ゲイリー・ウォン

PEOPLEText: Zongci KIN, Hiromi Nomoto

古き良き上海の雰囲気が残る通りに、スタイリッシュなショップ「宗祠KIN」がある。通りに面した部分はガラス張りになっており、道行く人はスニーカーやグッズが一つ一つ作品の様に置かれた店内を伺うことができる。店の奥にはガラスの天井から光の降り注ぐカフェがあり、広々として心地良い空間が広がる。そんなショップを立ち上げたのは、東京に6年間住みDJを学んだ後、上海をベースに活躍するDJのゲイリー・ウォン(王冬青)だ。上海では、宗祠KINのほか、クラブ「ザ・シェルター」も経営する。

ゲイリー・ウォン

なぜ、宗祠KINを始められたのですか?そのきっかけを教えてください。

やはり、きっかけは、ずっとやりたかったということですね。レコード屋と服屋とスタジオの3階建てのこういう店を持ちたいという考えがありました。2009年の夏に、ロンドンに住んでいる友達でありパートナーと一緒にやろうかと言う話を、ニューヨークから来たデザイナーの友達に話したら、その人も興味があって、じゃあ皆で一緒にやろうということになり会社を設立しました。場所は半年くらいかけてやっと見つかりました。コンセプトは、みんなが集まる場所をつくるということ。もし服屋だけだとしたら、座るところも無いし、みんなが集まれないじゃないですか。だからカフェと一緒にやった方が良いのではないかなと、そういうきっかけで始めました。

kin002.jpg

ここの場所を選んだのはなぜですか?

離れた場所が好きだから。商店街のような個性のある場所が好きです。実は、これはマーケティング的には合っていない。また准海路の北側にある長楽路に行くと、とても高くなるのですよ。長楽路付近ではいい値段で借りれるし、しかも完璧な場所です。私たちのコンセプトと合っているのです。こういう物件はあまり上海にはありません。屋外の感じで、でも夏と冬は結構気持ちいいですよ。

ここに来るお客さんはどういう人が多いですか?

来て欲しいのはクリエイティブな感じの人。(来客は)外国人が多いですね。外国人は、来店してすぐに気に入ったとみんな言ってくれます。なので、中国人はもちろん来て欲しいのですが、まだそこまで分かってない気がします。入って来たら、靴も売っているし、コーヒー屋もあるので、ちょっと訳が分からない店だと思うのかもしれません。

ここは空間が贅沢に使われていますね。

中国は何にでもデザインしなきゃいけないというような風潮になってますが、なるべくシンプルにやってます。しかも、このテーブルは実はリユースなんです。これは80年前の上海の木造の船をリユースしています。使う程に味が出てきます。

kin001.jpg

こちらではDJのスクールもあるそうですが。

上にあります。昔はザ・ラボというのが膠州路にありました。スクールというか、無料でやっています。一応それもコミュニティーの様な感じでやっていこうかなと思ってます。すでに5年くらい経ちました。

それは中国人が多いですか?

ほとんど中国人です。ですが全体の人数はまだ多くないです。アメリカだったらもしかするともっと多く集まるかもしれませんね。無料ですし。こちらにはまだやりたい人が余り居ないのでしょうね。クラブに行って、DJやってる人を見たら、ああカッコいいなあと思います。そういう人は多い。でも実際に自分で試してみたら、やはり練習など時間がかかるし、そこまでしてやりたくないのでしょうね。

映画の上映会やフリーマーケットなど、ここではイベントもやられているそうですね。

そうですね。フリーマーケットは2ヶ月に1回やっていて、映画のイベントも1ヶ月に1回。上映は、インディペンデントとドキュメンタリー作品が主です。ほとんどが、音楽、食べ物、デザイン、アートと関係のあるドキュメンタリー。企画はどちらも自分からです。普段ここのカフェには人があまり来ないです。カフェだったら上海で人気のWagasとか、そういうイメージをまだ持たれていないのですよ。ですが私たちは独自のスタイルでイベントをやっていこうと思っています。ワークショップも頻繁にやっています。

それはどういうワークショップですか?

この前DJのミツザビーツがここでプレイしました。立つところもない程のたくさんの人が来ました。来月はビートロックが来ます。

これからはどういうイベントをしていきたいですか?

映画上映はずっとやっていきたいです。他には大体は音楽イベンですが、ワークショップはもちろん、フリーマーケット、あとフード系など、イベントをやりたいですね。将来はギャラリーもやりたいです。ですが専門ではないので、誰か連れてこなくてはいけませんね。ここは将来的にギャラリーもできるように作っています。

kin003.jpg

将来、ここKINがどうなっていったらいいと思いますか?

KINと言ったらみんなが”クオリティー”と思い浮かぶ、そういう風になりたいですね。KINというブランドとなればと。ここでは色々とデザインもやっています。先週、ナイキの2011年春の商品PRイベントのプロダクションを全てやりました。ここのブティックに置いている商品は、限定版に限りません。自分達が好きなものを選んで扱っています。限定版に限らず良い商品なら扱いたいです。

ザ・シェルター」も経営なさっていますね。どのようなところですか?

オープンして3年になりました。ザ・シェルターは、良いところですよ。DJ KRUSHやKENTAROも来て、みんなシェルターを気に入ってくれています。エネルギーがすごいんですよ。服装とか気にしなくても、誰でも楽しめるところです。本当に楽しいイベントばかりですよ。有名なDJばかりではないですが、いつも良質の音楽があります。

kin004.jpg

将来、更につくり出したいものはありますか?

今はこれだけで精一杯です。将来またやりたいことはあるかもしれません。今の段階ではまだ考えていないですね。やるとしても音楽関係だと思います。

取材した夜に開催されたワークショップには、入りきれないほどの人が集まった。その多くは外国人。公用語は英語。参加者にはそれぞれ時間が7分与えられ、自分が夢中になっていることを発表する。SF映画に登場するホログラムスクリーンについて紹介する人や、中国語のリスニング教材を素材にし音楽を作る人、iPhoneやiPadのアプリを開発している人。観客は発表者に質問をしたり、発表の内容について友達と話をしたり。この日はリラックスした雰囲気と笑いと賛称の拍手があった。

宗祠KIN
営業時間:11:30〜23:00
住所:上海市静安区茂名北路65-5号
TEL:+86 21 6217 3355 8006
http://site.douban.com/zongci.kin/

ザ・シェルター
営業時間:20:00〜2:00
住所:上海市徐匯区永福路5号
TEL:+86 21 6437 0400
チケット:各種イベントによる
http://site.douban.com/sheltermusic/

Text: Zongci KIN, Hiromi Nomoto
Photos: Zongci KIN, Hiromi Nomoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE