フェデリコ・ウルダネータ

PEOPLE

『原点は心をこめて物語を紡ぐこと、音楽をつくること。』

Federico UrdanetaFederico UrdanetaFederico Urdaneta
V&A barney / © Federico Urdaneta

『僕はコロンビアの大学で比較文学を学びましたが、それは初期の仕事とはあまり結びつきのないものでした。卒業後、ニューヨークに住み、パーソンズというデザインの学校でデザインとテクノロジーの修士号を取得しました。音響と映像のインスタレーションを専門にしていて、その頃はずっと、DJをしたり、友人たちといろんなバンドを組んでギターを弾いたりしていました。そこで僕の先生だったザック・リーベルマンが、イタリアに行き、ファブリカという所で仕事をするように勧めてくれました。僕は荷物をまとめてそこで1年間働きました。そしてイタリアの北のほうで、友人とともにインスタレーションや音楽、DJなどをしていました。』

いったいどんな人物なのだろう?彼の名は、フェデリコ・ウルダネータ。コロンビア出身のインタラクティブアーティスト/グラフィックデザイナー/ミュージシャン。現在はフリーランスとしてロンドンに暮らし、様々なプロダクションスタジオとともに展示活動や、ベネトン、MTV、コカコーラ、サムソン、東芝といったクライアントワークに従事している。最新作はイギリス、ヴィクトリア&アルバート美術館に依頼されたプロジェクト、「ファッションVSスポーツ」。

なぜ音響・映像インスタレーションを専門にしようと思ったのですか?


僕は、限られた空間の中で美しい音を奏でられるようなシステムづくりをすることにとても興味があったのです。当時、僕は「自分が作曲するのではなく、他の人が作曲したり音楽を奏でたりできるように環境を整える」ということに夢中でした。時を経て、そのような創作活動に焦点を合わせることは、ある意味で、実際に作曲するよりも近道だと気がつきました。音楽をつくるよりも楽器を作った方がより簡単な場合もあるのです。

はじめての作品は何だったのですか?

5歳の時に書いた物語です。文学の勉強を終えてから、僕はなんだか物語を作ることから遠ざかったような気がしていました。最近になって映画や音楽の仕事を経てようやく僕は、心をこめて物語を紡ぐこと、音楽をつくることという原点に戻ることができました。

それらはすべて繋がっていた、ということですね?

その通りです。でもその前に、コンピュータやソフトウェアといった商売道具の使い方を学ぶのに数年を要すので、その間に自分の技術を高めるためにシステム構築や機械類に興味が向かうのは自然なことだと思います。ようやくあとになって、その道具を使って何かを表現することができるのです。それが「すべては繋がっている」ということになると思います。つまり音楽や映画、音響と映像にまつわるすべてのことは混ざり合っているのです。僕はそこから離れては生きられません。少なくとも、いまは。

Federico Urdaneta
V&A nash / © Federico Urdaneta

ひとつのプロジェクトが与えられたとき、どのように作業を始めるのですか?

それはプロジェクトによります。音響に関するプロジェクトでは、たいてい僕はチームの一員として参加します。そこではひとつのいいアイディアが生まれるまで、何時間もただ話し続けるのです。そして多くの場合、僕たちはアイデアのラフをスケッチして、3Dモデルに立ち上げます。
こうしたチームの中での僕の役割は、インスタレーションの音響的なクオリティに対しての責任を担うことです。時にはインタラクション・デザインをすることもあります。
僕はいつでも、デジタルで作られたものではない「リアルなもの」が大好きです。だから例えばモーターを使って異なる物質との摩擦でさまざまな音色を作り出す、というような物理的なシステムを空間の中に生み出そうとしています。

面白いですね。

そのようなプロジェクトに参加するときには、ファブリカに所属していた経験が役に立っています。ファブリカは見込みのある人材には予算的に優遇してくれたので、僕たちには実験する余裕が十分にあって、計画をバラバラにしてまた組み直す、といったことができました。ポンピドゥーの展示のときには、作業場であるベネトンの倉庫の中に、実際の展示会場の実物大のレプリカを作り、現場の雰囲気をリアルに感じながら作業ができました。信じられない経験です。

Federico Urdaneta
V&A Animation / © Federico Urdaneta

これまでで一番好きな作品は何ですか?

音響のインスタレーションでは、「音の階段」です。とても上手くいき、大好評でした。パリにあります。
映像では、最近制作したビクトリア&アルバート美術館のものです。

Federico Urdaneta
Tuned / © Federico Urdaneta

その2作品はどのように生まれたのですか?

「音の階段」は素晴らしいチームワークの賜物でした。パリで素晴らしい仲間たちと1ヶ月間、生活と創作活動を共にしたのです。僕たちは各々の役割を持ちながらも、すべてを一緒にやりました。
映像作品のほうはどちらかというと個人的な作業が多く、僕はディレクターとして作品を仕上げました。でも、もちろん仕事は一人ではできません。僕の恋人であり素晴らしい写真家、マヤ・フリンクがこのプロジェクトを手伝ってくれました。自分が誇れるものを作ること、それが僕の課題だと思います。

<!–Federico Urdaneta
Tuned / © Federico Urdaneta–>

「音の階段」のチームには、他に誰がいたのですか?

カルロ・ゾラッティ、ダニエル・ハーシュマン、ハンシ・ラバー、アンディ・キャメロン、そして僕の五人です。

Federico Urdaneta
V&A cycle / © Federico Urdaneta

ビクトリア&アルバートの方はどうでしたか?

素晴らしい仲間に恵まれました。キュレーターのリガヤ・サラザーとプロデューサーのルイーズ・シャノンは、ほとんど完璧な自由を僕に与えてくれました。彼らにはアイデアがあり、そのアイデアを実際に動く映像として表現するように僕に依頼したのです。
展示会場の入り口のアニメーションは、ナディン・フレイツァーと一緒に制作しました。ここでもまた、経済的にも安定した援助のもとに、このように大きくて尊厳ある場所のために創作できることは素晴らしいと感じました。

Federico Urdaneta
Remote / © Federico Urdaneta

これからやってみたいことはありますか?

僕は物理的な音が大好きです。デイビッド・ビルネの新作はとてもいいと思いました。名前は忘れましたが、ニューヨークで行われたものです。おそらく他の都市でも演奏されたでしょう。彼はたくさんのモーターにピアノやオルガンといった楽器をつなぎ、家や倉庫など、あらゆる空間全体を楽器に変えたのです。
こういった作品には音楽同様、終わりがないと思います。ビルネが一度この作品を作ったら、それは新しいアイデアのバリエーションを生み出すのです。既に多くの人に作られたものであっても、僕はそれに面白さを見いだすのです。

あなたのインスピレーションはどこからやってくるのですか?

ただ座って音楽を作ります。そして出来たものを聴き、そのはじめのステップに作業を加えていきます。僕にとってインスピレーションとは行動から生まれるものです。

音楽に関して、あなたの独自性とは何ですか?

それは僕がコントロールできるものではありません。そのような独自性は、意識的に加えられるものではないのです。僕ができる音楽の作り方はひとつしかありませんが、音楽そのものはとても抽象的なものです。抽象のなかに存在する自然現象で、もっともアートらしくないものなのです!
音楽は何の真似もしません。そして言語化することが難しく、僕はそこが好きなのですが、それゆえ音楽を商業的な目的で使うことは危険なのです。
でも質問に答えるなら、音楽を商業的にも使うことができる方法を僕はスタイルとして持っています。僕が商業的なプロジェクトを依頼されるのは、そのスタイルのおかげだと思っています。

商業的な目的で映像や音楽づくりをすることと、インスタレーションはどう違いますか?

インスタレーションのために音楽づくりをする時はたいてい、システムや楽器を作ってそれを誰かに演奏させます。自分のセンスによる選択が、音楽のキャラクターや楽器の具合をコントロールしますが、パフォーマンス自体は自分のものではありません。僕のできる最大のことは、楽器を制作することで美しく楽しい演奏を保証することです。
商業用の場合はたいてい、そのまま店頭に並べられるような完成した曲を作りますが、サムソン・サウンドスケープのプロジェクトは前者との中間といえる作品でした。あれは楽器と言うよりも、高精度のプレイリスト、もしくはループシステムでした。

次のプロジェクトについて教えて下さい。

卓球か野良犬に関しての短編映画を作る予定です。

どうして卓球か野良犬なのですか?

卓球は視覚的に大好きなのです。催眠的な感じのリズムがあって、そこが好きです。
あと僕は常に、野良犬は定住しないという事実が気になっています。野良犬がどこへ行くのか、どこから来たのか知りたいのです。

野良犬を追いかけたことは?

一度もありません。

あなたはコロンビアで生まれたのですよね?

そうです。

子どものころの経験が今の自分を決定したと感じますか?

何か特別なものがひとつあるとは思いません。僕はとてもオープンで、アートを尊重した環境で育ちました。とてもいい少年時代を過ごしましたよ。
たしかそのころは物書きになりたかったと思います。

ご両親もアートに興味をお持ちなのですか?

特に何かをしているわけではありませんが、アートが大好きで、何より音楽を愛しています。

Text: Waiming from Unit9
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE