第9回上海ビエンナーレ

HAPPENINGText: Hiromi Nomoto

「再発電」と題した第9回上海ビエンナーレが行われた。前回までは上海の中心に位置する人民広場の中の上海美術館で行われていたが、今回からは万博会場後の建物を利用した新しいアート施設の「パワーステーション・オブ・アート」をメイン会場として開催された。ここはかつて火力発電所だった。そういったわけで“パワー・ステーション”という名が付けられている。

第9回上海ビエンナーレ
康本雅子「茶番ですよ」

日本の康本雅子のコンテンポラリーダンス作品「茶番ですよ」を収めた映像の前で立ち止まる人が多くいた。着物を着て踊る姿は印象的であるが、それだけではないようだ。彼女のダンス自体を楽しんでいる人が多かった。中国のネット上での反応は、「面白かった」「彼女のダンスが好きだ」など。私自身今回のビエンナーレで彼女のダンスを知ったが、何度でも見たくなってしまう作品であった。他にも「背中」の映像展示があり、ビエンナーレのオープニングでは、本人が会場で作品「背中」を披露してくれた。

P1100931.jpg
ジャン・ジのインスタレーション作品「私たちの時代では」
 
中国湖南省出身のジャン・ジは、実に多くのメディアを使って制作するアーティストだ。インスタレーション作品「私たちの時代では」は、展示スペースに、使用済みのカラフルな花火を、まるで積み木で城をつくるように積み上げている。壁には、音楽の出るバースデーカードがびっしりと貼られている。新年を祝う為にあげる花火の安全を怠ったことが原因で、2009年2月9日に北京で起きた大きな火災。その消火活動中に命を落としたある1人の消防士について、『彼が2週間後に30歳の誕生日を迎えるはずだった』という言葉が添えられている。

P1100969.jpg
ソフィー・カルの作品「最後のとき、最初のとき」
 
フランスのソフィー・カルの作品「最後のとき、最初のとき」は2部に分かれている。1つ目は、さまざまな理由で全盲となった人が、最後に自分の目で見た光景を紹介している。ある人は赤いバス、ある人は家族の顔、寝室の天上の灯り。2つ目は、今まで海を見たことのない人が初めて海を見た様子を映像に収めている。

P1100957.jpg
ホー・シンタンの展示
 
香港のホー・シンタンは映画をイメージした作品を制作している。想像上の映画のポスターやワンシーンは、紅茶やコーヒーで染めた紙に描いたそうだ。短編映画も上映されていた。ユーモアのあるものや不思議なもの、彼女の映画に対する想いが伝わってくる。
 
P1100917.jpg
メイン会場ホールに設置されたホワン・ヨンピンの巨大な作品「千手観音」
 
世界には多くのビエンナーレやトリエンナーレがあり、1年のおよそ3分の2は世界のどこかで行われているのだ。今回の上海ビエンナーレでは、外灘エリアに数箇所都市パビリオンが設けられていたことが大きな特徴と言えよう。国家単位ではなく都市単位にすることで、人と人との交流をより直接的なものにしようという狙いがあるらしい。
 
P1090073.jpg
都市パビリオンの1つは、上海で人気の通り沿いにある。古く崩れかけた建物を利用した展示は興味深かった。
 
上海ビエンナーレ「再発電」に伴って、大規模な上海市内のアート施設開発が始まったことにも触れたい。「パワー・ステーション・オブ・アート」の開館記者会見では、上海万博の中国館が「中華芸術宮」としてリニューアルオープンしたことも同時に発表されたのだ。そして注目すべきは、私立美術館の創立だ。中国人アートコレクター夫婦がオープンした「龍美術館」は、中国古代の書画や陶器からプロパガンダ作品、中国コンテンポラリーアーティストの作品までを網羅している。2013年秋にはインドネシアのYUZ基金によって黄浦区に世界のコンテンポラリーアート作品を集めた美術館が開館する予定だ。

P1100947.jpg
上海のアーティストのシー・ジーインの海をイメージした作品「公海」。作品の後方には海へと続く黄浦江が流れているのが見える。
 
多くの場合、中国の政治と文化の中心は北京であると言われがちである。上海はビジネス都市の印象がとても強い。しかし、今後都市が更に発展する為に文化が重要であり、その計画の出発としてのビエンナーレだったように感じられる。今後アートが上海でどう組み込まれ、どのような影響を与えるのか楽しみである。 
 
第9回上海ビエンナーレ
期間:2012年10月1日〜2013年3月31日
時間:9:00〜17:00(月曜定休)
入場料:無料 (2013年1月1日より)
会場:パワー・ステーション・オブ・アート
住所:上海市花園港路200号
TEL:+86 21 3110 8550
http://www.shanghaibiennale.org

Text: Hiromi Nomoto
Photos: Hiromi Nomoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スネハ・ディビアス
MoMA STORE