ティモシー・サセンティ

PEOPLEText: Mariko Takei

「Garden of unearthly delights / この世ならぬ歓びの楽園」

Timothy Saccenti

ニュ−ヨークを拠点に国際的に活躍する映像ディレクター・フォトグラファー、ティモシー・サセンティ。ミシェル・ゴンドリーやトラクターなどが所属することでも有名なクリエイティブ・プロダクション「Partizan」に所属し、数々のミュージシャンの写真や映像を手掛けるなど、現実と空想の狭間にある独自の世界観をビジュアルで表現するアーティストだ。DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでは、ティモシー・サセンティを迎え彼の世界初となる個展「Garden of unearthly delights / この世ならぬ歓びの楽園」を8月14日より開催。自身初の個展を控えたティモシー・サセンティにお話を伺った。

これまでにミュージックビデオやアーティスト写真を手掛けられていますが、作品をいくつかご紹介頂けますか?

こんにちは!自分の好きな作品は、だいたい最新の作品になるのですが、現状で言うと、これからDIESEL DENIM GALLERY AOYAMAで展開する作品で、寓話エデンの園の現代版「Garden of unearthly delights / この世ならぬ歓びの楽園」、ビッグ・ピンクというバンドの新譜からのニューシングルのミュージック・ビデオで、セクシュアルな女性の氷像がスローモーションで爆発する様子を描いた「Dominos」、チェアリフトというバンドの映像で、若者達が現実逃避し監視カメラのモニターでいっぱいの隠し部屋へ逃げ込むという作品「Bruises」です。

DDG_Timothy_Main
© Timothy Saccenti “Garden of unearthly delights” / DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA / 2009

過去作品で言うと、スクール・オブ・セブンベルズやビッグ・ピンクのポートレートシリーズ、フライング・ロータスによるアルバム「Los Angeles」のアートワークシリーズ、バトルズによるアルバム「Atlas」の映像とアルバムパッケージ、アニマル・コレクティブの「Peacebone」の映像ですね。

特に思い入れのある作品はどれですか?

僕の親友で、ディレクター仲間でもあるパトリック・オブライアンのポートレートです。パトリックは、ALSと呼ばれる筋萎縮性側索硬化症を患っています。この作品は、パトリックの映像DVD作品とALSへの認識を高めるキャンペーンの為に作ったものです。素晴らしいユーモアセンス溢れる彼は、ALSであると診断され後に1ミリもそんなスピリットを失うことのない並外れた性格の持ち主です。作品に写っているのは、車いすに乗ったパトリック自身で、実在する医者から栄養チューブを通してビールを投与されているというもの。面白さと、心にグッとくるもの両方がありますね。

続きを読む ...

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE