ストックホルム・ファッションウィーク AW11

HAPPENINGText: Victor Moreno

北ヨーロッパにおけるファッション・フェアと言えばコペンハーゲンとベルリンが有名だが、その一方で有志によって運営されてきたストックホルム・ファッション・ウィークが脚光を浴びている。今回の展示会では、デザイナーたちの成長も見られ、今後が楽しみだ。テーマには、「ロマンティック・ヒロイン」、「真夜中のインスピレーション」、「休日のUボート船長」、「ミニマム・ハイテク」など様々で、30以上のデザイナーが出揃った。会場となったのは市内の2本のメイン通り、ビル、アートギャラリーなどで、2011年の秋冬コレクションが発表された。

STOCKHOLM FASHION WEEK AW11
Filippa K

ダイアナ・オービング、ザ・ローカル・ファーム、ワイレッド 、ナックナなどのデザイナーによる新コレクションは好評だった。カリン・ロジャーやカリン・ウェスターらが成熟したコレクションを発表する一方で、ビッグブランドのフィリッパ・コー、タイガー・オブ・スウェーデン、ホープ、ジェイ・リンドバーグ、チープ・マンデーは、先端技術を取り入れ、クオリティを重視した革新的なコレクションを発表した。今回のフェアで、マックス・ファクター賞と呼ばれる最優秀デザイナー賞を受賞したのはアン=ソフィー・バックで、彼女のファッションに対する挑発的なアプローチが評価された。

ザ・ローカル・ファームは、洗練されたデニムスタイルを発信し続けているブランド。クリエイティブ・ディレクターであるリチャード・ハッチンソンとアクセル・ニハーグは、「休日のUボート船長」に構想を得て制作した。極薄のカーディガンとカシミアのセーターをインにし、厚いウール地のアウターを羽織るというスタイルだ。水で濡れたランウェイはさながら大海原の嵐で、悲劇的な演出の中で2011秋冬コレクションを発表した。ウィメンズコレクションは、ドレープとレイヤーを利用した無造作なスタイルを発表した。ベースはグレーで、差し色に青、濃紺、コバルトブルーを取り入れている。クラシックなデニムと、洗練されたデニムとの境界線はなくなりつつある。

IMG_7114.jpg
Tiger of Sweden

タイガー・オブ・スウェーデン。メンズのデザイナーは、クリスチャン・リップッシュとロニー・マクドナルド。ミニマムなスタイルをベースに、よりクリーンでフォーマルなコレクションを意識した。テキスタイルはクラシカルなものと最先端のものをミックスし、革新への限界に挑戦している。

ジェイ・リンドバーグ。ファッション・ウィークの後の数日間に渡り、ブランド初のウィメンズコレクションを内輪で発表した。ここ数年の全面的なブランド改革を経て、新たな未来を目指している。ヘッドデザイナーのジェシー・フーヴェリンクは言う。『ブランドを再構築してから、全く違う世界になりました。以前はいつも流行を追い、ロックンロール調だったが、今はもっと普遍的になった。様々なシチュエーションで活躍し、長く使ってもらえる服を作りたいと思っていました。今が転換点となり、私たちのブランドはさらに前を目指して進むことになるでしょう。過去の経験が、我々の目指すところへと導いてくれるはずです。』

ホープは、アン・リングストランドとステファン・ソデルベルグによるブランド。今回のコレクションについて、『北国の環境にインスパイアされて、スタイルと素材を決めた。北極海の船長が北国文化に出会いました。レイヤーを用いた制服やケープコートを取り入れ、多様性と開放感を表現しました』と語っている。テキスタイルには、商品のクォリティを重要視しているブランドでもある。シワの入ったメルトンウール、ラフなピンストライプ、綿を用いた防水布、ワックス加工の綿、厚い綿ボイル、洗いざらしのシルク、白シャツ用の様々なテキスタイル、重厚なニットなどを用いている。

IMG_6898.jpg
Carin Rodebjer

カリン・ロジャー。デビューした年に、スウェーデン版ELLE紙が選んだ“デザイナー・オブ・イヤー賞”に選ばれた。そして「真夜中」にインスパイアされた今作も、観客が選んだ人気のブランドに輝いている。カラーが鮮やかで、薄地から厚地へ、光沢地からマット地へと移り変わるファブリック使いがコントラストを生む。ちょっと不思議なエレガンスさが輝かしいコレクションだ。『いつもは、強烈な生物的な感情を取り入れてるけれど、今回は未来的な感覚がテーマです』とカリンは話す。

IMG_6855.jpg
Carin Wester

スウェーデンのデザイナーの中では、最も人気の高いデザイナーのカリン・ウェスター。賞をもらった前途有望なデザイナーで、今回のコレクションでは、さらに進化した作品を発表した。フィルム・ノワール、特にヒッチコックの作品の“ロマンチックなヒロイン”をテーマに、中性的な視点からみたファッションを発信し続けている。『女性と男性の間には共有できる要素があります。例えばハイヒールのように共有できないものもあるけれど、両性の境界が分からなくなるようなものを発見するのです。』

スウェーデンのファッション業界は、確固たる地位を築きつつある。シンプルで不要なものを排除したファッションが、着実に成長している。

Stockholm Fashion Week AW11
会期:2011年1月31日〜2月8日
会場:Berns Salonger, Kungsträdgården etc, Stockholm
http://www.mercedesbenzfashionweek.se

Text: Victor Moreno
Translation: Chihiro Miyazaki
Photos: Victor Moreno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE