マタイアス個展「ALL ABOUT DEMOCRACY」

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

_DSC1588-1.jpg
マタイアス個展「ALL ABOUT DEMOCRACY」レセプション風景

政治をテーマにしたイラストレーションを描くオランダ人アーティスト、マタイアス(Mathias)の世界初の個展が、2009年11月20日〜2010年1月31日の間、DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAにて開かれている。

マタイアスは有名政治家や著名人と今日の世界情勢をテーマに、ユーモアと皮肉たっぷりの風刺画を描く。とりわけ頻繁に用いるモチーフは、アメリカ政治。オバマ大統領やヒラリークリントン国務長官、ジョージ・W・ブッシュ元大統領など、話題の政治家もマタイアスの手に掛かればジョークのネタとなる。

_DSC1339-1.jpg
マタイアス個展「ALL ABOUT DEMOCRACY」

『テレビに映る有名政治家はまるで俳優や女優のようであり、全ては演じられているように感じられる。この社会は民主主義社会であると政治家は言うが、もはやそれは冗談になりつつある』と作家は言う。「ALL ABOUT DEMOCRACY」という展覧会名が示すとおり、この展示は彼なりのデモクラシー(民主主義)に対する警告を表現している。

Mathias_Countdown_cafe_1.jpg
マタイアス「Countdown café」(2009)

『幼い頃から政治に対して関心があった。なぜ、弱い立場の人がいつまでも苦しい状況のままなのか、など疑問に思っていたんだ。2005年に友達と一緒にベネズエラに行くことがあり、それでショックを受けた。貧困の状態が、自分の想像以上で……。その一方で、ヨーロッパやアメリカなどの先進国が起こしている問題や政治家の活動がパフォーマンスにしか見えなくなってきた。そんな現状に危機感を抱いて、作品をつくったんだ。』

続きを読む ...

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE