冬のニューヨーク展覧会

HAPPENINGText: Carlos J. Gomez de Llarena from Med44

ニューヨークの近年でも稀にみる寒い冬を迎えている。でも家にこもり冬眠するにも限界がある。12月のある週末、僕たちは展覧会を見に行くことにした。家の中でブランケットに包まり、じっとしているよりも、暖かい美術館で温まりながら芸術を鑑賞していたほうがいい。

ウィリアム・エグルストンによる冬のニューヨーク展覧会
William Eggleston, “Untitled”, 1976, from “Election Eve”, 1976. Exhibition print, 16 x 20 in. (40.6 x 50.8 cm). © Eggleston Artistic Trust. Courtesy Cheim & Read Gallery.

ホイットニー美術館ウィリアム・エグルストンの展示は、影響力のあるアメリカの写真家の印象に残る回顧展だった。彼の主題やスタイルは、60〜70年代アメリカ特有の南部郊外や街にある日常にフォーカスしている。展示を見た後気付くのは、近年の一眼レフの携帯、写真撮影の一般化、フリッカーにアップロードなど、アマチュア写真家により、彼のありふれた日常の写真が流行っているということだ。

ジョアン・ミロによる冬のニューヨーク展覧会
Joan Miró, “The Bullfighter”, Paris, January–mid-February 1927. Oil on canvas, 50 3/4 x 38 3/16” (129 x 97 cm). Centre Pompidou, Museé national d’art moderne–Centre de création industrielle, Paris. Remittance in lieu of inheritance taxes to the government of FranceMusée d’art Moderne Lille Métropole. © 2008 Successió Miró/Artists Rights Society (ARS), New York/ADAGP, Paris

ニューヨーク近代美術館では、2つの素晴らしい展覧会を見ることができた。ひとつは、因習を打ち破ったことで有名なジョアン・ミロの展示だ。ミロがミニマルな絵画を手がけることで意欲的に芸術の確立にチャレンジしていた初期の作品を特に集めていた。そこで僕たちは、偶然にも反ベインターのミロと反フォトグラファーのエグルストンとの繋がりに気付いた。(それとも、ただこういうストーリーを作りたかっただけかもしれないが。)

続きを読む ...

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE