ヨハン・グラフナー

PEOPLEText: Victor Moreno

ファッション・フォワードのスウェーデンブランド。

Picture%207.jpg

企業家でありストリート・ファッション・カルチャーにおける先見者である彼は、数年間ロンドンで暮らした後、故郷のストックホルムに戻りファッション・ビジネスに着手を始めた。90年代終わりに手掛けた彼の最初のプロジェクトは、プレミアム・ストリートファッション・レーベルの「ユーコン」だ。 2000年になり、ファッション・アクセサリーの会社「ブラモ」を開始。彼の最初の画期的な成功は、彼がピザの箱の中に靴を入れ販売すると決めた2005年に訪れた。成功はすばやく到来し、半年の間にヴォルカナイズド・シューズの最速セールスを成し遂げたスカンジナビアのレーベルが「チーポ・フットウェア」だ。

その基本方針は、ストリート・ファッションからの影響をミックスすることでオリジナルかつ手頃な靴をつくることにある。おそらくそれは“スウェーデンらしさ”のあるものとして、かなりよく知られた組み合わせで、平均的な価格にもかかわらず、最高に新しく高品質の製品による主流への良いアプローチとなった。彼らの国際的な拡大は野火のように広まった。ヨーロッパの周辺の店はわずか3日間で納品された全チーポの在庫を完売したという。

しかし、ヨハンと彼のチームは、マーケティング、デザイン、および商品開発では型にはまらない、拮抗的な方法で取り組んでいる。現代ストリートカルチャーを揺るぎないルーツとしている事実により、彼らは他とは異なる視点を持っているのだ。またその一方で、進歩するファッションの世界における彼らの知識と経験は本当に強力だ。

その結果、Tシャツデザインの現場の概観の後に、チームは新しいプロジェクト「Tシャツ・ストア」を運営することを決定した 。

彼らがTシャツ・ストアのコンセプトをフランチャイズすると決めたのは1年前で、Tシャツ・ストアの第一号店が開店してから3年になる。現在10店舗あり、今年さらに7店舗以上が開店予定だ。彼らはデンマーク、ノルウェー、および香港とマスターフランチャイズの契約を行い、野望が国際的に広がり、デザインTシャツにおけるグローバルなオピニオンリーダー的存在になるにつれ、彼らの楽しみとなる多くの試練と苦難が待っている。ヨハンと彼のチームは驚くほどすばらしい人々だ。私たちは喜んでそんな彼ら優秀な才能の集まりに迫った。

Picture%2010.jpg

どのようにしてファッション・ビジネスを始めたのですか?

それは本当に偶然のことでした。私は20代の初め、自身のビジネスの勉強を終了するためにちょうどロンドンに移ったところで、何かサイドビジネスができないか探っていました。そこで、一風変わったストリート・ウェアのアクセサリーを思いつき、様々なアクセサリーをヨーロッパへ輸入し、このビジネスがすぐに私の勉強時間の大半を占めるようになりました。「ブラモ・ランダム・アクセサリーズ」と名付けたビジネスは拡張し、チェーン店を供給し、スタッフや販売員の雇用を始めました。さらに、デザイナーのトメク・スウォバツキと共に1998年〜2001年に運営したプレミアム・ストリートファッション・レーベルの「ユーコン」があります。私たちはいくぶん成功し、東京のビームスにも販売しました。

2006年からチーポは主なプロジェクトとなってますよね?

その通りです。その当時、私はヴォルカナイズドのスニーカーの流行を感じ、まず第一に履物のブランドとしてチーポを始動しました。私とデザインマネージャのジェニー・ロスは最も大きな売上げとなった2007年の靴のデザイン「忍者ブーツ」のアイデアを思いつきました。それは、ヴォルカナイズド・キャンバスでできたスニーカーで外側にプレス・ボタンのあるブーツです。その時に何百という主要なファッション・ストアからの注文があり、大いに成長することとなりました。この時、チーポのラインに腕時計とサングラスを加え、特にカラフルなトーキング・ウォッチなどアクセサリーは非常に人気がありましたね。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE