SHOHEI TAKASAKI

PEOPLEText: Noriyuki Abe

東京を拠点に活動しているSHOHEI TAKASAKI。彼が描く、躍動する鮮烈な色と面と線。圧倒的なエネルギーと共にキャンバスに現れる、彼自身が「自画像」でもあると語る肖像たちは観るものを惹きつけてやまない。
自身の制作と同時にミュージシャンやファッションブランドへの作品提供を行いながらも、今年の4月には「アーティスト発の、決して閉鎖的にならない一つのメディア」をコンセプトにしたアートブック「YELLO」のリリースをスタート。
精力的に自らの表現を発信し、「今」でしかありえない瞬間をキャンバスやメディアに刻み続けるSHOHEI TAKASAKIの活動は常に刺激的で目が離せない。

SHOHEI TAKASAKI

まずはじめに自己紹介をお願いします。

アーティスト/ペインターのSHOHEI TAKASAKIです。

最近の活動内容を教えて頂けますか?

今年後半〜来年に開催する予定のソロ・エキシビションに向けての頭の整理と、アート・ブック「YELLO」のプロデュース、いくつかのクライアントに対しての作品の提供、それとコミッション・ワークなどです。

takasaki_Shift_1.jpg
1956 © SHOHEI TAKASAKI

あなたの作品に登場する肖像は「他者」なのでしょうか?それとも「自分自身」なのでしょうか?それともどちらでもない「何か」なのでしょうか?

自分自身だと思っています。自画像です。基本的に、モデルを観察しながら描くのではなく、頭のなかの記憶のストックを頼りに作ることが多いです。作品によりますが、具体的な他者のモチーフだとしても、どうしても今の自分の感情を通したフィルターがかかるので、モチーフをどんどん僕の感情が犯していくんです。いつも。
同じ写真をモチーフに、今と1年後に同じ作品を作ろうとしてもそれは無理でしょう。これは僕のなかでも大きいテーマで、自分がいまどんな状態なのかをいつも確認することができるんです。

takasaki_Shift_2.jpg
untitled © SHOHEI TAKASAKI

また、作品にもモチーフとしてたびたび登場する「女性」は、あなたにとってどういった存在でしょうか?

女性は、ここ何年かの僕にとっても、とても大きくて巨大なモチーフです。僕にとって女性は、無くてはならない存在。僕は一人じゃ生きていけないんです。その対象は作品をつくるのにとっても自然です。別に女性しか描かないと決めてる訳では決してありませんが、自然に女性が画面に出てくるのは、僕にとっても良いことだと思います。

takasaki_Shift_3.jpg
wake up © SHOHEI TAKASAKI

音楽があなたの作品制作に影響を及ぼすことはありますか?

あると思います。音楽は相当好きです。いろいろな音楽を聴いています。例えば音楽を聴きながら作品を作っていて、それがファンク・ミュージックだったとして、少し踊りながら制作したとしたら、ダイナミックでセクシーなラインが画面に出てることもあるはずです。
ただ、音楽が作品に影響を与えるかどうか、という答えは、自分のなかではどちらでもいいことです。どんなことでも作品にはすべて関係しているはずだから、気にしたことは無いです。

takasaki_Shift_4.jpg
beautiful process 1 © SHOHEI TAKASAKI

また、ミュージシャンへ作品を提供する際にはどういったプロセスで作品が制作されるのでしょうか?

クライアント・ワークは、自分の作品をつくるプロセスとは全く違います。マスターベーションをしても全く意味が無いと思っているから、制作を始めるまえにクライアント、マネージャーや関わるスタッフの意見をいろいろ聞くことが多いです。オーダーの内容によっていろいろです。
ただ、音楽は目に見えないから、目に見えるもののファースト・イメージとしては僕らが作る作品が一番大事だから、中身の音楽の力を何百倍にも強くする魔法みたいなものが宿れば最高だな、といつも思ってます。

takasaki_Shift_5.jpg
beautiful process 2 © SHOHEI TAKASAKI

昨年はハンドメイドのZINE’This is message, now’を発表、今年4月からはアーティストがキュレーションするアートブック「YELLO」をスタートさせましたが、「本」または「紙」で出来た媒体にはどういった思いがあるのでしょうか?

「紙媒体」ということに、そこまで極端なこだわりはありません。というよりも、コンセプトと、それをやることに思いがあります。「アーティスト自身がキュレーションする」といことは、仲間内だけで完結するような結果にならなければ、相当面白いことです。まだまだ規模は小さいですが、しっかり続けていきたいです。そして今月7月31日にissue 2がリリースされます。今回のキュレーターは福岡のアーティストPOPYOILです。彼ならではのクロスオーバー具合が素晴らしい。ライナーノーツは、今回ワイデン&ケネディのイイダくんが書いてくれています。ちなみに、次号は名古屋のアーティスト、WASHIO TOMOYUKIです。

takasaki_Shift_6.jpeg
GASBOOK for iPhone 4 / SHOHEI TAKASAKI

10代の頃に熱中していたことは何でしょうか?

絵を描いたり、ものを作ったり、バスケットボールをしたり、町中で「ウォーリーを探せ」をしたり、肝試ししたり、旅行したり、していました。中学校のとき半年くらいいじめられていましたけど。

takasaki_Shift_7.jpeg
GASBOOK tee / SHOHEI TAKASAKI Photo : Yosuke Torii Model : Yuri Yoshida

はじめてアートに魅力を感じたのはいつでしょうか?

たぶんクリムトだと思います。ほとんど覚えていません…。それかPILのアートワークかも知れない。たぶんどちらかです。

将来の目標は何でしょうか?

自分の作品を、メインストリームの中でしっかりと自立させたいです。

最近、お気に入りのミュージシャン/バンドを教えて下さい。

あらかじめ決められた恋人たち、Wash?、elton john、prince、ニューキー・パイクス、関東ミュージック、clark、fugazi、KIMONOS、L7、あと、最近見た「天水連」という高円寺の阿波踊りのチームのパフォーマンスに、本当に感動させられました。圧倒的なパワーに感動して泣きました。

読者にコメントをお願い致します。

いま、このタイミングで僕ら(日本人)がどういう行動をしたのかということは、今後の歴史上の出来事として歴史に残っていくことだと思います。どんなことをしてる人だって同じです。僕はアーティストとして何をするかを今後も考えていくし、考えていこうと思っています。俺らは生き残った人々なんだから。大げさではなく。

Text: Noriyuki Abe

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE