クリエイターズ・パーク VOL.1

HAPPENINGText: mina

クリエイターズ・パーク vol.1

10月22日〜24日の3日間、目黒のクラスカにて「CREATOR’S PARK vol.1」が開催された。記念すべき第1回目のテーマは「green」 。次世代に繋げていきたいジャパンオリジナルのクリエイティブの数々が、参加クリエイターによる作品展示・販売・プレゼンテーションにより盛況のうちに幕を閉じた。展示会場の中から、今後の活動が気になる作品をいくつか紹介していこう。

vallicans.jpg

まず、「クラスカの屋上を楽しもう!」と開放的な屋上を会場としたのは、農芸園芸集団「VALLICANS」(バリカンズ)。WEB TV「plants+」(プランツプラス)とのコラボレーションによって作られた、新しいカタチの屋上庭園”コミュニティガーデン”を展示した。バリカンズとは、スタイリストの岡部文彦氏が主宰を務め、さまざまな業種の仲間で結成された、バリカンで頭を刈り上げ、田んぼで稲を刈る農作業ビジュアル集団。コロンビアやインハビタントなどの機能性を兼ね備えつつ、ファッション性の高い農作業のスタイルコーデイネイトが展示され、12ヶ月で採れる野菜をデザインしたオリジナルTシャツ、ロゴ入りの手ぬぐいなどバリエーションも豊富に展開されて、展示会のよう。ゲリラガーデニング用に機能を満載したメッセンジャーバッグの展示あり、バリカンズのメンバーの実家で採れたお米や農作物の展示販売ありと、新しい農芸園芸を楽しくプレゼンテーションしてくれた。

commun01.jpg

また、「2-tacs」のスニーカー・プランターは、NIKE AIRやACGなどを型どり、独自に焼き上げ色つけをして、プランターにするという発想で、リアルな造形やカラーが印象的。他にも、青空庭園食堂や多肉植物などのプランター販売、テントを使用したアウトドアファニチャーの屋上スタイル提案など、見事なスタイリングで、秋の青空の下を開放的に楽しむ術がいっぱいのコミュニティガーデンだった。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE