ニセコ・サマー・フェスト 2012

HAPPENINGText: Satsuki Miyanishi

去る6月22日から24日の3日間、ヒルトンニセコビレッジを会場に、北海道の食とワイン、アート、音楽を楽しむ、第一回「ニセコ・サマー・フェスト」が開催された。記念すべき第一回目のアーティストとして札幌を拠点に世界的に活動する新矢千里(キンプロ)が選ばれ、SHIFTはアートディレクションと会場構成を担当した。

ニセコ・サマー・フェスト 2012
Photo: Miwa Yokoyama

ニセコは近年、世界でも屈指のスキーリゾート地として知られるようになり、一年を通して多くの観光客が国内外から訪れることから、世界の文化の融合地として洗練され、独自の進化を続けている。冬だけでなく夏のリゾート地としての魅力を発信するために今回のイベントが企画された。

NSF22.jpg
Photo: Yoko Harada

22日には前夜祭として、北海道の食材を使用したタパスとワイン、アートを良質な音楽とともに楽しめるように特設アートギャラリーでレセプションを開催。DJとして、レーベル「SenSe」を主宰し、自らもDJ・プロデューサーとして札幌を拠点に幅広いジャンルで活動する柳原健人氏が参加し、洗練されたリゾートの雰囲気を音楽で演出した。

%E5%85%B1%E6%BC%94-thumb.jpg
Photo: Miwa Yokoyama

23日のメインイベントでは、ミシュラン一つ星レストランにも選ばれたヒルトン東京の「ル・ベルゴレーズ」からジェローム・デコーニング氏と、ニセコのミシュラン一つ星レストラン「カミムラ」から上村雄一氏、ヒルトンニセコビレッジ総料理長ロブ・シップマン氏の三名のシェフのコラボレーションによる旬の食材を使った特別コース料理と、ワインソムリエの勝山美幸氏がセレクトしたワインのマリアージュを堪能。そこに新矢千里のアートと生演奏による音楽が会場に華やかさを演出した。

NSF23.jpg
Photo: Yoko Harada

会場内に設置したツリーには、新矢千里オリジナルデザインのミニクッションが木の実のように吊り下がり、来場者へのプレゼントとして参加者に配布した。最初はフォーマルで緊張感のあった会場も徐々にニセコらしい温かみのある雰囲気へと変わっていき、ツリーの前で写真を撮ったり、好みのプレゼントを自身で選んだりと、来場者の多くに楽しんでもらうことができた。また来場者にはニセコにレストランを構える「ルピシア」から紅茶のプレゼントも。

DSC_0177.JPG
Photo Courtesy of Clark Gallery + SHIFT

3日間のイベント期間中は、ヒルトンニセコビレッジ内に特設アートギャラリーを設置。この日のために制作された新矢千里の新作アート作品やニセコを拠点に活動するアーティストの作品を展示。また作品展示だけでなく、オリジナルデザインのステンシルテンプレート(型紙を使用した転写プリント)を使った体験ワークショップを行った。

NSFws.jpg
Photo: Yoko Harada

転写プリントを行いたいTシャツやトートバッグなどを持参すれば、無料で体験実施できるほか、有料で持ち帰りできるトートバッグも用意し、子供から大人まで多くの方に参加いただくことができた。

24日昼のシェフによる調理実演とランチがキャンセルになってしまったのは残念だったが、内容盛りだくさんの3日間となった。料理とワイン、アート、音楽を一度に楽しめる至福のひと時を大自然のリゾート地・ニセコでゆっくりと過ごすという素敵な機会をいただいたことに感謝したい。

ニセコ・サマー・フェスト 2012
会期:2012年6月22日(金)〜24日(日) 11:00〜18:00 (最終日16:00まで)
会場:ヒルトンニセコビレッジ
住所:北海道虻田郡ニセコ町東山温泉
22日の参加料:無料。タパス 500円/一品
23日の参加料:お一人様 8,500円(特別コース料理・ワイン料金込)
24日の参加料:お一人様 3,500円(料理・ワイン料金込)
特別宿泊料金:シングル 10,000円、ツイン 12,000円(1室料金、朝食込)
※上記全て、税・サービス料込み。
お問い合わせ:0136-44-1919(ヒルトンニセコビレッジ)
http://hiltonnisekovillage.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE