MUSIKRAPHICS

THINGS

2008年8月、香港を拠点にしているアート・デザイン系の出版社「ヴィクショナリー」が、CDやDVDのカバーやパッケージ、ポスターなどをコレクションした「Musikraphics」を発売した。

コレクションされた作品自体は、アーティスト自身を撮影したものよりも、アーティストの曲のイメージをうまく伝えることのできるようなデザインをされたものが多い。本書ではイラストレーション、グラフィック、コラージュなどの様々な作風が揃っており、じっくりと楽しむことのできる。

MusikraphicsMusikraphics


本は横220mm、縦235mmの正方形に近い形であり、CDケースを想像するような形になっている。表紙は本書の中でも紹介されているCDカバーのイラストレーション。強い色を使っていて、パッと目に入るイラストレーションは、女の子がヘッドフォンを付けてアーティストの曲を聴いている様子で、表情や雰囲気からどのような曲なのか想像しやすく、曲のイメージを伝えることにストレートな作品といえる、表紙に相応しい作品だ。

Musikraphics

8枚のCDが並んでいる作品「Travel sickness」は、8組のアーティストのCDが並ぶCD BOX。8枚が一面に並ぶというだけでおもしろみのある作品だが、CDにはそれぞれ違った色と形の蝶が描かれており、しっかりとした木製のケースに並び、蝶の標本のように作られてある。

Musikraphics

「Mika: Various」は、アーティストであるMika本人と姉のヤスミンが持ち込んだイラストレーションやアイディアを元に制作された作品だ。カラフルで可愛らしいキャラクターは印象も良く、アーティスト本人の作品からイメージする音楽は実際、曲のイメージとも近いものだろう。

Musikraphics

シンプルなデザインが目に入る「Hajimete no Yano Akiko」は、タイトルの「はじめて」というイメージを純粋な白により表している。白一色しか使われていないが、切り取られた形、そこから見える次の白が美しさとおもしろさを感じさせる。

Musikraphics

「Mr. Children HOME TOUR 2007」は、パズルが付属されている。パズルは、人や音符や植物などの様々な形が組み合わさって完成され、収録曲のイメージに合わせたメッセージを持っている。パズルは崩すこともでき、見るだけではなく触って動かすことのできる、不思議でおもしろい作品だ。

今回紹介した作品は数多くある中の一部の作品であり、他にもコラージュやグラフィックなどさまざまな種類のものがある。CDやDVDのカバーやパッケージデザインは、CDショップなどで普段何気なく見ているかもしれないが、曲のイメージを私たちに伝える大切なものであり、場合によっては曲のイメージ自体も変えてしまうような影響の大きさを考えられる一冊だ。

Musikraphics
出版:viction:ary
仕様:256 pages
言語:英語
発売:2008年8月
ISBN:978-9889822972

Text: Asami Miyamura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE