TARO HORIUCHI

PEOPLEText: Monika Mogi, Brian Weiland

若々しく変革の精神に富んだ新しい才能として日本のファッション業界に急浮上してきた28歳の新星、TARO HORIUCHIのデザイナー、堀内太郎。その短いキャリアの中で、既に彼はディーゼルとのコラボレーションを果たし、現在2度目のコレクションを大成功のうちに終えている。「Void(空虚)」と名付けられた2010年秋冬コレクションでは、ディテールな装飾とミニマルな組み合わせで、彼の高い才能を紹介した。彼の手掛ける作品は、経験値だけでは計れないそれ以上のものを呈している。遠くからみると、冷たいグレーと白の空間に素敵な黒い服が展示されているように見える。しかし、よく近づいて見ると、繊細なラインのコートは、ジャケットの襟による星形のような細かなディテールを伴っていたり、カーブが美しいフードはスカートに縫い込んであったりと、単なる黒い服以上のものであることがよく分かる。ジュエリーは、主にシンプルなトライアングルやオーバル・アイのデザインで、彼のデザインする黒い服に良く馴染み、現代的で儚い雰囲気を醸し出している。一時的であること、トレンドの切迫感は、何も悪いことではない。それは、彼のコレクションを際立たせ、バイヤーに永遠なものではない、現在進行形なものであることを気付かせてくれる。堀内氏にインタビューを行い、洋服、ジュエリーや彼の思想について話を聞いた。

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-771x1024.jpg
Taro Horiuchi A/W 2010 collection – “Void” © Taro Horiuchi

前回のテーマは真実、自然、そして時間でした。非常にミニマルなデザインに、グレーの色使いでしたね。今回のテーマは空虚ですが、このテーマをどのように表現したのですか?

今回のテーマは、私が感じたことから生まれました。ちょうどヨーロッパから戻ってきたばかりで、私は東京という場所を、常に混沌としていて色々な出来事が起こっている場所だと感じたのです。しかし同時に、東京は空っぽだとも感じました。「空虚」という言葉には否定的な響きもありますが、私はそれをもっと美しく表現したかったのです。この言葉から私が想像したのは、ブラックホールのようなものでした。ブラックホールは、無であるのと同時に全てを含んでいます。黒い空虚が全てを包み込み、静かな美しさがその中に存在すると考えています。また、今回、私は初めて黒を扱いました。黒は全てを含み、その内には微細なディテールがあります。私が考えるファッションとは、外界とのコミュニケーションであり、それゆえ私は、自己とコミュニケートするような何かを創りたかったのです。

TARO4.jpg
Taro Horiuchi A/W 2010 collection – “Void” © Taro Horiuchi

あなた自身の作品を、アートだとお考えですか?それとも機能的でもあると思いますか?

機能的なものとして考えています。また、いかに着る人が心地よいかを考えて制作しています。今回のコレクションでは、スーパーオーガンジーのようなとても軽い素材も使用しています。

TARO2.jpg
Taro Horiuchi A/W 2010 collection – “Void” © Taro Horiuchi

あなたがデザインに用いる色は、シンプルでミニマルなものが多いですね。なぜ彩度のない色を選ぶのですか?また、好きな色はありますか?

私は、黄色や赤のような鮮やかな色が好きです。しかし私のキャリアは始まったばかりなので、最初は黒やグレーのようなシンプルな色から始めたかったのです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
カラードットインク
MoMA STORE