OVERTURE

PEOPLE

2008年11月より「DOTMOV FESTIVAL 2008」の上映が国内外の会場でスタート。上映作品「Bryum & Kapok: A Memory」を手がけた「Overture」はジェイソン&アヤによるクリエイティブユニット。2004年に東京で結成され、現在はアメリカを拠点にアニメーター、イラストレーターとして活動し、ミュージックビデオ、CM、雑誌、CD/レコードジャケッ ト、Tシャツ、壁画などを制作している。DOTMOVでの上映作品は、ドイツの音楽家Hauschkaとのコラボレーション3部作アニメーションの第一弾。今月のカバーデザインも手がけてくれた、新しい場所を探して旅を続けるOvertureに話を伺った。

OvertureOverture
Bryum & Kapok: A Memory / © Overture

お二人のバックグラウンドについて聞かせて下さい。


私達は二人とも、特にアートスクールなどに通った事はないんですが、子供の頃からいつも何かを作っていました。

ジェイソン:子供の頃、自作のパペットショウを家でやったり、学生時代に舞台の脚本や監督などもやったり、東京に住んでいた頃は、ムーグシンセサイザーで実験POP系音楽制作をしつつイラストも組み合わせて、絵を楽譜にして音楽を作ったり、それが進んで絵本を作ろうとしたりしていました。

アヤ:若い頃は自分で先生を探し、飛び込んでいくような事ばかりやっていました。山の中のアーティストヴィレッジで生活したり、アイスランドの北端の小さな町で壁画制作のお手伝いをしたり、そんなことばかりでした。2001年あたりからアニメーションを作り始め、グループ展などで発表していました。

Overture
Overture / © Overture

それぞれどのような役割で作品を制作していますか?

イラストレーションや壁画など平面作品に関しては、特に分担というものはありません。今回のシフトカバーのように、テーマに沿ったキーワードはいくつか用意する時もありますが、基本的に即興で描く事が多いです。二人とも同じだけ想像し、手を動かします。

映像作品に関しては、今のところストーリーやキャラクターなど基本の世界観は二人で考えて、各自担当のキャラクターを決めて動画を描き、その後ジェイソンがコンピューターへの取り込み作業とタイミング編集、アヤが彩色と背景を受け持つ事が多いです。ただ、これは作品によって変わりますし、今も良い方法を模索中です。

オペラハウスを創造したことが結成のきっかけとありますが、詳しく教えていただけますか?

英文のプロフィールなどにある「Aya and Jason created an opera house〜」という部分ですね。

最初に二人で作品を作り始めた時、それぞれが持つ全く違う2つの世界が融合できる場所が必要でした。そこで創造したのが大きなオペラハウスです。二人のもつキャラクターが演じ、働き、暮らす、このオペラハウスを中心にして段々と二人の持つバラバラの世界が混ざりあい、新しい演目やキャラクターなども数多く生まれました。

これが「Overture」の名前の由来でもあります。オペラハウスの創造から始まった世界を、現実の世界で全て一度に表現するには私達の才能や時間、経済力などによって限りがありますが、例えばオペラ劇の前にその劇全体の性格やあらすじを予告するため最初に演奏される「Overture」(序曲) のように、小さくてもその世界の全体像が後ろに見える様な作品を作っていければと思っています。

これまでの作品や活動について幾つか紹介して下さい。

Overture
Rhubarbidoo / © Overture

・アイスランドのバンドMúmのミュージックビデオ「Rhubarbidoo」ディレクション・デザイン・アニメーション。

Overture
KiraKira cover / © Overture

・アイスランドのアーティストKiraKiraのミニアルバム「minimonster ep」と、アルバム「Our Map To The Monster Olympics」のアートワーク・デザイン。

・米NICKELODEONの子供番組「Yo Gabba Gabba!」”Animals”エピソードのアニメーション「Animal Sounds」。ディレクション・デザイン・アニメーション。

Overture
KASINO A4 / © Overture

・フィンランド・ヘルシンキの雑誌「KASINO A4」「VELI magazine」のイラストレーション。そして、そこに掲載されたいくつかのイラストフォントがドイツの出版社ゲシュタルテンの「Playful Type」に収録されています。

・ロスのPOKETOにてTシャツ・プリントデザインや、Graniph、BEAMS-T、イギリスのFatcat recordsなどでTシャツデザイン。

Overture
Bryum & Kapok: A Memory / © Overture

DOTMOVフェスティバル上映作品「Bryum & Kapok: A Memory」について聞かせて下さい。

これは、歴史や時間から少し離れた所にある、でもどこか懐かしい感じのする森の中に住むふたりのモンスターの物語です。午後、山を囲む静かな森のお気に入りの場所でくつろいで考え事をしている、フワフワで明るい毛並を持つKapok(カポック)と、遠い山岳地帯から、Kapokの住む森が囲む山のてっぺんに移り住んできた、体を緑の苔に覆われた固い肌のBryum(ブリアム)。

3部作の第一弾である「A Memory」は、ハウシュカの「Eltern」という素晴らしい曲と共に、KapokとBryumというそれぞれのキャラクターを紹介しながら、森の中でKapokがBryumを見つける所までのお話です。

ドイツの音楽家Hauschkaとのコラボレーションのきっかけや、現在制作中の作品について教えていただけますか?

昨年の秋、USツアーでアメリカに来ていたMúmに会うために公演を見に行った時、一緒にツアーをしていたのがHauschkaでした。そこで出会った後、私達の作品を見てくれた彼から連絡があり、何か一緒に作ろうという事になりました。それから何度かメールで話し合って行く中で、彼の音楽を使った、ミュージックビデオと短編アニメーションが混ざった様な3部作の映像作品のアイデアが出て、BryumとKapokというふたりのモンスターが出てくる森の中の話にしようと思いつきました。

ブログには、作品紹介だけでなく、日々からの一コマが写真と共に綴られていて素敵ですね。風景は作品に出てくるシーンのようにも見えました。日常の環境や自然が作品に影響されていると言えますか?他に、影響を受けているものはありますか?

日常の環境、特に自然の出来事や在り様には多くの影響を受けていると思います。そして、その時の二人の状況や置かれている場所なども、作品の内容に大きく関わってきます。食べるものや運動量などによっても、作るものは全く変わると最近感じています。

他にも、神話・伝説・民話など形を変えていろんな場所で伝えられてきた話や、たくさんの音楽、そして音楽を自分たちで作ってその中に入る事もインスピレーションを受ける元になります。

様々な作品に、かわいい生き物のキャラクターがたくさん登場していますが、それぞれに名前などはありますか?いくつか紹介してください。

Overture
Chim & Harold / © Overture

チムとハロルド 
チムは砂漠に住み、外気に触れる部分はテラコッタの様な肌を持っています。薬草を摘みながらセサミという名前のバーを経営しています。ハロルドは長い毛を持った、世界を旅するパフォーマーです。行く先々で珍しい物語を話したり、ジャグリングをしたりして生計を立てています。ある日、チムの住む砂漠にハロルドが迷い込み、チムのバーで暮らす事になり物語が始まります。2006年、物語の導入部になる短いアニメーションを作って、大分での個展「SWEAT LODGE」で発表してます。

Overture
Ding Dong Yeahs / © Overture

ディン・ドン・イエァーズ
ヤマブシ茸の素晴らしさを伝えるために作ったキャラクターです。いろんな作品に紛れて登場しています。

Overture
Shift cover / © Overture

今月のSHIFTカバーのコンセプトは何ですか?

「SHIFT」です。人々の意識や価値観が大きく変化(シフト)する時に、心の中に姿を現す”神秘の山小屋”というものをイメージしています。”神秘の山小屋”は、新たな道を探して今までとは違うルートを通る時のスタート地点となる場所です。そこで今までの衣服を脱ぎ、本を置いて、出された食べ物を食べ、地図でルートを確認し、服を着替えて荷物を詰め、入ってきたのとは違うドアから出ていきます。それぞれの人にとっての新しい時代が始まりを告げ、静かにゆっくり、でもはっきりとした変化が訪れた時に見えて来る風景です。転機ですね。

今後の展示や上映の予定など教えて下さい。

現在制作中のHauschkaアニメーションの2作目「Bryum & Kapok: An Idea」が、1作目と同じく、アメリカの音楽情報サイト「Pitchfork」で近々プレミア上映の予定です。3作目は来年の完成を予定してます。

映像・平面作品問わずいろんな企画に参加していきたいです。そして、キャラクターの所で紹介したChimとHaroldの出演する長編アニメーションにも取り掛かりたいと考えていて、現在スポンサーを探している所です。

SHIFT読者にメッセージをお願いします。

Bryum & Kapok: A Memory」見て頂けたでしょうか。今現在、あと2作を制作しています。話の続きが気になった方、何かの理由で気に入ってくれた方、どうぞ楽しみにしててください。感想などもお気軽にメッセージくださいね。ここで見て頂いた事をきっかけに、また新しいプロジェクトやコラボレーションの機会に恵まれたら嬉しいです。作品を見て気になった方はメッセージなどいただければと思います。

Overture
Jason and Aya
overture.image@gmail.com
http://www.opertura.org

Text: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE