NIKE 公式オンラインストア

1980年代のポップ・イラストレーション

THINGSText: Asami Miyamura

1980年代のポップ・イラストレーション

スージー甘金。元祖塗りこみマンガ・イラストレーター。アクリル絵の具でマッタリと塗りこまれたポップなキャラクター・イラストレーションが特徴的。キャラクターの可愛らしさと、その裏に潜む毒っぽさがどこか不思議な親しみやすさを醸し出す。

1980年代のポップ・イラストレーション

ナンシー関。消しゴム版画家、コラムニスト。2008年に七回忌の回顧展を行ったばかりの彼女の消しゴム版画は、大学生の内からスタートしている。80年代までの彼女の絵は、素朴で温かみがある。川勝正幸による特別寄稿では、彼女に対する想い、交友の悔いが語られている。

アーティストの作品は80年代のものだが、本誌のアーティストは現在でも活躍している人が多い。対談やインタビューでは、80年代のイラストレーションの熱さ、イラストレーションに対する想いが語られ、私は80年代をリアルタイムで知らないが、本誌の中での対談やインタビューで80年代を熱く語るアーティストを見て、80年代を知らない世代に生まれた事が悔しく思えた。それぐらい熱い80年代のポップ・イラストレーションは、今の世代にも80年代を生きて来た人にも、年代問わずお勧めしたい一冊だ。

1980年代のポップ・イラストレーション
出版:アスペクト
監修:小田島等
仕様:204ページ、257mm×182mm x 2 cm
発売:2009年3月
言語:日本語
ISBN:978-4-7572-1590-0
価格:3,360円

Text: Asami Miyamura

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE