ジョン・ワン

PEOPLEText: Emma Chi

かつてニューヨーク・ストリートアートの伝説的人物であったジョン・ワン。彼は今や偉大なアーティストの一人である。故郷のニューヨークで、その街のパワーに満ちた作品を誠実に作り続けてきた。現在彼は現代美術のスター的存在として認知され、アーティストランキングのトップ500に名を連ねている。天才、ジョン・ワンは単なるグラフィティ・アーティストではない。抽象画家でもあるのだ。彼の作品は色彩に溢れ、人の心を動かす。コンテンポラリー・グラス・ペインティングの持つ鮮烈なテクスチャーをあらわにする彼の作品は、世界中で高く評価されている。今ジョン・ワンは中国において自身初となる個展を開催している。彼にとって三度目の中国訪問である。

ジョン・ワン

ジョン・ワンは幼い頃、ニューヨークのスラム街の壁や電車にグラフィティアートを描き始めた。「電車は、まさに街を巡る美術館でした」そんな彼の作品からは、アメリカ文化とヨーロッパ文化の両方を強烈に感じることができる。彼の創作哲学は独特だ。「私の絵の描き方は、抽象派が即興で創作するようなものです」と彼は自分の作品を説明する。その言葉どおり、彼は決して芸術への歩みを緩めることなく、モチベーションに突き動かされながら創作を続けている。

artist_jonone2.jpg

今回上海で展示されている最新作に、彼は中国らしさを大きく取り入れている。『1980年頃の私はストリートや地下鉄に自分の名前を書きつけていました。今も変わらず、私は自分の言語で表現をしています。ただ何を表現するかが昔とは違います。』ジョン・ワンは語る。『壁の白い色は、ライトの具合によって立体的な模様を生みます。その流れるようなラインは、中国の筆をイメージしています。別の場所には白黒の絵画が2枚あります。これは中国の陰陽ととらえることもできます。』彼の作品は色彩の大爆発であると同時に、中国書道へのオマージュでもある。彼のペインティングの中に中国書道の技法の影響を見ることができる。

artist_jonone3.jpg

バンド18ギャラリーで開催されている今回の個展では、彼はそのグラフィティのスタイルと人を驚かせる程の色彩センスで、パワーに満ちあふれた色彩空間いっぱいに巨大な色のオブジェを作り上げた。『ゆらゆらと揺れる色のブロックを使って、私の書を表現しました。』ジョン・ワンは笑顔で答える。『この作品は中国の水墨画のようです。色の混ざりやぼかし、これらは私の中国の水墨画に対する解釈です。』

artist_jonone4.jpg

一枚の大きな絵が、ジョン・ワンの名前で埋め尽くされている。『この作品は私の名前でいっぱいにしました。J-O-N-O-N-E、繰り返し自分の名前を描きました。どうしてそんなことをするのか不思議に思う人もいるでしょう。私にも分かりません。ははは!いつか知りたくなるのかもしれませんね。』『他の小さな作品16点は、様々な色の絵の具を使ったペインティングやグラス・ペインティングと、書道を組み合わせました。中でも私は赤い色の作品が一番好きです。赤い色は中国を思わせるからです。』

artist_jonone6.jpg

『私の作品を見た人は、これを完成させるのはとても簡単そうだと思うかもしれません。しかし実際はそうではありません。作品を完成させるまでにはとても複雑な工程を経ているのです。特に私は西洋人で、自分のスタイルを持っています。上海にやってきて、中国的な要素を取り入れるのは非常に難しいことでした。観る人が私の作品を全て気に入ってくれるのを願っています!』ジョン・ワンは、上海のオーディエンスへの期待をこのように語る。『最も大切なことは、私たちがお互いに交流し学びあうことです。私は上海からインスピレーションを得ました。芸術に国境はありません。それが芸術の魅力だと私は思います。』彼は、中国で豊富なインスピレーションと新しい素材を発見した。その結果生まれた彼の抽象的な書と中国の伝統的な書は、いま深く共鳴している。

ジョン・ワン展
会期:2011年7月7日〜-8月31日
開館時間:11:00〜21:00
会場:バンド18ギャラリー
住所:上海市中山東一路18号4階
TEL: +86 21 6323 8099 3002
http://www.bund18.com

Text: Emma Chi
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE