ポリクセニ・パパペトルー

PEOPLEText: Mariko Takei

アイデンティティの変換が、「リアル」から「空想」への変化をつくり出す。

Portrait%20Polixeni%20Pa%23331622.jpg

オーストラリア・メルボルンを拠点に、子ども達がもつ魔法のような力に魅了され写真作品を手掛けているポリクセニ・パパペトルー。新作「ビトウィーン・ワールズ」(Between Worlds)では動物のマスクをかぶった子ども達による、いくつもの曖昧な世界が切り取られた写真空間の中で繰り広げられている。6月にパリのLM Dギャラリーでの展示を終えたパパペトルーに写真について、子どもについて、メルボルンについてなど話を伺った。

まず、自己紹介をお願いします。

ポリクセニ・パパペトルー。ギリシャ人の両親のもと、メルボルンで生まれ育ちました。写真作品を手掛けるようになって12年ほど経ちますが、2002年から子供時代のストーリーを展開する写真を撮るようになりました。子供の写真を撮るようになったのは、私たちの文化というものに対する考えを表現したかったからで、そのアイディアは子供らしさの象徴を通じて一番良く表現されると思ったからです。でも、もっと重要だったことは、子供の世界に魅了されたということです。
作品によく登場する主人公は私の二人の子供達、オリンピア(1997年生まれ)とソロモン(1999年生まれ)です。

Polixeni%20Papapetrou-%23331499.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Prayers” (Between Worlds) 2009

写真家として活動するようになった経緯を教えて下さい。

子供の頃は、特に絵が上手だったわけでもなく、美術の授業の時などは才能がないなと感じていたので、他のことに興味を持つのは自然の流れでした。高校を卒業後は、メルボルン大学で法律を学び、2000年まで弁護士として働いていました。でも、大学で法律を勉強していた時に、アートや写真の世界を紹介してくれたアーティストに出会ったことで、ただ見るだけではなく、自らが写真を手掛けてみたいと思うようになりました。弁護士として働きながら、1993年からメルボルンにあるRMIT大学の定時制で写真を勉強することにしたのです。2000年になると、弁護士を辞めアーティストとして活動するようになりました。2007年には、メルボルンにあるモナッシュ大学で美術学の博士号を修得しました。

Polixeni%20Papapetrou-%23331431.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Harvesters” (Between Worlds) 2009

新作シリーズ「ビトウィーン・ワールズ」についてご紹介下さい。

ビトウィーン・ワールズの制作では、マスク、仮装、物語、歴史的なアート作品、風景など自分の大好きなものを使用してみました。ビトウィーン・ワールズは、風景の中に動物として登場する子供達を撮影したものです。このアイディアを実現するために、子供達は動物のヘッドマスクを被っています。動物として登場する子供の写真を撮ったのにはいくつも理由がありますが、主な理由は子供が占有する「空間の間」というアイディアをあらわしたかったからです。私は、子供達が幼年期と成人期の間の世界という、2つの空間の間に存在するとみています。不条理的な感じですが、子供を動物として表現したのは、それぞれの世界に類似点を感じるからです。動物はミステリアスな方法で私たちの意識に潜入してきますし、私たちは、自分たち自身や感情的な部分を理解するために動物を見ます。哲学の歴史のほとんどにおいて、動物と共有しないものが自分たちを人間として定義しています。それと同様で、子供は大人を定義づける「他方」であり、よって、子供が、時に愛らしく、時に脅迫的に、私たちの意識を広げていると言えるのです。

Polixeni%20Papapetrou-%23331401.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Ambassadors” (Between Worlds) 2009

また、この作品シリーズで、人間と動物、子供と大人を区別しているのは何かというのを探りたかったのです。ヒエロニムス・ボス(ルネッサンス期の画家 /1450-1516)の絵に描かれる混成生物のように、動物や人間の身体は、絵画で探求され続けているテーマのひとつでもあります。ビトウィーン・ワールズの中のいくつかは、私がずっと敬愛してきた絵画をベースにしたもので、その一方で、他の作品については、試行錯誤している最中に自然にできたものです。

Polixeni%20Papapetrou-%23331534.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Wanderer” (Between Worlds) 2009

例えば、「ザ・ワンダラー」は、ドイツの画家、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの「霧の海を見下ろす散歩者」(Wanderer Above the Sea of Fog。私がこれまで見た中で一番ミステリアスで魅力的な絵と思う1作品)からインスパイアされた作品です。また、「ザ・ハーベスターズ」もお気に入りの絵のひとつ、ジャン=フランソワ・ミレーの「落穂拾い」(The Gleaners)からインスパイアされて制作した作品です。ハンス・ホルバインの「大使たち」(The Ambassadors)も大好きで、2羽のペンギンの作品「ザ・アンバサダーズ」のベースとなっています。そして、「ザ・ケアテイカー」は、ジェームズ・ホイッスラーの母親の肖像画として知られる作品(Arrangement in Grey and Black- Portrait of the Artists Mother)をもとに手掛けたものです。私の作品は、皮肉にも作者の子供(Artist’s child)の肖像となってますが。

Polixeni%20Papapetrou-%233313D2.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Caretaker” (Between Worlds) 2009

ビトウィーン・ワールズの作品の中で、動物のヘッドマスクを使用する(顔を隠す)というアイディアはどのように思いついたのですか?

2008年に東京へ行ったときに、私たち家族は上野に行ったのですが、娘がおもちゃ屋の外にぶら下がってる馬の頭のマスクを見つけたのです。それで、私の作品で使える道具になると言って、買うように勧められたのです。マスクを買うのはどうかと思ったのだけど、勧められるままに買うことにしました。娘と彼女の友人が馬のマスクを被った写真を撮ったのですが、それがかなり謎めいたものに映り、このアイディアをもっと深くまで探ってみることにしたのです。それから、いろんな種類の動物のヘッドマスクや、この動物達が生きていたら着るだろう服を探すようになりました。

動物マスクは、子供達が大人や人間から、また動物から区別される媒介として存在できるようにする不思議な役目を果たしています。マスクが、着用している者のアイデンティティを隠しているというのが好きで、また、アイデンティティが変換され広がりが生まれるのも面白いです。なので、マスクは、馴染みのあるものや馴染みのないものとして、着用している者を隠したり、認めたりする効果があるのです。

Polixeni%20Papapetrou-%233314C7.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Provider” (Between Worlds) 2009

マスクによって引き起こされたアイデンティティの変換が、「リアル」から「空想」への変化をつくり出します。身体と写真の双方ともが、マスクによって変換され、調整されます。写真からマスクは取り除けないので、着用者の新しいアイデンティティが整えられます。私たちはすぐに被写体が子供と認識しますが、彼らは不気味にも動物としてあらわれる。幻想的に混成され、子供のアイデンティティは失われ、マスクという条件のもと借りた圧倒的なアイデンティティを身につけるのです。

Polixeni%20Papapetrou-%23331571.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Watcher” (Between Worlds) 2009

マスクを使うのは好きですね。というのも、マスクは、仮装、演劇、芝居など、当初から私が作品でアプローチしているテーマにピッタリなので。ドラッグクイーンやボディビルダーなど初期の作品を見たら、私が当時から仮装が男性から女性へのアイデンティティの変換するマスクの役割をどう果たしているか、ボディビルダーの鍛えた筋肉が、その筋肉の下にある身体を覆うマスクの役目をどう果たしているかを、自問していることがわかると思います。

ビトウィーン・ワールズの写真はどこで撮影されているのですか?またそのロケーションを選んだ理由も教えて下さい。

ひとつを除く他の写真は、私の住むヴィクトリア州で撮影しました。ほとんどのロケーションは、メルボルンから車でそんなに遠くない場所です。作品に登場するいくつかの風景を選んだ理由は、空間のエッジ、時代の終わりを感じさせるような場所だったので。子供が動物の王国へ入る楽しみなど、不思議なことを伝える場所に感じたのです。作品の中で風景を使用することで、幅広い解釈のイメージを持てるし、登場する子供/動物の生き物がどこに住んでいるのかと思索を促してもくれます。

Polixeni%20Papapetrou-%23331D2F.jpg
© Polixeni Papapetrou “Miles From Nowhere” (Games of Consequence) 2008

「ゲームズ・オブ・コンシークエンス」や「ハウンティド・カントリー」など過去の作品でも、あなたの作品には子供が登場してきますね。子供やファンタジー物語に魅力を感じるのはなぜだと思いますか?

私にとって子供の写真はある種の魔法を持っているのです。それは、子供達の中には、いまだに知ることのできない事柄があるし、彼らの将来も謎に満ちているからです。私は、子供の将来や未知なる経験や行く末の運命など、未知なる事象について考えます。現在11才と13才の私の子供達の写真を撮るようになる前から、すでに子供のイメージに引かれるものがありましたね。でも、子供が生まれたことで、子供時代の写真を撮りたいと強く思うようになりました。

Polixeni%20Papapetrou-%23331DD4.jpg
© Polixeni Papapetrou “The Fall” (Games of Consequence) 2008

子供の写真作品をつくるようになったのは、自分たちの文化に対する考えを理解するのに、子供時代を通じて表現されるのが最適な方法と思ったからです。文化の中で子供達が持つ意味を理解するために、子供期の形成を歴史的に同期的な視点から見るのが好きなのです。いち社会として、科学的技術的進歩によって自分たちを計ることはできますが、社会の精神性はどうやって計ったらいいのでしょう?私は、文化にあるエッセンスやソウルを子供が持っていると思っていて、それ故、子供時代には、大人の欲望や期待がたくさん詰め込まれていて、大人が子供に見たいと思う特性(例えば無邪気さ)が授けられてるのかもしれません。

Polixeni%20Papapetrou-%23331BCA.jpg
© Polixeni Papapetrou “Hanging Rock 1900 #3” (Haunted Country) 2006

写真作品では、子供時代や文化のもつ意味について考えることのできるコンテクストをつくりたいと思っています。私の作品は見る者をファンタジーや物語の世界へ誘いますが、写真の中に表現される子供時代に対して私たちが抱く期待感にもチャレンジしているのです。例えば「ドリームチャイルド」(2003)や「ワンダーランド」(2004)などの作品で表現した19世紀の写真であろうと、「ファントムワイズ」(2002)にあるような仮装の展開や、「ハウンティド・カントリー」(2006)で表現される植民地時代のオーストラリアの子供時代の追体験や、「ゲームズ・オブ・コンシークエンス」(2008)の現在の世界に成長する子供達の抑制された生活や失われた自由についてや、「ビトウィーン・ワールズ」(2009)の人間と動物、子供と大人を分離するものについての考察など、子供時代の表現についてのアイディアをどう生かそうと、それは曖昧さの内側にあるもので、子供が私たちの理解するものの中に有する空間や、アートという舞台を子供達がどう見下ろすのだろうかを私は推し測ろうとしているのです。私の子供や友人達の様々な役割や装い、演技や芸の写真を撮ることは、私にとっては、神話や小説、私自身の個人的な経験に繋がる探求の旅をトレースしているのです。

Polixeni%20Papapetrou-%23332038.jpg
© Polixeni Papapetrou “Elizabeth 1” (Phantomwise) 2003

一番好きなファンタジーや物語は?またその理由も教えて下さい。

難しい質問ですが、私はヨーロッパのおとぎ話が好きです。その世界感や自然が潜在的に脅威的で、厳しく、残酷に描かれているからです。森は、ヨーロッパ人の想像では、神聖で高尚なものとして捉えられてますが、おとぎ話の中では恐ろしくて不吉な場所にもなりえるのです。おとぎ話の森は不気味な所ですが、内観、発達、変化の場所ともなりえます。たとえ深くて暗い森が危険を象徴するとしても、子供にとって自己発見や変革を引き起こす精神的な自律性に満ちたものとして、子供は森を架空の安息の地として体験するかもしれません。だから、おとぎ話は、とても刺激的で魅力的なのです。誰か1人作家を選ぶとしたら、想像力、不条理感、言葉遊びや論法の使用などが素晴らしいルイス・キャロルを選びますね。特に「不思議の国のアリス」がシュールで大好きです。物語は子供が大人の世界へと成長する経験を的確に反映していると思います。

Polixeni%20Papapetrou-%23331F5A.jpg
© Polixeni Papapetrou “Winter Clown” (Phantomwise) 2002

最も影響を受けたと思う物事や人を教えて下さい。

とても影響を受けているのは、19世紀の写真家のジュリア・マーガレット・キャメロン、(ルイス・キャロルとして知られる)チャールズ・ドジソン、オスカー・レイランダー、イルージョン、シンボリズム、イマジナリー、シアター、パフォーマンスで満たされる活人画伝統の中でパフォーマンスとして理解されている写真のすべて。好きなアーティストは、ジェフ・ウォール、シンディ・シャーマン、ジョエル・スタンフェルド、マーティン・パー、ウィリアム・エグルストン、ダイアン・アーバス、ラルフ・ユージン・ミートヤード。希望に溢れた、夢中にさせてくれる映画は、「不思議の国のアリス」(1966年、ジョナサン・ミラー監督)、「アザーズ」(2001年、アレハンドロ・アメナーバル監督)、「回転」(1961年、ジャック・クレイトン監督)、「狩人の夜」(1955年、チャールズ・ロートン監督)、「悲しみは空の彼方に」(1959年、ダグラス・サーク監督)、「欲望という名の電車」(1951年、エリア・カザン監督)、「アンドレイ・ルブリョフ」(1966年、アンドレイ・タルコフスキー監督)。

メルボルンでの生活や仕事について教えて下さい。また、メルボルンで好きなところもご紹介下さい。

メルボルン以外に住むことは想像もできませんね。世界中のいろんなところに行くのは大好きですが、メルボルンを拠点に仕事するのが気に入ってます。街はすばらしいですよ。交通の便も良く、面白い所ですし、海岸、農場地帯やハイカントリーなど異なる風景を体験するのにもそんなに遠くへ行く必要がありません。景観も、湿地や半熱帯なところから乾燥した乾いたところもあります。私は特に昔の金鉱地帯とその周辺が好きですね。メルボルンには種類豊富なワインや食べ物もあり最高ですよ。

今後の活動について教えて下さい。

新しいプロジェクトを始めていて、また子供がマスクをかぶるのですが、大人に扮してポーズをとるというものです。アイデンティティを描写する方法のひとつとして、マスクを使った私の探求が続きます。子供には大人の顔とアイデンティティが存在しますが、大人を風刺しているわけではありません。というよりも、ルイス・キャロルの本や詩に見るような性格や人格を身につけているというものになります。

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE