タイガー・トランスレート・オークランド 2012

HAPPENINGText: Hiromi Nomoto

タイガー・トランスレート」とは、シンガポールに拠点を置くタイガービールが主催しているストリートミュージックやアートの大きなコンペティションで、2005年から始まった。世界各地で行われ、その勝者がファイナルに出場する。2012年はモンゴル、カンボジア、シンガポール、バンコクで開催され、2012年11月17日にニュージーランドの大都市オークランドで今年最後のコンペティションが開かれ、ファイナルのドバイへ向かう出場者が出そろった。私はオークランドのタイガー・トランスレートを現地取材した。

タイガー・トランスレート・オークランド 2012
会場風景 Photo: Tiger Translate

オークランドのタイガー・トランスレート会場となったスタジオ「ベニュー」はケー・ロードにある。ケー・ロードとは、カンラガハぺ(Karangahape)の頭文字「K」から来ている。世界を縮小したように、多くの背景を持つ人々が行き交っている。もともとこの土地にいたもの、ニュージーランドに来たばかりの人もいれば、祖父母の世代に渡って来たものもいる。彼らが信仰する宗教だってさまざまだ。全く違ったもの同士を巻き込んで、新しいものをつくり上げるタイガー・トランスレートに相応しい場所だ。『この辺りには、劇場やクラブ、ストリップ、古着屋、 クリエイティブなものが集まっているのよ』と、アーティストの移動やアテンド、タイガー・トランスレート当日も会場の管理をしていたジャニスは言う。今回のタイガー・トランスレートを取り仕切っていたリース・ジャンセンは『ケー・ロードには危険で奇妙で、クレイジーなエネルギーがあるんだ』と言う。しかし、彼らですらここがどのようにして今の状態になったのか詳しくは分からない。

2TTN%20art.jpg
入り口付近の様子 Photo: Tiger Translate

タイガー・トランスレート会場の入り口を入ると、虎がモチーフの大きく引き延ばされたグラフィックアートが貼られたコーナーがあった。これは、アーティストらが音楽からインスピレーションを得て描いたものだ。そこで来場者たちを撮影し、写真をFacebookにアップした。ステージがあるメインホールの他にもいくつかのスペースがあり、大きなスクリーンにタイガー・トランスレートのアーティストたちのグラフィックアートが映し出されていた。彼らの作品を展示している部屋もあった。そこで、上海で活躍するアーティストのニニ・サムの作品を見つけた。他にもキット・ローレンスアリーシャ・ブラントンなどオークランドで活躍するアーティストの作品もあった。タイガービール・ニュージーランドのサイトには、彼らがインスピレーションを得た音楽や作品のコンセプトなどが紹介されている。コンペティションは開かれる都市に合わせて、ミュージックとアート、どちらに重点が置かれるかが変わる。オークランドではミュージックを全面に押し出した。もう少しグラフィックアートを強く出しても面白くなったのではと私は思った。


「タイガー・トランスレート・オークランド 2012」

夜9時から始まったタイガー・トランスレートには、ニュージーランドのミュージシャン、ホーム・ブルー・クルーウィールド・トゥギャザーダドリー・ベンソンダーク・ウェスティーズ・ボーガン・サーカスケーアース・イン・ザ・CBD、ザ・アーク、そしてゲストのヨシ・ホリカワが出場した。

3Dudly%20Benson.jpg
ダドリー・ベンソン Photo: Tiger Translate

最初に登場したのは、今回のようなイベントに出演するのが初めてというダドリー・ベンソンだ。観客たちは彼の演奏と声に夢中になった。ダドリーに感想を聞いたところ、『フェスティバル・イベントは初めてで、観客がどう考えているなんて推測するのは難しい。いつもは自分でツアーをするんだ。自分で全て決める監督的なプロセスはとても疲れる。でもこの方法が好きなのさ。私にとってタイガー・トランスレートで演奏するということは、アルファーの勢いを放つことなんだ。』と言う。ダドリーの作品にはマオリ語(ニュージーランド原住民の言葉)を使ったものがある。ヒリニ・メルボルンの曲「キウイ」をアレンジしたヴァージョンでは、マオリの“喪失”を表現している。悲しげな歌声は、飛べなくなった鳥キウイ、つまり言語・アイデンティティー・自己決定権を喪失したマオリを意味している。彼の人気は地元ニュージーランドだけではない。2012年には日本でアルバムをリリースしており、タイガー・トランスレートの後は、日本でのツアーとアーティストインレジデンスを控えていたことについて、『日本の伝統的な音楽楽器に興味があり、琴や三味線、太鼓の奏者に会って学んでみたい』と答えてくれた。

4Yosi%20Tom%20Nick.jpg
左からウィーアード・トゥギャザーのニック・D、アーティストのトム・グールド、サウンドデザイナーのヨシ・ホリカワ Photo: Tiger Translate

ヨシ・ホリカワの音楽に観客は、少々戸惑った。なぜなら、それが音楽らしい音楽ではないからだろう。ヨシは私たちの身近にある音を録音して作品をつくる日本人サウンドデザイナーだ。アジアからのアーティストとしてニュージーランドに招待された。わずか6日間(実際に作業できた日数は更に少ない)という短い滞在期間で作品を1つ仕上げた。その作品にニュージーランドのアーティストであるトム・グールドが影像をつけた。オークランドの自然の中で行われたヨシの録音には、グールドと影像カメラマン、それからニック・D、タイガー・トランスレート関係者らが同行し撮影した。実際の彼ら2人の制作ではまず、ヨシが音楽をつくり、その後トムが影像をつくった。それをまた、2人で一緒に意見を出し合いながら、音楽と影像を組み合わせていった。『ヨシとのコラボレーションはとてもエキサイティングだった。彼の音楽は日常の雑音から音楽がつくられている。彼とコラボレーションできるなんて、とても面白いだろうと思った』とトム。ヨシは「Bubbles」や「Skipping」、ニュージーランドで制作した最新の曲「Aotearoa」(ニュージーランドの別名で、マオリ語で「白く長い雲がたなびく地」の意味)を披露した。広報のプレマは、仕事中なの、と言いながらも、楽しそうにリズムに乗っていた。ステージの上ではトムのつくった映像が映し出された。トムの非常にゆったりとした映像はまるで、現代の私たちが感じているような時間ではなく、オークランドの自然の中の木々や風・水・生き物の中を流れている時間を表現しているようだった。

5WEIRD%20TOGETHER.jpg
ウィーアード・トゥギャザー Photo: Tiger Translate

ウィーアード・トゥギャザーは、ディック・ジョンソンとニック・Dによる新しいスタジオとライブプロジェクトだ。レッドブルスタジオのカリビアン・スチールパン・オーケストラズ、ブルンジ・ドラム・アンサンブル、スーダンのヴォーカリスト、ガーナのパーカッション、太平洋の合唱団、フレンチ・メキシカン・アコーディオン・プレーヤー、レッドブル・ミュージック・アカデミー(レッドブル主催で毎年世界のどこかの都市で開かれている。参加ミュージシャンたちはコラボレーションなど特別なプログラムが与えられ、一定期間その都市に滞在し曲を制作する。)に参加したミュージシャンなどからなる。世界のエキゾチックな音楽とクレイジーな音に対するニックの想いが拍車をかけ、ディックが更にダンスしたくなるようなグルーブに仕上げた。彼らの登場で、陽気な音楽に、会場は大きく盛り上がった。出演している彼らが会場で一番楽しそうだった。ニックの音楽への愛情は疑いようもない。DJをしている以外にも、オークランドでラジオ番組を持ちテレビ番組にも出演し音楽情報などを発信している。毎朝ラジオの出演があるはずなのに、蛇行した険しい山道の移動も全く気にせず、パソコンや携帯を操作しながら、ヨシの録音に同行しドキュメンタリー映像を制作した。そしてヨシをニュージーランドへと誘ったのは、このニックであることを忘れてはならない。彼がレッドブル・ミュージック・アカデミーでヨシに声をかけたのだ。それから1年、オークランドでヨシのプロジェクトが実現した。「俺は約束を守る男だ。」とニック。

Gary%20Yong.jpg
ゲイリー・ヨンの作品 Photo: Tiger Translate

夜が深くなるごとに観客は増え、今回のタイガー・トランスレートは盛況のうちに終わった。ミュージシャンでは、都市オークランドで人々が話すエモーショナルな言葉をマッシュアップした音楽「Gritty City」を制作したティム・タプソーが選ばれた。アーティストで選ばれたのは、音楽「The Raw」からインスピレーションを得て、遠くまで続く東洋的な景色の中にいる虎と蛇を描いたグラフィック・アーティストのゲイリー・ヨンだ。彼ら2人はドバイへの出場権を得た。

7P1090927.jpg
左からアーティストのキット・ローレンス、タイガービールのケニー・タン Photo: Hiromi Nomoto

シンガポールのタイガービール社から来ていたケニー・タンは、『混ぜることが面白い。東と西、音楽とアートを融合させるんだ』と言う。なぜこれほども彼らを支持するのかと聞くと、『それは、ミュージシャンやアーティストをサポートする人がいないからです。他にもスポーツのサポートもしています』と教えてくれた。『あなたは、タイガー・トランスレートのどんなところに面白さを感じる?』と質問を返された。

8P1090849.jpg
左からペイシャン・チェン、プレマ Photo: Hiromi Nomoto

参加ミュージシャンだけでなく、観客たち、これに携わった多くの人々にとって、今回のタイガー・トランスレートが特別であったように、私自身このオークランドでの取材を楽しんだ。例えば、ヨシとトムやタイガー・トランスレート関係者は、ケー・ロードにある「BIZ DOJO」をスタジオとして使用した。そこは一つの空間内に、イベントスペース・スタジオ・ショップ・カフェ・アートギャラリーが入っており、ミュージシャン・アーティスト・デザイナー、さまざまな人が集まってくる。BIZ DOJOのニック・シューリングはよく自分でつくった歌を歌っていた。ジャンルなど無い自由な交流があった。イベント当日、多くの音楽に触れて、その今まで感じていたものとは違った楽しさや、アートとの融合の様子を見ることができた。これは大きな衝撃と感動であった。

9P1090768.jpg
左からリース・ジャンセンとクリス Photo: Hiromi Nomoto

タイガービールは、音楽・アート・デザイン・スポーツを支持している。彼らの活動の目的が、広告や宣伝のためだけとは決して言い切れない。なぜなら関係者1人1人が情熱を持ってタイガー・トランスレートをつくり上げているからだ。このような企業が増え、ミュージシャンやアーティストに多くのチャンスが与えられることを願う。私のいる社会では、経済発展が最重要で、文化は中心から外れていると感じられる。そのため、文化に携わる人々はいつも辛い立場にある。私は幸運にもタイガー・トランスレートに同行でき、これほどに文化を重視した環境があることを知り衝撃を受けた。サポートしてくれる企業の存在は、文化を支える大きな希望になるのだ。

記事制作のヒントを私に与えてくれたペイシャン・チェンに感謝。

タイガー・トランスレート・オークランド 2012
会期:2012年11月17日
会場:THE STUDIO VENUE
住所:340 Karagahape Road, Auckland
http://www.tigertranslate.com
タイガー・トランスレート・ドバイは2013年1月に行われる。

Text: Hiromi Nomoto
Photos: Tiger Translate, Hiromi Nomoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE