KENSHIN

PEOPLEText: Akihiko Hamada

現在ニューヨークを拠点に、ヘアスタイリストとして活躍するKENSHIN氏。ファッション誌での撮影やランウェイコレクションのヘアスタイリングなどで世界中を飛び回るなか、大阪中津にあるヘアサロン「THE SALON」ではイメージ面でのさまざまなビジュアル作りの制作をプロデュース。また同時にNPO法人「JAPAN HAIR DONATION & CHARITY」を設立し、幼くして髪の毛を失った子供達へのウィッグ制作のため毛髪の寄付や資金援助を求めている。

幅広い活動を行う、日本が誇るトップヘアスタイリスト、KENSHIN氏のクリエイティブの核心を迫るべくインタビューを敢行した。

KENSHIN

大阪出身とのことですが、ヘアスタイリストになるまでの経緯を簡単に教えていただけますか?

東京のヘアサロンで所属しながらアカデミースクールで学校の先生として働いていたのですが、私が影響を常に受けていたファッションやアートの世界に携わりたいという思いから、雑誌エディトリアルページ、広告、ファッションショー等のビジュアル制作に関わるヘアスタイリストとして活動する様になりました。

しかしながら、最初はどうスタートしていいかわからず、無我夢中で自分の作品を作ったり、編集者に売り込みにいったりと、今、振り返ればなかなか苦労もしていた気がします。

30歳で渡米してからは大御所であるメイクアップアーティスト、ステファン・マレー氏や、ヘッドスタイリストのジュリアン・ディス氏等が所属する「L’ATELIER」というエージェントに声をかけられ、在籍するようになりました。

KENSHIN_01.jpg

2000年より拠点をニューヨークに移されるまで日本で活動されてたようですが、どのようなお仕事をされていたのですか?

2000年以前までは、日本でヘアメイクアップアーティストとして活動していました。

ニューヨークに拠点を移そうと思ったきっかけは何だったのですか?

ニューヨークに拠点を移そうと考えたのは、広く世界で活躍をしてみたいというのがきっかけです。それは確実に自分の人生の糧になると確信していたのと、私が常に影響を受けていたファッションの世界は海外のファッションエディトリアルワークであったというのが理由です。

現在日本には仕事で年どれくらい戻って来ますか? 

プロジェクトやクライアントのスケジュールにも寄りますが、約半年に一度は日本で活動しています。

KENSHIN_03.jpg

その他1年で仕事、プライベート問わずよく訪れる国、都市はどこですか?

仕事では東京、パリ、ミラノ等の都市が多いのですが、撮影なので世界中を色々訪れる事が多いですね。例えばパナマの無人島であったり、モナコだったりと様々ですが、個人的にプライベートで大好きな所は、サンフランシスコとイスタンブールです。

ヘアスタイリストとしての主な活動範囲を教えていただけますか?

現在はニューヨークを中心に雑誌エディトリアルページ、広告、ファッションショー等のビジュアル制作のチームワークを中心に活動しており、ニューヨークでは「L’ATELIER NYC」、日本では「EIGHT PEACE」というエージェントに所属しています。

KENSHIN_06.jpg

現在日本人エディター、田中了達氏の手がけるニューヨーク発「NEWWORK MAGAZINE」でのビューティエディターもされているそうですが、詳しい内容を教えていただけますか?

「NEWWORK MAGAZINE」は、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオが発刊するファインアート、デザイン、ハイファッション、カルチャー、政治など多岐に渡りクリエーションを掘り下げるインディペンデントマガジンで、素晴らしいフィロソフィーをもとに構成、編集されています。

私の友人である、「STUDIO NEWWORK」の田中了達が中心となっているのですが、そのファッションエディトリアルのページのクリエーションをビューティーの観点から見つめ、現場等でディレクションの構成等を手伝っています。実際、撮影に入ってみなければ何が起こるかわからないことが頻繁にあります。最初から決められた予定調和的なモノではなく、それをいい意味で裏切るヘア、メイクアップ等の絵作りに書かせないディレクションを心がけているので、エキサイティングでスリリングな経験が多いですね。

その他現在進行中のプロジェクトはどういったものがありますか?

前述の田中了達と私自身のヘアの作品集を作っている最中で、全てにおいてイノベーショナブルなモノにしたいとコツコツと作品を作り込んでいます。

KENSHIN_09.jpg

先に行われた「NY 2011 S/Sコレクション」で、今回ニューヨーク初進出の「N HOOLYWOOD」、ニューヨークでも注目のロバート・ゲラーのヘアを担当されていましたが、エディトリアルページの撮影とランウェイショーなどのコレクションでのヘアスタイリングに違いはありますか?双方のクリエーションプロセスで重要な事は何ですか?

細かくいうと少しディビジョンが違う作り方を要します。技術的に限っていえば、エディトリアルページの撮影ヘアスタイリングは、ヘアという3次元世界の立体物のものを1次元下げた、写真というフラットな2次元世界の中で、3次元物として奥行きのある物に再構築して投影していく、という非常に高等な技術を要します。毎回、毎回変わるシチュエーションの中、経験と技術と勘をたよりに作り進めていきます。3次元世界で良かった物が2次元世界の中でワークするとも限らないですし、その逆もあるので面白い所でもあります。

ショーの場合は3次元世界のモノをそのままの次元で投影していくので、よりその場の空気感やエネルギー、髪の毛の動き等を封じ込め表現できるかという事に気を配っています。

双方に言えるのですが、私の場合はデザイナーやアートディレクター、フォトグラファーなどのコラボレーションする人とのコミニケーションの中で、はっきりとしたフィーリングを感じそれを軸にプロセスを大事に大事にヘア構築して行き、そこで産まれるグッドハプニングを逃さず取り込んでいく事で、常に成功を収めていっています。

KENSHIN_10.jpg

トータルイメージの中でのヘアの役割はどのようなものと思っていますか?
 
ファッション撮影等においてヘアの役割は常に大きく働いています。感覚的な事で言えば、ヘアは常にトレンドの中でのスタイルを表現しており、グラフィック的な事で言えば写真のスペースを埋めていくものであるからです。

それらは時にファッション撮影に置いては絶対的に大きな比重を占めている役割だと考えています。それは一般生活の中にもしばしば言えます。ヘアはその人となりを表すスタイルに大きな影響を及ぼしています。ファッションは、移ろい変わる一時的な要素が多くトレンドの事を示します。

しかしスタイルは衣服や、ヘアスタイル、話すこと、食べる事、読書、ユーモア、行動、などなど…においてであり、自分を表す一生のものなのでサロンでヘアスタイルを作る時は、その人を表現できるスタイルと言う物を提案する様にダイレクションします。

毎ヘアスタイルを作り上げる上でのインスピレーションは色々あると思うのですが、どのようなものからインスピレーションを得ていますか?特に好きなミュージシャン、映画監督、俳優、スポーツ選手、作家などはいますか?

私の場合、特に決まった誰からというインスピレーションは無く、撮影の現場では刻々と変化していくシチュエーションに対応する為に、フィロソフィーに裏打ちされた柔軟な思考でヘアを作っていっています。

例えばプロセスは、作り→壊し 又作り→又壊す、というプロセスを繰り返し繰り返し行います、そのプロセスの中にたまに光り輝くプレゼント的なアクシデントがこっちをのぞき見る事が有ります。そこをすかさず感じ取り、そこからインスピレーションを頂くという手法等でつくっていく事が多いのですが、それは普段の自分の生活が反映している気はします。

そういう意味では自分の生活に置いて影響された人々は多く、詩人のゲーリー・シュナイダー、作家のポール・オースター、カオ・シンジェン、博物学者の荒俣宏、映画監督であるジャック・タチ、ミケランジェロ・アントニオーニ、黒澤明、コスチュームデザイナーの石岡瑛子など、映画、文学等からは多大な影響を受けていますが、やはり日常の生活である家族や、友人、仕事仲間といった人とのコミニケーションから生活のインスピレーションは得る事が多いですね。

KENSHIN_11.jpg

メンズ、ウィメンズ両方のヘアスタイリングをされていますが、双方の面白みや違いなどはあると思いますか?あればそれはどういった事ですか?

基本的にヘアのスタイリングと言う点では面白みは変わりないのですが メンズのヘアではキャラクターのあぶり出しや、メンズにみる特有のダイナミックさみたいなものを意識して作る事が多いです。どちらかというとグラフィックな意識が高まります。

ウィメンズの場合は、女性観は常に意識して作る事が多いです。なので特にムード等を大切にしするので、アンパーフェクトなものやテクスチャー、シェープといったものが私の中では大切になってきます。

今までエディトリアルやコレクションなど、多方面でさまざまなクリエーターやモデルとお仕事されてきたと思うのですが、ご自身のキャリアの中で特に刺激的だった人、印象に残っている人、影響受けた人などがいれば教えて下さい。

一緒に仕事をしてきた人々は、有名無名を問わず常に刺激を与えて頂いた方が多かったのですが、巨匠である写真家、アルバート・ワトソンとの仕事は常に刺激と尊敬でいっぱいです。友人でもある写真家のルイス・サンチェスとのクリエーションは、常に新しい事にチャレンジする、すばらしい仲間でもあります。

KENSHIN_12.jpg

今後挑戦したいエディトリアルや参加したいコレクションなどありますか?また一緒に仕事をしてみたいクリエイターはいますか?

常に挑戦したいエディトリアルや参加したいコレクション、新しいチームとの仕事はたくさんありますが、強く望むものはミュージアムとのコラボレーションで、ヘアスタイリングで何かしらコラボレーションしたいと考えています。

ニューヨークでの暮らしについてお伺いします。仕事面、生活面両方において、日本と随分違うと思いますが、ニューヨークの良い面、不自由な面があれば教えていただけますか?また移住してきてから今日まで苦労した点などあれば教えてください。

とにかく外国人として他国に住むという事においては、大なり小なり苦労の連続ですが、ニューヨークでは多民族、多国籍な人々が集まる所なので、単一民族の国よりは生活しやすいと思います。

仕事面においては特に撮影時にはスタッフの半数以上は外国人である事が珍しくなく、外国人と言えど、良いものは良いと受け入れる寛大さは素晴らしいと思います。

生活面においてニューヨークはやはり国際都市としてはサラダボウル、メルティングポッドと呼ばれる様に多民族が暮らす街であり、色々な国の価値観や文化を体験できる上では素晴らしいと思います。

ニューヨークで好きな場所、お店などはありますか?

やはりミュージアムは世界の中でも至高な物が多く、カルチャーを確実に引っ張るイベント等も行っている為、見所はいっぱいですね。PS1の夏に行われる「ウォームアップ」やMOMAの「MOVE!」などは見逃せないイベントです。

ヘアスタイリストとして多忙を極めるなか、 大阪中津にある「THE SALON」にてプロデューサーとしても参加されていますが、そこでは実際にどういった事をされていますか?

先ず「THE SALON」というプロジェクトは、私の友人と行っているヘアサロンなのですが、21世紀における美容室のあり方を探求していく中で、極端なコマーシャル化とビジネス化に伴い、フラット化する美容業界の在り方に疑問を抱き、本来の「美容」の持つパッションや自由さに触れたりした時の、根源的に心を動かされた純粋な感覚を羅針盤に、 全く新しいコンセプトのサロンとして活動しています。それは、この21世紀において、ヘアを生業として働く全ての人々への新しい価値観への啓蒙活動や、私たちが髪の毛をもとに生業とさせて頂いている恩返し的な活動を含め、今注目を受けています。

具体的には「THE SALON」の大きなディレクションを決めるプロデュースやインテリア、ウェブ、BLOG MAGAZINE、プロダクツの買い付け、イベント等のビジュアルに関わる管理やプロデュースを行っています。又、日本初のヘアドネーション団体「JAPAN HAIR DONATION & CHARITY」という非営利団体の立ち上げ、運営に尽力しています。

img_top07-thumb.jpg

THE SALON 2010イメージビジュアルをイラストレーターの田嶋吉信氏と制作されたようですが、一緒に制作するに当たったきっかけは何だったのですか?

「THE SALON」の広告ビジュアルの制作にあたり、2010年のテーマとして人間の自由で美しい精神性や未来への希望を示すもの“夢を見る者”が持つ希望に満ちた美しさの女性像を提案したく “DREAMER”というコンセプトを打ち出したのですが、その表現は画一的なモデルを使用した写真表現では得れないという考えに至り、「HAIR BEAUTY × ILLUSTRATION」との出会いによる新しい価値観にたどり着きました。そのプロセスで表現力のあるイラストレーターを探していたのですが、古くからの友人である田嶋吉信氏の新しいイラストレーションを見て、コンセプチュアルに表現できる彼にお願いしました。

「THE SALON」の次なるニュープロジェクトとして同じく田嶋吉信氏をクリエイティブディレクターに起用した「THE SALON A to Z」というアルファベットを軸にしたグラフィックアートを表現するプロジェクトを進行中のようですが、ヘアサロンがグラフィックアートを本格的に制作する事は画期的なことのように感じます。それについてはどう思いますか?ヘアとグラフィックに関わらずアートととの関係についてKENSHINさんなりの見解があればお聞かせ下さい。

これは2年間限定で行われる新しいプロジェクトで、我々にとってはチャレンジの一つとなります。しかしながら、最初からグラフィックアートを表現したかったという訳ではなく現在、メディアの多様化が進み、情報やイメージが容易に入手できる環境になっているにも関わらず、なぜか人々の意識は同じ方向に向かっているような気がしていてました。

例えば、ヘアサロンが打ち出すイメージが、トレンド一辺倒の画一的なクオリティーの無いものだったり、ファスト・ファッションに多くの人が群がる状況は、世界的経済不況や低価格だけが原因とは思えません。そこには自らが本当に感じたり楽しむといった創造性の欠如があるように思えてならないのです。

人々のフィロソフィーやインディビジュアルな考え方をあぶり出し表現していく場を「THE SALON」で作り啓蒙していくことができればいいなあ、というアイディアが最初でした。2010イメージビジュアルを担当した田嶋吉信氏とのコラボレーションで、イラストレーションによるヘアの表現の幅が広がると言う体感や、「NEWWORK STUDIO」とのコラボレーションで、グラフィックの力という物ををすでに体験していましたので、グラフィックアートという方向でも気負い無く「THE SALON」らしくできるのではという考えからです。 

KENSHIN_02.jpg

「THE SALON」が発信する「THEMAGAZINE」での役割についてKENSHINさんはどうお考えですか?

THE MAGAZINE」は「THE SALON」で働くスタッフ自らが発信するブログマガジンです。ヘアサロンとして、ただ最初は何かを発信できるブログマガジン的な事をやりたかったのですが、自分たちの日常を垂れ流した所で何も意味が無い様に感じてしまい、どうせならスタッフが日々業務以外でも感じたり気になる事柄等を発信した方が良いということになり、軸のテーマとして「21世紀の我々の歩き方とは?」という事を根底においています。

21世紀に入りもう10年以上経とうとしている我々は、21世紀に生きているに関わらず、今だ20世紀の生活様式を引きずっている気がしますが、「THE MAGAZINE」において、ART、CULTURE、SOCIAL、SOUNDS、FASHION & BEAUTY、PHOTO DIARY、INTERVIEW、これら7つのカテゴリーの記事を通して、21世紀の人々の歩き方のヒントを模索しています。

この「THE MAGAZINE」は、結果的にスタッフ自らのセンスに対するエデュケーションや、単純に面白い読み物となっており、自分達のエデュケーションツールやコミニケーションツールとして活躍しています。素人の書く文章なので完璧ではないのですが、、、現在、55号を越えてやっていくうちに、ぼんやりと形というか、匂いみたいな物が浮き上がりつつあります。

それはしばしば、マニアックだとか非日常的であるとか言われたりもしますが、スポットを当てている事柄は、常に自分たちなりの21世紀の歩き方に必要な事柄だったり、ヒントとなるものだったりしており、過去、現在地球上で起こっている事柄や出来事等を記事にしています。

「JAPAN HAIR DONATION & CHARITY」の設立や活動に対する思いを聞かせてください。

JAPAN HAIR DONATION& CHARITY」は、日本で初めての唯一、小児がんや無毛症、不慮の事故等で髪の毛を失った子供達や女性に医療用かつらを提供、サポートし、人毛髪のドネーション(寄付)を受け付けるNPO団体です。

「JAPAN HAIR DONATION& CHARITY」では、小児がんの治療、先天性の脱毛症、無毛症、事故等の理由により頭髪を失い苦しむ18歳以下の子供達に医療用カツラを提供し社会復権をサポートし、子供達の人権を守ることを目的としており、同時にがん治療、不慮の事故等で髪の毛を失った女性にも同じ目的のもとカツラの提供し、女性の社会復権をサポートする特定非営利活動法人として活動しています。

最初はこれまで私を育て、これからも多くの優秀なヘアスタイリストを育て続けるであろう、「髪」にできる限りの恩返しをしたい、との考えから、美容技術や美容知識などを使い、サロンでの小規模な活動や海外の団体への寄付からスタートしました。しかし「気持ち」や「小規模な活動」だけでは、これから未来に渡って、しっかりとした活動を続けて行くことが難しいのではないか?という「現実」にボランティア活動を続けていく中で行き当たったのです。

重い病気や治療、投薬によって「髪」を失われた方々に対して、可能な限り長期のサポートに取り組む為、さまざまな方向から検討しました。そして必然性に導かれる様に、特定非営利活動法人(NPO法人)の立ち上げという選択肢へと行き着きました。しかしそれらは我々の他の活動のPRであったりコマーシャルの一環としての物では全く無く、純粋に「人助け」というものでしかない為、今でも手探りで粛々と地道に努力と活動を続けています。

KENSHIN_04.jpg

ヘアスタイリスト、ビューティエディター、サロンプロデューサーとしてさらにNPO法人としての活動などそのフィールドを無限に広げていますが、それぞれに違いはありますか?

現在、あらゆるクリエィティブワークは個人ではなくチームで行われています。例えばエディトリアルでの撮影には、エージェント、プロダクション、エディター、フォトグラファー、スタイリスト、モデル、メイクアップアーティスト、アシスタントなど様々な人が関わりビジュアルを作っていきます。

それはサロンにおいても、非営利団体活動においても同じ事が言えます。実は私の活動フィールドは様々に見えますが、私の中では全て繋がっていて、円となっている出来事に関わっています。しかもその軸はヘアというモノでしかありません。

そういう面においてチームの一員として活動している訳です。しかもそれは全て結びつき、私にとって良い方向に向かっています。

最後に今後KENSHINさんのような、世界をまたにかけて活躍するヘアスタイリストを目指される人達へ、アドバイスなどあればよろしくお願いします。

この仕事は誰でもができる仕事ではなく、常に努力し続ける才能を要します。自分の仕事を愛し、ヘアに尊敬の念を持つ事であると考えます。

THE SALON
住所:大阪府大阪市北区豊崎3-8-18
営業時間:10:00〜20:00 (日・祝日19:00まで)完全予約制
定休日:毎週月曜日、第三火曜日
TEL:06-6359-3779
http://www.thesalon.jp

Text: Akihiko Hamada

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE