe.jpg
rue Faidherbe. Photo: Lille3000

リールのパレ・ド・ボザール(ファインアートの美術館)でも同じく、聖書を表現した現代アートの展示会や、極めて古典的なフランドルの風景寓話の興味深い展覧会などにも参加している。以前貨物運送の駅だったサンソベールでは現在、家族向けに構成された遊べるイベントを人気の芸術文化センターが企画している。ゴースト・トレインや他にも楽しい驚きがたくさん用意されている。

今回の新しい「リール 3000」のタイトルはあらゆる空想行為に同じている。そしてアーティストにも観客にもユニークなきっかけを与え、お祭り騒ぎの中で想像力を自由に広げさせる。クリスマスの時期に魔法を加えたり、祝日のお楽しみにスパイスを足したいと思っているのなら「リール 3000」は最高の手段となるだろう。

リール 3000
会期:2012年10月6日〜2013年1月13日
会場:リール市内各所
TEL:+33 (0)3 28 52 3000
http://www.fantastic2012.com
http://www.lille3000.eu

Text: Valérie Douniaux
Translation: Eiko Kondo
Photos: Lille3000

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE