NIKE 公式オンラインストア

「北海道&上海」アジア・クリエイティブ・フォーラム

HAPPENINGText: Katsuya Ishida

アジアのアートマーケットの好調さは近年のアジア(特に中国)の動向として様々なメディアで伝えられているが、その震源地の一つとしてあげられる上海。昨年の上海万博を契機に街の様相も一変し、世界でも最も活況を見せる都市の一つとして現在もその勢いは止まらない。(その勢いは人口にも影響し、その数は上海だけで2500万となっており、今現在も増え続けている。)

そんなアジアンアートマーケット震源地、上海には芸術区と呼ばれるアートゾーンがいくつも生まれ、中国国内だけではなく世界各国様々なアーティストやデザイナー、ギャラリスト等が日々クリエイティビティを競い、生き残りをかけてしのぎを削っている。

北海道&上海アジアクリエイティブフォーラム
Photo: Kumiko Saito

4月にも関わらず30度を超えた4月25日。上海南外灘地区のベイサイドエリア「The Cool Docks/老碼頭(ラオマートウ)」で「北海道&上海 アジア・クリエイティブ・フォーラム」が開催された。このフォーラムは、食や自然に限定されがちな北海道への誘致活動を文化的な側面から行い、北海道地域から発信される創造産業の新たなビジネスマッチングの試みとして企画された。

今回はその第一回目としてデザイン、音楽、ファッション等、北海道を代表するカルチャーの牽引役をプレゼンターに迎えて行われた。

_MG_4405.jpg
Photo: Kumiko Saito

フォーラムはオープニングアクトとして札幌のサウンドアーティスト・大黒淳一のパフォーマンスから始まった。上海の街から採取したフィールドレコーディングによって作られたサウンドと、上海と北海道の風景をミックスした映像がフォーラムの開催に華を添える。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
チーヤン・チェン
MoMA STORE