カガリユウスケ

PEOPLEText: mina

カバンとは、とても個人的な「持ち歩く空間」である。そんな観点から、携帯する空間の再構築とその空間を構成する壁としてのカバンの質感にこだわったカバン作家がいる。ギャラリー「p2g」の運営者でもあるカガリユウスケ。彼の考えるカバンとは? そのこだわりとは?

カガリユウスケ
Photo: Osamu Kurihara

まずはじめに自己紹介をお願いします。

カガリユウスケ。大阪生まれ、25歳、男です(笑)。カバン作家やってます。2005年の終わり頃に兄からの『一緒に住めへん?』というわかりやすい誘いの電話で上京して、本格的にカバン作家として活動を始めました。それ以前も趣味程度にはつくっていて、大阪のセレクトショップで売ったりはしてたのですが。僕、もともとファッションの専門学校でスタイリスト科だったのですが、うちの父親が和紙のアーティストをしていた影響でものづくりとは近い環境にあったのです。服ってすごくパターン的に制約があって、規制が多いのですよ。靴もけっこう規制多いな、帽子も被れへんしなって思って。自分でカバン欲しいし、カバンつくろう!って。それで、ものをつくって生きていこうと思いました。

kagari02.jpg

それで、どういうデザインコンセプトでやっていこうと思われたのですか?カバンの制作、デザインは独学ですか?

独学ですね。出身の大阪デザイナー専門学校は、どちらかというと写真系が強くて、ビジュアルアーツという森山大道さんとかが出られた学校の姉妹校なのです。だからカタログとかは自分で写真を撮ってるのですが、写真に対するこだわりはそこの学校を出たからっていうのはあるかもしれません。当時面白い素材を探していたら、仲良くなった問屋のおじさんが『白い不織布、大量に余ってるよ』と教えてくれて、キッチンペーパーみたいで可愛いかったんですよ。それで紙で1年半ぐらいつくり続けた後に革を触るようになって、つくっていくうちにカバンっていうモノ自体に興味が移ってきました。カバンとか靴って、独特じゃないですか。ファッションアイテムだけど、微妙にファッションじゃないし。そういうどっちつかずの感じのカバンが楽しくなってきて、カバン自体をテーマに作り始めました。

kagari03.jpg

カガリさんのカバンの特徴について教えてください。

カバンの中身って人それぞれ違うじゃないですか。自分の部屋みたいで。なんか個人的な、子供部屋みたいな部屋なんだなって発想から、パテを塗って外壁みたいに仕上げるっていうのを思いついたのです。パテの質感が好きなのですよ。ボコボコした感じとかミシン目が隠せるし、すごく応用が効いて。自分で色づけしたり、汚したり、色調合してちょこちょこやったりとか。どんどん試行錯誤してるような感じです。

07-14.JPG

具体的な製作工程を教えていただけますか?

デザインのラフスケッチから始めることもありますが、大体は素材を触りながらです。パテは平面の状態で先に塗ります。パテが他のペンキとかの塗料と違うのは、ペンキの目的がフラットに薄くきれいに塗ることだとすると、厚みでしょうか。パテは穴埋め用のものなので、立体的になるように樹脂のような感覚でつくられてるのです。なので、塗って一番厚いところで1.2〜1.3ミリになるので、すごく乾くのに時間がかかるのです。2週間くらい寝かせて乾いたものをカバンの形にして、もう1回ミシン目とかを消すためにパテの上塗りをし、仕上げのニスを塗って終了です。

06-4.JPG

カバンの形はどういう発想から生まれるのですか?

次の個展からはカバンの形の追求というのをちょっと意識しています。四角形から始まるのですが、フォトショップでいうところの1ドットみたいな感じで最小の構成単位というか。それは、カバンというか空間をつくるときに四角というのが人間の開発した形なのではないかというのがあって、それをデザインに落とし込みたいなっていう気持ちがあったのです。例えば、蜂であれば空間をつくるときにハニカム構造でつくっていくじゃないですか。人間は基本的に四角で縁取りして空間をつくってるんじゃないかなっていう。カバンのコンセプトとしては空間みたいなところから始まってるので、じゃあ四角から始めるしかないんじゃないかと。それで四角形から始まって正方形を畳んでいくと三角形にデザインされていくのが面白いなって、新しい作品はそんな視点でつくり始めました。リュックタイプが新作です。

_M.JPG

「ウォールシリーズ」は革の有機的な部分を消そうとした作品群です。でも、コンクリートのような無機的な質感を再現したいと思って追求しているのに、なぜか出来上がるとけっこう有機的でそのギャップが楽しいです。あとは、素材感を一番大事にしています。色については、白は汚し加工が楽しいし、形状劣化の美しさからというのがあります。

07-13.JPG

「スキンシリーズ」はシワ加工を全面に施したものです。僕、動物園がすごく好きなのです。和歌山にあるアドベンチャーワールドでは象に触ったりできるんですよ。そこで動物を見てると、動物の皮膚って、生きているときはけっこう汚くてグロテスクだったりするのに、革になるとすごい綺麗なのです。なめして、塗料塗って、傷とか排除して。でも僕はもっとグロテスクの方が逆に綺麗じゃん!って思っていて、シワ加工ですごい凹凸を加えたり、もっともっと生に近い感じを出して、有機的な感じを追求していった作品です。

kagari04.jpg

作品をつくるとき、どんなものからインスパイアされますか?

橋とか、コンクリートの造形物です。そんなような気がする(笑)。あとはストリート文化に対して憧れのようなものがあります。最近身の回りにすごくディープな自転車野郎たちがいて、自転車の重さを1キロ減らすために10万円とか普通にかける人たちなんですが。アホか!って思うのですが、そういうのを見てるせいか、けっこうオランダが好きになりました。自転車大国じゃないですか。自転車に乗るための形みたいなのは考えていますね。カバンをつくるのに全体図を決めてかかるときもあるのですが、まずは形ができて、そのあとハンドルをつけるときに用途を考えるということがあります。カバンの形自体は独立してるのですが、ハンドルで人との関係性を決定させることが多いです。

studio_mainimage.jpg

レゴブロックを積み上げては壊し、積み上げては壊す子供の遊びみたいな実験的なものづくりが楽しいと話す、カガリユウスケ。彼のオリジナルカバンは自身のサイトでオンライン販売をしている他、中目黒のカプリスというセレクトショップや国立新美術館のミュージアムショップなどで購入できる。
3月20日からp2gにて新作発表の個展「2.5d」が開催される予定だ。

p2g
住所:東京都千代田区東神田1-3-5 ミツヨシビル1F
TEL:03-3861-6031(完全予約制)
info@p-2-g.com
http://www.p-2-g.com

Text: mina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE