ボロス・コレクション

PLACEText: Kiyohide Hayashi

ベルリンの現在とアートの現在が出会う場所

クリスティアン・ボロス、おそらくベルリンのアート業界で彼の名前を知らぬものはいないだろう。広告代理店を営む彼は常に展覧会やオープニングに顔を出す有名人であり、何より現代アート作品を集めるコレクターとして知られている。1964年ポーランドに生まれたボロスが現代アートに魅了されコレクションを始めたのは1990年頃。以降多くの作品を購入していくなかで、2003年にコレクションを一般に公開することを決意し、それに相応しい展示スペースを見つけて購入した。もちろんごく普通のスペースではない。20世紀ベルリンの様々な歴史を刻み込んだ巨大なブンカー(防空要塞)である。

Bunker.jpg
Bunker exterior. Photo: Noshe

ベルリン中心部の駅近くに位置するブンカーは、第二次大戦中に鉄道を使用する旅客が空襲から避難するために建てられたものだ。2000人収容可能な巨大な建物は空襲被害を避けるための対策を講じており、ほとんど窓が付けられておらず、鉄筋コンクリートによる厚さ1.8メートルの壁、厚さ3メートルの屋根を備えている。このような堅牢な建物は今となっては戦時の空襲の激しさを偲ばせる一方で、周囲の風景に溶け込むことのない異質なモニュメントと化している。

しかし建物に刻み込まれたのは戦争の記憶だけではない。コンクリートの化け物のような建造物は、第二次世界戦争から現在までこの街の歴史を眺め続けてきたのだ。戦後ベルリンが焼け野原となっても建物は破壊されることはなく、ソ連軍によって捕虜収容場として使用された。東西ドイツ分裂後は旧東ドイツ側に属し、同じく社会主義国であるキューバから輸入された南国のフルーツを貯蔵する保管庫として使用されたという。そして東西ドイツ再統一後はベルリンに栄えるクラブ・カルチャーと結びつき、テクノクラブがスペースを構えた。つまり特殊な建物は通常の使用用途に適さないがゆえに時代を象徴するような特殊な用途に使われてきた。

Anselm_Reyle_01.jpg
Anselm Reyle, left: “Life Enigma”, 2008. right: “Untitled”, 2008. Photo: Noshe

そして今や我々の時代の現代アートにスペースを占有させることで、ボロスは建物の歴史に自分の名前を刻もうとしている。しかし現代アートの美術館という用途だけではない。かつて国民のために建てられ、その後クラブ・カルチャーのために使用された建物は今や個人の所有物となり、屋上にはコレクターのモダンな住居が建てられている。つまり、この巨大な空間の個人的使用は今の時代を象徴する特殊な使用用途でもあるのだ。

Olafur_Eliasson_03.jpg
Olafur Eliasson, left: “Untitled” (In cooperation with Elias Hjorleifsson)”, 1998. right: “Untitled”, 1997. Photo: Noshe

2008年にオープンした彼の美術館は3000平方メートルの広さを持ち、現在国際的に活躍するアーティストの作品が展示されている。コレクションについては、多数の作品が展示されているオラファー・エリアソンを中核として位置づけることができるかもしれない。

吹き抜けには、長いコードで吊された扇風機がゆっくりと空中を旋回している。吹き出された風によって宙を漂う動きは予想がつかずユーモラスな印象を与えている。他のエリアソンの作品については光を用いた作品が多く展示されており、どことなく重苦しさを漂わせる空間を艶やかな光で満たしていた。

Kris-Martin_01.jpg
Kris Martin, “For Whom…”, 2008. Photo: Achim Kukulies

一方、強烈なインパクトを与えるものといえば、建物に入ってまず目に飛び込むクリス・マーティンの作品を挙げることができるだろう。吹き抜けにはむき出しの巨大な鐘が取り付けられおり、規則的に左右に振られて轟音が鳴り響いているように見える。しかし鐘は音を鳴らす舌が外されているため、見るものは視覚と聴覚のギャップに気付くことになる。圧倒的な迫力を持つ空間に負けることなくそれを活用している点で、この作品は一層際立っていた。

Santiago_Sierra.jpg
Santiago Sierra “Construction and installation of Teerbeschichteten Formen, with Den Massen”, 5 x 75 x 800 cm, Arranged in two rooms, 2002. Photo: Noshe

またオブジェやインスタレーション作品だけに焦点を当てるだけでなく、サンティエゴ・シエラのようなポリティカルな作品もコレクションに顔を出している。彼の写真作品は、お金を対価に貧しい人々に無意味な行為をさせることを記録しており、経済格差や資本主義による搾取を暗示している。しかし個人の富によって築き上げられたプライベート美術館の中では、アーティストによるコレクターへの批判とも、コレクターによる富の蓄積に対する贖罪のようにも見えて興味深い。

Olafur_Eliasson_02.jpg
Olafur Eliasson “Berlin Colour Sphere”, 2006. Photo: Noshe

他にも、サラ・ルーカス、リクリット・ティラバーニャ、またヨーン・ボックなどいずれも著名なアーティストの作品が多数展示されており、コレクターの90年代以降の現代アートへの興味をうかがうことができるだろう。

CB.jpg
Christian Boros. Photo: Noshe

広告という「何かを知らせること」を職業としてきた人物が、自らの趣味を表に出すためにプライベートの美術館を建てたとみなすのは安易すぎるだろう。では一体、彼は何を伝えようとしているのだろうか。彼が自身の美術館について語るのは現在の一部となろうとする欲望である。購入する作品は徹底して今制作されている現代のものであり、過去の作品に興味を見せようとも所有することはない。

Monika_Sosnowska.jpg
Monika Sosnowska, “Untitled”, 2005. Photo: Noshe

また展示されている大部分の作品は、アーティストに展示場所を選択させ、直接設置に立ち会わせている。この点では作品と空間の共鳴だけでなく、アーティストとコレクターの信頼関係が強調されている。なぜならコレクター自身の手で美術館を完成させるという自己満足には目もくれず、アーティストとの共同作業によって共闘して時代を作ろうと目論んでいるからである。むろん、そこにブンカーの存在は大きな意味をもってくる。このおぞましい建造物は今なおベルリンの現在を反映し、現在の一部となろうとするコレクター、そして現代に生き作品を作るアーティストとの強烈な共鳴を生み出す。ここでは見るものが向き合うのは美術にのみ繋がれた「現在」だけでない。そこにはベルリンに繋がれた「現在」があり、私たちにとっての「現在」とも出会えるかもしれないのだ。

ボロス・コレクション (Boros Sammlung)
住所:Reinhardtstr. 20 10117 Berlin-Mitte
営業時間:金曜日14:00〜18:00、土・日曜日10:00〜18:00
入場料:10ユーロ(要予約)
TEL:+49 30 2759 4065
http://www.sammlung-boros.de

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE