メッシー・メスキー

PEOPLEText: Minnie Pommiegranate

無邪気な性格と明るく陽気で幻想的な美学を併せ持つメッシー・メスキー(Messy Msxi)の作品。それらは思わず緻密に組み合わされた作品の細部までじっくりと鑑賞させる力を持っている。しかしよく見てみて気づくのは、カンバスの上に描かれているのはもっと暗くて謎めいた物語ということだ。メッシーが描くのは汚染されてしまった景色、誤りを犯してしまった瞬間、異常なもの、精神的に病んでしまった心である。

先日、ロンドン国際クリエイティブコンペ2010にて「今年度最も才能あふれる人材」として選ばれたばかり。彼女の作品はさらにファッションの分野にも進出し、様々なコラボレーションにも参加している。
今回、SHIFTは彼女の世界をより深く覗いてみる事にした。

Messy Msxi

まずはじめに自己紹介をお願いします。

私は生まれも育ちもシンガポールで、父親は中国画家でした。2006年にテマセク工芸学校でビジュアル・コミュニケーションの学位を取得して卒業しています。翌年には政府の奨学金によりセントラル・セント・マーチンズへと留学し、イラストレーションを専攻しました。現在は、独立してイラストレーターとして活動しています。

AnEffortMostFutile.jpg
An Effort Most Futile

あなたの作品の中にはかなり首尾一貫したテーマが流れているように思います。その点について聞かせて下さい。

私の場合、インスピレーションはたいてい不運やグロテスクなもののなかに存在しています。私は不機嫌さに引かれるところがあるんです。その不機嫌さが、あるテーマをより誇張して表現したい際、多くの作品に対しての新たな変わった視点を与えてくれるんです。いつも奇妙な経験や社会の変わった人々に興味をそそられます。時には気になった新聞記事や見慣れないドキュメンタリーを選んで自分なりにさらに調べて考えを固める事もあります。私個人に起こった不幸な出来事も、作品のなかに一癖もふた癖もあるようなユーモアを起こしてくれます。

それは面白いですね。では個人的に気に入っているプロジェクトについて教えて下さい。

ed06.jpg
I Am What I Eat

「私は食べたものから作られる」は拒食症に関するシリーズです。拒食症は精神的な摂食障害の一つで、患者は過度の運動や食事制限、断食に走ります。このシリーズが気に入っている理由は、病気の被害者の精神を明らかにして描く事に成功しているからです。拒食症はよく誤解されることがあるので、この作品でより患者への理解を深め、見てくれた人々にもっと彼らのありさまについて共感してもらえるようになればと思っています。

junk_food_benny_8.jpg
Junk Food Benny

「ジャンク・フード・ベニー」は現代の産業化されてしまった食文化を表現しています。つまり私たちに供給される食べ物や私たちが慣れてしまった食事のあり方ですね。ベニーは現代の消費主義と甘やかされがちな部分を象徴しています。彼女自らが今の食生活を体現しているんです。さらに子供である彼女は、現在のマーケティング商法や食産業の状況の本当の犠牲者として描かれています。このシリーズの作品には面白い反響が多数寄せられ、私自身愉しませてもらっています。

ten_years2.jpg
Ten Years of Work for Every Minute on Stage

「舞台上の一秒一秒に向けての10年間の努力」は失敗、過程、訓練、準備、苦痛、決してあきらめない精神、そして”初心”を祝福した記録ともいえる作品です。この作品は、成功は決して安易に手に入るものではなく、さらに個人の性格を築き上げていく旅でもあるという事を忘れないための役割を果たしてくれています。これも現在気に入っている作品の一つなのですが、理由は以前の作品とは大きく違った新たな挑戦だったからです。さらに今回の作品には自分自身の前に立ちはだかった困難が背後にあります。実を言うとこのシリーズを作り上げた際、自分自身の中で大きな達成感がありました。

ten_years1.jpg
Ten Years of Work for Every Minute on Stage

自身に降りかかった困難から得たインスピレーションは、この曲芸の訓練風景を描いた作品群にどのように反映されているのでしょうか?

観客は、舞台上で繰り広げられる完璧で優雅な演技にはまったく見慣れてしまっています。でも私たちが舞台裏に足を踏み入れることはありません。さらに練習課程や、一見不可能な業を成し遂げるため、小さい時に行われる訓練で彼らが抱く不安などは決して目にすることはないのです。

ten_years4.jpg
Ten Years of Work for Every Minute on Stage

私たちの多くは手に入れづらいものを得る際、似たような状況に置かれています。曲芸師のように肉体的な負担を感じることはないかもしれませんが、計画を再度やり直したり、絶えず欠片を拾い集めて一からまた始める苦痛は皆が感じることですし、それはほとんどの人が最終的な結果にしか注目しないために忘れられていることではないでしょうか。

ten_years5.jpg
Ten Years of Work for Every Minute on Stage

コラボレーション作品について教えてください。

一人で作業するのは時に退屈なこともありますが、幸いにもこれまで様々な分野の刺激的な人々と出会い共に作業する機会を得ました。これは自分の作品の新たな面を切り開く手助けともなっています。また紙上の作品だけではなく、他の方法にも挑戦して実験してみたいんです。一番最近のコラボレーション作品はファッションレーベル「ハンセル」の2009年秋冬コレクション用に描いた「ロボットガール」です。このプロジェクトのためにストップモーションのアニメーションを作ったのですが、これは古い漫画のグラフィックやタイポグラフィの要素から影響を受けています。というのも、こういった要素がハンセルのブランド性をより引き立たせてくれると思ったからです。ちなみにアニメーションは音楽技術に詳しいアドリアン・ウィーに手伝って貰って完成することが出来ました。

FantasyStacy1.jpg
Fantasy Stacy

「ファンタジー・ステイシー」はさらにハンセルの「ナイス・トライ」というコレクションのためのコラボレーション作品になります。ここでは、たまたま見つけた物の上にイラストを描いています。というのも、そういった古いものを再利用する際にまず壊してしまうよりも、即座に別のものに生まれ変わらせてみたかったからです。製作過程はすごく面白かったですよ。偶然見つけた物はどれもがそれぞれの物語をもっていますし、それがファンタジー・ステーシーの冒険を作り上げて行ったんだと思います。

progeria.jpg
Progeria

普段の一日について聞かせてくれますか?

私は朝型人間なので、早起きして朝食を用意し、オンラインでビデオを見たりサイトの更新をしたりするのが好きなんです。シンガポールとロンドンの両方に住んで仕事をしているため、仕事中の9時から18時の間にはジャンクフードばかり食べています。脳に栄養を供給するためにですね。でも夜はもっと良い食事を摂るようにしています。連続ドラマを見ながらゆったりして、それからまた寝るまで作業を続けたりもします。半年間ピーナッツバターにはまっていた時期があって、ほとんど毎食ワッフルやトーストに塗って食べていました。健康にはまったく良くなかったんですが、とにかく好きだったんです。

一人で働いていると時間に融通が利きます。でも話したり意見の交換をする相手がいないという欠点もあります。さらに自分の作業場を持たないのでA3プリンターやコピー機も無く、しょっちゅう用足しに出掛けなければなりません。自分のまともな作業場を手に入れるか、もしくは他のアーティストと作業場を共有できる日が待ち遠しくて仕方ないんです。

leopardgirl_01.jpg
Leopard Girl

作品の中には緻密な細部が詰め込まれていますが、イラストの中に描いたり入れ込んだりする上で楽しいと思う題材はありますか?

時々、細かい部分を描いたり細部で画面を埋めていく行為がむしろ治療の一種のように感じることがあります。作品を見た人がそういった小さく粋な細部を理解してくれると、充足感を感じます。無邪気な女の子を描くのもすごく楽しいですね(彼女たちが私に似てるのはまったくの偶然です)。

では、その言葉を信じましょう。最後に今後の予定を教えて下さい。

つい最近では、シンガポールの「コッコジェロ」の中に新しく出来たジェラート・バーへイラストを提供しました。

その他に言う事と言えば、私は人生をありのままに受け止めるようにしています。でも実は現在、仕事の機会を拡げるためにもエージェントを探している最中なんです。それから次の個展も検討中です。

Text: Minnie Pommiegranate
Translation: Yuki Mine

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE