BREATH-TAKING:時間の内観

HAPPENINGText: Rachel Alexis Xu

時間という直線的な概念にチャレンジするリ・ホワイの展覧会「Breath-Taking」は日々の領域を越えたスペースへと引き上げ、物事が起こる順番、年代の力について個人を思案の世界へと導いていく。そんなホワイによる、200のポートレイトから構成され示唆に富んだインスタレーション展が、6月21日から7月18日までシンガポールのサブステーションにて開催された。

殺風景な白い展示スペースに入ると、壁にうるさいくらいに並んで掛けられた、抽象的なポートレイトと姓名の表示が入ったビニール袋が目に入る。

Breathtaking290x.jpg

大量のポートレイトと同様に部屋のむき出しのミニマリズムは、見る人がその人自身の現実から排除された、もう一人の自分になるという、サブリミナル効果としての成果をあげている。このエキシビジョンでは、心眼が見過ごす夥しい数の顔を人生の強い反映として紹介している。暗示的なものもあれば、すぐに忘れられてしまうようなものもある。不意に出会った人々によって取り残される様々な痕跡を提示することと似て、インスタレーションは現在の記憶のインパクトを捉え、覚えていることやその主観的な考えを位置づけていく。

アクリルと墨のように異なる素材の利用は、リ・ホワイの、東洋と西洋の間で増加している文化的な相互作用に対する興味に敬意を表している。しかし、展示により仮定される問いは、文化的、地理的な境界線を超える。この展覧作品は、時間を剥ぎ取り、ひとつの空間へと統合する。明確な時間の区分けや、過去が忘れさられ、解き放たれるものである必要がないという手がかりを問いつつ、その散らばった記憶は 過去、現在、未来が混合するひとつの空間に存在するのだ。

Breath-Taking by Li Huai
会期:2010年6月21日〜7月18日
会場:The Substation Gallery
住所:45 Armenian Street, Singapore 179936
TEL:+65 6337 7535
http://www.substation.org/breath-taking-by-li-huai/

Text: Rachel Alexis Xu
Translation: Megumi Tsuruoka

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE