デザイナーの京都議定書「THE DESIGNERS ACCORD」

THINGS

こんにちは!greenzのYOSHです。

2008年は大統領選挙や金融危機など、未曾有の変化の年でしたね。まだ残すところ一月ありますが、洞爺湖サミットやオリンピックさえ、遠い過去のような気になるのが不思議です。よく耳にする京都議定書が、「約束期間」という実効フェーズに入ったのも実は今年の4月のこと。そしてデザイナーの世界でも、デザインの未来を左右するポジティブニュースが駆け巡りました。それが今回取り上げる、”デザインの京都議定書”こと「The Designers Accord」(以下、DA)です。
Designers Accord

デザイン会社IDEOの幹部であるヴァレリー・ケイシーさんの個人的な一念発起から始まったDAは、一言で言えばサステナビリティに関するデザイナー同士のゆるやかな協定です。アドバイザーには、IDEOのCEOティム・ブラウン氏、グリーンデザインのキーパーソンであるコンサルタントのマーク・アルト氏(ニューヨークでお会いできました!)、社会起業家であり『自然資本の経済』の著者であるポール・ホーケン氏などが名を連ねています。(この組み合わせが既にミラクルですね。)

Designers Accord
デザインニュースサイト「core77」と「BUSINESS WEEK」がサービス提供


具体的には、いくつかのガイドラインを守ることを約束することで参加表明でき、こちらのデザイナーディレクトリにロゴマーク付きで掲載されます。ちなみに日本からはMARKUZデザインワークスの一社のみですが、いくつかのデザイン会社が興味を持ち始めているようです。そこでgreenzでは、12月に開催されるサステナブルデザイン国際会議「Destination 2024」でのセッションで取り上げるなど、日本での動きを広めていこうと思っています。ご興味のある方は、ぜひご連絡ください!

5つの約束

では、どんな約束を守らなければならないのでしょうか?さっそく、デザイン会社向けのガイドラインをみてみましょう。(翻訳は、岡本依子さんです)

1. 公にThe Designers Accordへの参加を宣言する。

2. すべてのクライアントと環境に対する影響について、また、代わりになる持続可能的方法についての対話を始める。環境に責任を持ったデザインや業務工程を支持するようなクライアント契約を再作成する。持続可能なデザインのための戦略的、そして、物質的な代替案を提供する

3. 持続可能性および持続可能なデザインに関して、あなたのチームを教育するプログラムに着手する。

4. 会社(オペレーションおよびクライアント業務を含む)の炭素/温室効果ガス・フットプリントを測定し、フットプリントを毎年縮小することを誓約する。

5. 持続可能なデザインのための共有の知識ベースに積極的に貢献することにより、デザインの視点から環境問題についての理解を深める。

ポイントを整理すると、(1)サステナビリティを軸に、デザインプロセスを考えること、(2)自社の環境におけるインパクトを測定し、縮小させること、(3)サステナビリティに関するノウハウを、会社の垣根を越えて共有すること、でしょうか。

(1)に関して、「クライアントとの契約を再作成する」という踏み込んだ内容を見たとき、ゾゾゾと鳥肌がたったのを覚えています。タマゴが先かニワトリが先かの議論を飛び越えて、業界とデザイナーが一緒に変革していく。これはマークが特に強調していたことでした。確かに障壁の高そうなコミットメントですが、目に見える結果としてとても実行力があります。(2)はgreenzでも計測してカーボンオフセットをしていますが、自分を知ることが足元を固めることにつながるでしょう。環境へのインパクトを知ることで、不可逆的に意識は変化します。その意味で、とっかかりの社内教育としても有効かもしれませんね。CO2に関しては、簡単に取り組める事例として、Carbon PASSのような電気代から計算できるウェブサイトが便利です。

Designers Accord
10月にローンチしたコミュニティサイト

そして、デザイン業界の新たなフェーズを予感させたのが(3)です。ちょうど10月にベータ版のウェブサイトがローンチし、さっそくIDEOとOXfamとの協働した「エシカル・コンシューミング」のコンセプトづくりや、同じくIDEOがAdobeと進めているサステナブルなパッケージなどのケーススタディが投稿されています。またフォーラムでは、「What are the most harmful consumer behaviors?」(もっとも害のある消費者の行動とは?)といった投げかけから、建設的な議論が行われているようです。

気候変動に対処するために、もはや残された時間は少ない!という差し迫った理由もありますが、サステナビリティはあらゆるデザイナーが当たり前のように備えているべき基本的知識である、というオープンソースへの戦略の転換が何より画期的ですよね。競争すべきはあくまでインサイトの解像度やクリエイティビティである。何をブラックボックス化し、何をオープンとするのか、次世代のデザイナーのとるべきスタンスが、図らずも問われているのでしょう。

Designers Accord
ヴァレリーさんのウェブサイト

デザイナーのジレンマを乗り越える

まだまだこれから本格化していくDAですが、本当に重要なのは「グローバルな問題は知ってるけど、具体的に何ができるの?」という悩んでいるデザイナーに、一筋の光を灯してくれていることではないでしょうか。その背景には、言いだしっぺであるヴァレリーさん自身が、僕たち自身が感じている同じようなジレンマを抱えていたのです。

というわけで最後に以下、DAのステートメントとも言える「デザイナーのジレンマ」というコラムを抜き出してみました。どこかに心当たりがあれば、そこからがスタートです。

「デザイナーのジレンマとは、発明と改善の間に存在する葛藤です。」

「新しい考えが重要な意味を持つこの転換期に、なぜデザイナーは何もしていないのでしょう?なぜ、デザインは新しい解決策や変化のための計画を手にもって、このムーブメントの最先端にいないのでしょう?多くの意味で、この環境ムーブメントは、広く行き渡ったデザインの考え方によって脅かされているのです。その考え方というのは、持続可能性=停止状態、連携=模倣、と考えるものです。」

「私たちがデザイン上のチャレンジに取り組む時、すべての答えを持っていると主張するのではなく、確実に適切な質問を投げかけるというやり方を取ると同様、環境問題に関してのデザインの方法にも、私たちの方法が間違っていたために、まだ解決方法がないことを認識しなければなりません。私たちは、大改革に固執したため、逆に、改善のための明白な機会を見逃していました。持続可能性に関して急進的な立場を取るためには、今までのデザインの考え方を変える必要があります。私たちの最初のエコ・プロダクトは、私たち自身であるべきです。」

「私たちは競合他社との競争はもうしません。私たちは同じ倫理を分かち合う人々と肩を並べているのです。従来の競争のスタンスをとることは、現在の社会・環境問題を解決するには逆効果です。すべてがつながっている世界で、皆が同じ目的を分かち合っている時、私たちはデザイナーとして、どのようにして個性的な立場を作りたいという深い本能を満たすことができるでしょうか?私たちには新しい戦略が必要です。」

「私たちが知っていることのすべてがひっくり返されました。私たちの信条の基となっていたことのすべてが、新しい光に当てられています。変化は急速に起きています。そして、私たちも素早く行動する必要があります。私たちは、今までの習わし、方法、哲学を再び検証しています。私たちは、お互いに対話を始めました。そして、私たちは、エゴを捨て始めています。」

Text: YOSH from greenz

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE