第14回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENINGText: Memi Mizukami

第14回文化庁メディア芸術祭が2月2日より国立新美術館をメイン会場に開催されている。14回目となる今回は世界49カ国から2,645点の応募が届き、過去最多の記録となり受賞24作品と功労賞1名が決定した。回数を重ねるたびに応募作品が増え、その時代に即した作品やプロジェクトはもちろんのこと、不変的なメディア芸術としての面白みを模索した作品が軒を連ねて展示される貴重なフェスティバルである。アニメーションや漫画での受賞項目があるところも日本ならではといったところだろう。

第14回文化庁メディア芸術祭

展示会場はアート部門大賞作品である「Cycloid-E」が東京ミッドタウンで展示されていることを除けば、全てが国立新美術館で行われ、部門によってブースを設けたということにより前年よりも広々とした空間の中で作品を楽しむことができる。なおアート部門大賞を受賞したミシェル・デコステールとアンドレ・デコステール兄弟による「Cycloid-E」に関しては、国立新美術館の会場でも、現物のミニチュアとして作られたものが、ガラス窓の中で小さな生き物のように動き回りながら展示されており観ることができる。

DSCN1360.JPG
Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD (Cod.Act) “Cycloïd-E”

東京ミッドタウン地下一階の吹き抜けで展示されている「Cycloid-E」。目一杯広がった時には直径がおよそ10メートルにもなるというこの作品は、未来感を怖い程に感じる美しい作品だ。遠心力や重力など、動きとして理解できるものの魅力が自然界にあるとすれば、この作品にはそれの真逆をいく人工物としての大きな魅力を、その見た目、動きや伴う音から発揮している。不可触であるものに対して実像するものからの情報量の多さには、やはり強さを感じると同時に純粋に面白く、何より格好いい。

DSCN1331.JPG
Zach LIEBERMAN / Evan ROTH /James POWDERLY / Theo WATSON / Chris SUGRUE / Tony TEMPT1 “The EyeWriter”

アート部門優秀賞受賞の決まった時点から非常に個人的にも楽しみにしていた作品「The EyeWriter」は、実物が展示され実際に観客が目で絵を描くことが出来るようになっているため是非試してみて欲しい。これは体を、動かすことの出来ない者が、目で絵を描くことができるというインタラクティブなインターフェイスツールであるが、これはオープンソースとして多くの人が使用することもできる。この作品は完成後も改良が続けられ、より良くなるように発展をしてきたそうだ。この日訪れていたこのプロジェクトに関わったインターンの男性も共に受賞を喜んでいたことも印象的だった。

DSCN1333.JPG
Peter TILG “Succubus”

次に、実際に触ることで楽しむことができる作品が多くある中で目を引いたのが、アート部門奨励賞を受賞したピーター・ティルグによる彫刻作品「Succubus」である。「夢を食べる悪魔」と名付けられたこの作品は、予測不可能な動きが美しさを伴いながら我々を魅了させる目立った作品として感じられた。

DSCN1348.JPG
HAYASHI Tomohiko / SENBO Kensuke / KOYAMA Tomohiko “IS Parade”

エンターテイメントの部門で受賞した作品は、やはり時代性を感じるものだ。大賞作品「IS Parade」がツイッターを用いたものであるのを筆頭に、iPadやiPhoneを用いた作品が目立つ。このような大きな受賞作品に対して観客として、あるいはユーザーとしての自分が自然にメディア芸術の中で生き、時代に参加しているのだという実感を感じることができるだろう。

ani_b.jpg
アニメーション部門大賞『四畳半神話大系』 湯浅 政明 © 四畳半主義者の会

アニメーション部門で大賞を受賞した、湯浅政明による「四畳半神話体系」はその題名もさることながら、従来のアニメーションと比較してみても明らかにイラストレーションとしての美しさが目に止まる。饒舌な主人公の心情はテンボ良く物語を進ませ、観る者を引き込ます魅力を持っている。今のテレビアニメの品質はここまで高いのかと少なからず驚くはずだ。

manga_b.jpg
マンガ部門大賞『ヒストリエ』 岩明 均 © 岩明 均/講談社

自分たちの目が、何を新鮮に思うかというのは、時代ごとに変わるものだ。だからこそ漫画という部門がこの芸術祭に設けられていることは、非常に興味深いのではないだろうか。今回大賞を受賞した作品は岩明均による「ヒストリエ」という作品であるが、内容は紀元前の話であり、漫画自体もまだ完結していない。メディア芸術祭における漫画作品であるということは、時代性を伴う必要があるとする。するとこの、未来ではなく過去を扱った未完の作品という点に何か漫画におけるメディア性を感じざるを得ない。その他の受賞作品にも歴史を扱ったものが多く見受けられたこともあり、メディアアートやエンターテイメントが未来感を待ち望むのに対し、漫画という日本の文化は過去への想いを馳せているのかもしれない。

そして最後に、授賞式で今回功労賞を受賞した栗原良幸は「漫画」を文化として世界に普及させた名編集者であり、ユーモアのあるキャラクターで自信に満ちた素晴らしいスピーチをしてくれた。『日本のマンガは2コマからなる。面白い2コマが思い浮かべば、それは何千コマのマンガを生み出す出発点になる』この言葉はメディア芸術において全てに置き換わるのではないだろうか。会期は2月13日までと、さほど長くはないので、是非沢山の作品をご覧になって頂きたい。来年も楽しみにこの芸術祭を待とうと思う。

第14回文化庁メディア芸術祭
会期:2011年2月2日(水)~2月13日(日)
会場:国立新美術館
時間:10:00~18:00(金は20:00まで)※2月8日(火)は休館
住所:東京都港区六本木7-22-2
サテライト会場:東京ミッドタウン
時間 : 11:00~20:00
住所:東京都港区赤坂9丁目
観覧料:無料
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁・国立新美術館・CG-ARTS協会)
問い:CG-ARTS協会内「文化庁メディア芸術祭事務局」
フリーダイヤル:0120-454536
http://plaza.bunka.go.jp

Text: Memi Mizukami

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE