パリ・ファッション・ウィーク SS 2012

HAPPENINGText: Shotaro Okada

「新しいシルエットの模索」、「旅」、「清らかさや前向きさが現れた衣服」

パリ・ファッション・ウィーク SS 2012

季節外れの「インディアン・サマー」と呼ばれる酷暑のなか、パリ・ファッションウィークSS12は開催された。

今回、いくつかのブランドのコレクションを拝見し、そこから共通する言葉を並べ、自分が赴いたショーやプレゼンテーションを紹介していきたい。パズルを組み立てていくような気持ちで、このレポートを読んで頂ければ嬉しい。

「新しいシルエットの模索」、「旅」、「清らかさや前向きさが現れた衣服」は、今シーズン、僕が頭に浮かんだ言葉。

これらの言葉は、実のところ多義に及んでいるので、僕の伝えたいことが誤解されてしまう恐れがある。ファッションというのはそれだけ奥が深いということ。SHIFTのレポートでは、言葉の数と同じく、3部に分けて紹介する。どうか気長にお付き合いして頂きたい。

第1部「新しいシルエットの模索」

歴史を振り返ると、時代の節目には新しいファッションが台頭し、旧来とは異なった価値観と新たなシルエットをもたらしている。2010年代に、そのような革新的な出来事が起こるかどうかは分からないが、今シーズンでは、多くのブランドが新たなシルエットの在り方や、衣服と身体の関係を真摯に捉えているように思えた。

Yohji-Yamamoto.JPG
ヨウジ・ヤマモト2012春夏コレクション

この「新しいシルエットの模索」という言葉を最も強く感じたのが、ヨウジ・ヤマモトのショーである。性と年齢を超えたシルエットの模索。途中から現れたドレスはフランスの18世紀のドレスを彷彿とさせる「洋服」でありながらも、ボリュームや質感に絶妙なニュアンスを加えたりと、ここしか出せない「色」に仕上げていた。少年が紳士服を背伸びして着るかのように、自らの性や価値観に縛られず、自由に服を着てみようというメッセージ。生地は、肉体に新たな詩を与え、歩くたびに柔らかく揺れる様がとても美しかった。そして、最初にブルーのドレス、最後には女性同士のウェディングルックで終えたところにクチュリエ山本耀司の気概を感じる。とても人間的な優しさに満ち溢れていた。

Thimister.JPG
ティミスター2012春夏コレクション

そして、ファッションウィーク初日に行なわれたティミスターのショーは、シルエットの冒険に満ち溢れていた。弦楽器が激しく鳴り響く中、オリエンタルなムードを纏ったモデル達が次々と登場。その姿かたちは独自の起伏に富んだものであった。テーラードジャケットには、ゆったりとしたテーパードシルエットの民族調のパンツや縦に長いドレスを。着物の折り返しを思わせるディティールの衣服は鎧のようなベルトでバランスの均衡を。長いブランクを経て近年活動を再開したデザイナーに、スタンディングオベーションまで起こったショーであった。

ベルトでウエストをマークしながらも、ティミスターのショーで感じたのは、縦に伸びるようなシルエットバランスであった。このようなボディのラインを強調しない衣服の在り方は、ダミール・ドーマのショーで多くを見ることができた。

ダミール・ドーマのショーはメンズと同じく、炭をランウェイの入口に立て掛けたセットで行なわれた。ショーは厳かでありながらもリラックスしたトーンで彩られ、肩のラインを軸に、布をゆるやかに落とした衣服が多く登場。色や素材感はとてもナチュラルで軽く、風に揺れ、とても優雅な雰囲気を醸していた。そして、時折現れるゴールドはショーに力強さを添えていた。ここで見られた「肩で羽織る」という着方は、西洋の衣服とは異なる在り方。このシルエットの在り方と、メンズと相似したコレクションのためか、彼のブティックに訪れた際に感じた、「無性別なエレガンス」という言葉が再び脳裏をよぎった。

Akris.JPG
アクリス2012春夏コレクション

また、アクリスのショーでは、縦に流れるシルエットを、巧みな素材使いによって、ミニマルかつグラフィカルに仕上げていた。
ジョン・フランケンハイマーによる、モナコでのカーレースを描いた映画、「グラン・プリ」(1966年)からインスピレーションを受けたという今シーズンは、スポーティで軽やかな印象。ファースト・ルックを飾った、鮮やかなグリーンのパーカー調のルックに心が躍る。カーレースにまつわる写真は、独特のユーモアでストライプやボーダーに変身。そのどれもが均衡に保たれ、上品な雰囲気。縦のシルエットは先のグラフィックやファスナー使い、パイピングやロングパンツで品やかに形作られていた。

身体と衣服の関係を、今シーズンの流れと照らし合わせると、衣服によって身体を誇張するというよりも、むしろ衣服を用いて身体に新たなタッチを加えたものが多く見られた。

Lutz.JPG
ルッツ2012春夏コレクション

例えば、ルッツは、ゆとりある新しい造形を求めた服を展開。肩のラインや襟の切返し、シンプルだが非対称なドレスなど、カッティングに独自のこだわりを見せた。蛍光ピンク(hot pink)は黒の透け感のある素材で覆われ、どこなくミステリアス。衣服が動くたびにシルエットは変化し、様々な表情を見せた。

また今回パリにて、初めてランウェイ・ショーを行なったオーディーは、柔らかく彫刻的なシルエットの服を発表。身体と衣服の隙き間をクチュールのテクニックを用い、デリケートに演出していた。色は明るい透明感に満ち、春夏らしい気分に見合っていた。

衣服を用いて身体に新たなタッチを加えた表現は、他に、アン・ヴァレリー・アッシュギャスパー・ユルケヴィッチジバンシィイッセイ・ミヤケなどで見ることができた。ここで各々を述べると、いささか長くなってしまうため、次のテーマに合わせて紹介したい。

Arzu-Kaprol.JPG
アルズ・カプロル2012春夏コレクション

また、シルエットの別の流れに、身体の部位を強調するボディコンシャスを、新たな解釈でリデザインする動きも目を惹いた。一見するとグラマラスだが、ディティールに引き算がしてあったり、優しいタッチが加えられている。アルズ・カプロルのコレクションでは、女性らしく柔らかいラインが描かれていた。

[第2部「旅」に続く]

Text: Shotaro Okada
Photos: Shotaro Okada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE