クリスチャン・ボルタンスキー「心の記録」展

HAPPENINGText: Kana Sunayama

2005年にマリアン・グッドマン・ギャラリー・パリで開催されたクリスチャン・ボルタンスキーの個展は、今でも鮮明に覚えている。ジャコメッティの彫刻「歩く人」シリーズを思い起こさせる、黒いコートをかけた木の板のインスタレーションを抜け、階段を降りてカーテンに仕切られた真っ暗な部屋に入ったその瞬間に受けた衝撃も鮮明に思い出せる。
3年前の私が入り込んだそのボルタンスキーの「心」の世界が、今度はパリのメゾン・ルージュで再会できると聞いたので、最終日に滑り込んだ。

クリスチャン・ボルタンスキー「心の記録」展
Photo: Marc Domage

入口でいつものようにチケットを購入し、受付と展示室を隔てる廊下に出るためのガラス張りのドアを開けた。「いつもこんな匂いがしただろうか。」と不思議に思いながら、病院のそれのように、消毒液の匂いがツンと鼻をつく廊下を展示室のほうへ急いだ。
匂い以外はいつもとかわりないこの通路。真っ赤とモーヴ、カーキに塗られた壁。天井に一本、直線に続くネオン。
でも気持ちは高鳴る。そう、もうあの「心」の音がここまで聞こえてきている。ドク。ドク。ドク。ドク。
展示室の前のホールにやっとたどり着く瞬間、びくんと立ち止まった。
「Qui êtes-vous ?」(あなたは誰ですか?)男の声がどこからか私にこんなことを投げる。
悪いことなんて何もしていないのに、どうしてこんなに怖い気持ちになるんだろうか。私は、誰?

クリスチャン・ボルタンスキー「心の記録」展

この廊下は入り口と作品をつなぐただの通路ではなかった。早まる気持ちで進んだ道ももう既に一つの作品だったのだ。

いつまでもここに立ち止まってはいられない。「あなたは誰ですか?」と聞かれたけれど、答える相手は私自身しかそこにいない。

気持ちを整えて、ボルタンスキーの心臓の音が響く「心」のインスタレーションの中に入った。3年前のように、真っ暗な空間の中央で裸電球がたったひとつ、心臓の音に合わせて点滅している。そしてもちろん、私の心臓を震わせるボルタンスキーの「心」の音も。目が暗闇に慣れてくるのを少し待って、奥のほうへ進むと、大小様々なつやつやと黒く光る平面状のものが壁にかかっている。大きさと額縁からして、ボルタンスキーお得意のポートレートだろうな、と思うのだが、目を凝らしても凝らしても、それらはただ黒いだけで何も浮き上がってこない。また、点滅する裸電球がその部屋にあるものを鮮明に見せることを妨げる。壁に沿って進むと、 巨大なアンプにぶつかった。最近のアメリカ人現代アーティストに代表されるような、まるで工業製品であるかのように、清潔さにおいて完璧な作品たちとは両極端に位置する、ボルタンスキーの手作り感たっぷりのアンプと配線。そのボルタンスキーの心臓の音を放出する真っ黒のラップに包まれたアンプ自体が、まるで彼の心臓のように見えてくる。そこから出る規則正しいような規則正しくないような心臓の低い音は、壁や天井のダクトなど、展示室のストラクチャーを震わせ、私たちの体の中を震わせ、壁を越えてメゾン・ルージュ全体を震わせているようだ。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE