震災チャリティーイベント「ヒルフスアクツィオーン・フューア・ヤーパン」

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

東日本大震災被災者のために寄付金を募るイベント「Hilfsaktion fuer Japan」(ヒルフスアクツィオーン・フューア・ヤーパン)がベルリンで開催された。筆者の私もイベントに参加しているため客観性を持ったレポートを書くことができないが、ベルリンで起きた日本に関係する一つの動きとして今回はその活動を報告したいと思う。

震災チャリティーイベント「ヒルフスアクツィオーン・フューア・ヤーパン」

地震のニュースを日本から遥か離れた地で見聞きしたアーティストたちが集まり、ベルリンで何ができるかを話し始めたのが3月の終わり。そこから日本人アーティストだけでなく、ベルリンに在住する様々な国のアーティストたちも加わり、幾度も会議を重ねた末に寄付金を募るイベントの開催を決めた。それはアーティストに作品を無償で提供してもらい、その作品が当たるくじを販売し、販売による売り上げ全てをドイツ赤十字に寄付するものだった。

copyright_tamamiiinuma2011_IMG_0144.jpg
オラファー・エリアソン提供作品

その後、今回のプロジェクトに参加するアーティストたちが作品の提供を呼びかけ、同時に1枚10ユーロのくじの販売を進めていった。最終的にはオラファー・エリアソン小金沢健人西野達などの日本でも知名度の高いアーティストや、また絵本作家やデザイナーなどの多様なジャンルのアーティストから作品の提供を受け、最終的にその提供者の数は158名となった。

copyright_tamamiiinuma2011_IMG_5722.jpg

朗らかな晴天の土曜日の4月30日、作品が当たるくじの抽選と共にダンスや詩の朗読が行われた。会場となったのはベルリンの郊外ダーレムにあるベルリン日独センター。同施設以外にもダーレムには日本美術の傑作を所蔵する東アジア美術館があり、今回のように日本人アーティストが関わる文化イベントを開催するに相応しい場といえる。会場では美術作品だけでなく、バイオリンの演奏、詩の朗読、そしてダンスパフォーマンスの公演も行われた。

copyright_tamamiiinuma2011_IMG_5545.jpg

また多くの人々が見つめる中で、現在UdK(ベルリン芸術大学)の教授としてベルリンで活躍するイケムラレイコは自作の詩を読み上げた。当日は多くの来場者を迎えることができ、くじの販売を通じた売り上げによって最終的に15,079ユーロ(約180万円)の義捐金を集め、その全てはドイツ赤十字を通して日本の赤十字社に送られた。

震災から2ヶ月経った今もベルリンでは今回の震災に関連した展覧会やアート作品のオークション、そしてダンスやコンサートなどのイベントが開催されている。それは多くの人が日本に対して何らかのアクションを起こそうとした表れでもある。ただし私はその全てを好意的に受けとめることができない。なぜなら幾つかのイベントには企画者たちの「リアリティ」が欠けていたためだ。例えばチャリティーという側面を強調して、被災者への支援金と引き換えに、社会的な注目を集めるように擬態された政治的主張の企画さえも開催されていた。それは「地震」そのものとは関係なく、その悲劇的な機会に乗じた、自分たちの思想やアートの押し付けのようにしか私には見えない。

copyright_tamamiiinuma2011_IMG_5750.jpg
作品提供アーティスト・平野薫とその作品の当選者

今回の企画は、作品を集め、それが当たるくじを販売する以外に枠組みは無い。それは消極的な結果なのではなく、「被災者をできる限り早く助けたい」という思いの形としての表れである。確かにそれはアート作品の上で反映される地震に対してのリアリティではない。しかし集めたお金を実際に被災者へ送ることが出来る。そしてそれこそが参加者の中で共有できる最重要なものでもあったのだ。

地震が起きて既に2ヶ月が経ち、あらゆることが変化している。被災者が要請する支援のかたちも変わってきており、これからは現実的な援助だけを求められるとは言い切れない。また表現は現実の世界を反映する鏡のようなものとも言える。今後はそのような鏡が私たちの気付くこともなかった物事を写し出すことを、そしてそのような志向性を持つイベントが現れることを期待せずにはいられない。

Hilfsaktion fuer Japan(ヒルフスアクツィオーン・フューア・ヤーパン)
日時:2011年4月30日 13:00~17:00
会場:ベルリン日独センター
住所:Saargemünder Strasse 2, 14195 Berlin, Germany
http://www.aktionfuerjapan.tk

Text: Kiyohide Hayashi
Photos: Tamami Iinuma

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE