ペンギン賛歌

HAPPENINGText: Alicia Tan

「イギリスには低価格で質の高い書籍に対する非常に幅の広い読者層が存在することを信じ、それに全てを賭けた」—アレン・レーン(ペンギン・ブックス創始者)

ペンギン・ブックスから出版された新旧の書籍を揃えた斬新な展示をお勧めしたい。シンガポールのサブカル系ブックストア、ブックス・アクチュアリーで開催されているエキシビジョン、「ペンギン賛歌(An Ode To Penguin)」はアートと歴史の観点から掘り下げており、会場では1065のペンギン・ブックスの表紙と関連資料が展示されている。電子書籍に次々と取って代わられ、ますます本が少なくなっている世の中で、ブックス・アクチュアリーのすばらしいスタッフ達が本のテキストやビジュアルの美しさを世間と分ち合おうとしていることに胸が暖かくなった。

An Ode To Penguin

かつてシンガポールの旧国会議事堂として使われた歴史的なアートシアターで開催中のペンギン賛歌では、本と表紙の関係性に焦点をあてている。カレン・ウェイが手掛ける繊細なチョークドローイングでは、小振りな作品の中にペンギン・ブックスの歴史や、ペンギン・ブックスの基礎を作りその発展に貢献してきた人々のことが記されている。

Photo2.jpg

ペンギン賛歌は10年近くに渡って無償で運営されている。1065冊の本は5枚ある展示版に一冊一冊丁寧にはめ込まれ、一面に本の壁を築き上げている。それぞれの本の列やセクションにはローマ数字で印が付けられており、来場者はそのローマ数字と解説とを照らし合わせて各シリーズの背景を確認することができる。

Photo3.jpg

10代後半の若者向けの作品を扱ったピーコック・ブックスのように、あまり知られていない出版物も発掘して一般に公開している。来場者がノスタルジックな感覚を楽しむことができる、秘められた過去への旅なのだ。

Photo4.jpg

ペンギンの王冠についた宝石になっているのはボドリー・ヘッドの子会社時代にペンギン・ブックスが出版した5作品だ。表紙、作品内容共にペンギン・ブックスの進化のすばらしい出発点だ。1930年代に他の出版社が採用した派手で手の込んだデザインとは対照的に、象徴的でミニマルな本の表紙が選ばれている。

Photo5.jpg

ペンギン賛歌はまさに古いものと新しいものを包括した内容となっている。すり切れるほど愛された初版の本達と並んで、ポール・スミスによる「チャタレイ夫人の恋人」の新しい表紙デザイン等、より新しいアーティストとのコラボ表紙が、ケニー・レックとカレン・ウェイの丁寧なキュレーションを経て展示されている。これらの貴重な書物は販売されていないものの、オーサーペンシル等、ブックス・アクチュアリーのオリジナル商品も用意されている。

Photo6.jpg

戦前にペンギン・ブックスから出版された特別なエディション、ペリカン・ブックス、キング・ペンギン、パフィン・ピクチャー・ブック、そしてペンギン・スコアも展示されている。これらビンテージ作品のほとんどは1960年代に入るまでシンガポールでは販売されなかった。

Photo7.jpg

マイク・フーやジョセフ・チャン(モンスター・ギャラリー)等の地元アーティストもまたペンギン賛歌とのコラボレーションで、ギャラリーを彩る繊細で独自の作品を生み出してきた。ペンギン賛歌は読書とはただの時間つぶしや趣味などではなく、ライフスタイルなのだということを示している。

Photo8.jpg

長年にわたるペンギン・ブックスのデザインに対する強いこだわりと連動して、ペンギン賛歌では、今年の始め頃に開催された、参加者がペンギン・ブックスの本の表紙をデザインし直すコンテスト、『アイ・✐・ペンギン』へのエントリー作品の展示も行っている。

Photo9.jpg

ペンギン賛歌は、その便利な立地、開放的なレイアウト、親切なガイドと驚くほどのブックコレクションをもって、ペンギン・ブックスの創始者アレン・レーンが掲げた「本を一般の人々の手の届くところに」という理念をまさに具現化している。

ペンギン賛歌(An Ode To Penguin)
会期:2011年7月8日〜17日
会場:The Arts House: Gallery, Old Parliament House
住所:1 Old Parliament Lane, Singapore
TEL:+65 6222 9195
入場料:$6 (学生及びシニア)、$9 (プレミアム — イベントパートナー特典を含む)
http://anodetopenguin.tumblr.com

Text: Alicia Tan
Translation: Kazuyuki Yoshimura
Photos: Alicia Tan

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE