キャスパー・チャン

PEOPLE

「Disinlok」として知られるキャスパー・チャンは、香港の将来性ある若きアーティストだ。競争が激しいデザイン界において、描写よりも意志を前面に押し出したイラスト・ポートフォリオは、才能を際立たせる。作品は、ロマン主義を伴い、ファッション、イラスト、グラフィック、写真の情熱が重なり合う。ファブリカのツアーで、デザイン学生から強固なアイデンティティを持ったマルチアーティストへと変貌を遂げたキャスパーは、国際舞台での活躍を最終目標としている。

キャスパー・チャンCasper Chan

バックグラウンドを教えていただけますか?


香港工科大学でビジュアルコミュニケーションデザインを専攻していました。卒業後、いくつかのグラフィックデザインスタジオでデザイナーとして働きました。目に見えるものが好きなので、いつも印刷物や出版物に興味を持っていました。今は、地方の出版会社でグラフィックデザイナーとして働いています。

ウェブサイトを拝見したところ、グラフィックデザイン、イラスト、写真、ファッションなど様々な分野の作品を掲載されていますね。ご自身の立場はどのようなものですか?

正直言いまして、自分で立場を決めるのは妙な感じです。グラフィックはやりますが、僕は自分がグラフィックデザイナーだとは考えてはいません。イラストやグラフィックに加えて、ファッションにも非常に興味があります。なので、ファッションをイラストやデザインに統合したいです。ファッションの要素をデッサンやデザインに好んで取り入れますし、グラフィックデザインは僕にとって情熱を表現する媒体にすぎません。

キャスパー・チャン
IT POST Issue 4

デッサンにはどうして夢中になったのですか?

初めてデッサンしたのは大学の最終学年の時だと思います。描いた時には、何も目的がありませんでした。初デッサンで虜になって以来、デッサンすることを止められなくなりました。

キャスパー・チャン
Fabrica project

2007年にファブリカに参加していますね?そこでの経験について教えていただけますか?面白い出来事などありましたか?

最初からとても面白かったです。大学の最終学年のプロジェクトでファブリカについての出版物を出しました。それからある日、Milkxhakeデザインスタジオのディレクターであるジャビン・モーが卒業発表の時に話しかけてきて、出版物をファブリカに送るように薦めてくれました。彼はファブリカでの経験を話してくれて、決心が固まりました。それから、ポートフォリオをファブリカに提出して、トライアルで僕が選ばれたと分かった時には本当に興奮しました。

2週間で数多くの面白いことが起こりました。でも、いつも思い出すのが、イタリアに到着した初日に迷子になったことです。バスに乗ってから電車に乗る必要があったのですが、完全に迷ってしまいました。幸運なことに、尼さんと北京語を話せる女性とカップルが助けてくれて道を教えてもらいました。印象に残る出来事でした。

キャスパー・チャン
Casper and his Fabrica friends

ファブリカでの経験にはどのような影響を与えられましたか?また、何を学びましたか?

ファブリカは「人種のるつぼ」です。様々な国から、様々な言語のデザイナーやアーティストが来ています。しかし、チームとして仕事を一緒にすることに言葉や文化の壁はありません。実際に彼らから異文化を学ぶ機会が得られたことは非常に喜ばしいことでした。この経験はデザインにおいての視野を広げ、僕の作品を国際レベルに引き上げてくれました。

キャスパー・チャン
When I Wear You

現在進行中のプロジェクトがいくつかありますね?それぞれのコンセプトは何ですか?

今、個人的に3つのイラストプロジェクトを手がけています。「When I Wear You」「When I Sing For You」「When I Shine On You」です。コンセプトは3つとも似通っています。「When I Wear You」については、僕がポートレートにしてきた称賛する国際的なファッションデザイナーの方々に対して敬意を表して。「When I Sing For You」「When I Shine On You」のコレクションについては、お気に入りの歌手やファッションモデルを描きたくてはじめました。

作品の大半にフランスの影響が表れていますが、それはなぜでしょうか?

フランスのロマンチックな文化や言葉が大好きなんです。だから、ロマンチックな感情を際立たせるために、少しばかりフランス風味を加えています。いつかまた行ってみたいです。

キャスパー・チャン
T-shirt project with Start From Zero

最近完成したプロジェクト、今取り掛かっている作品について教えていただけますか?

最近、香港を拠点に活躍するストリートアートチーム「Start From Zero」とコラボして、Tシャツを作りました。彼らは、伝説的ミュージシャンであるカート・コーバンのポートレートを描くように頼んできました。僕は非常に興奮しながら、そのプロジェクトに参加し、作品はTシャツ、トートバック、ステッカーに印刷されました。製品は、他の香港や台湾のアーティストが作ったものと一緒に売られています。また、地域雑誌「ミルクX」の「Les Vingt Femmes」と呼ばれるイラストプロジェクトで、20人の母の肖像画を描きました。そのあと、ITポストで最近問題となっている4つのイラストを完成させました。

先週、イタリアのAAAAAAAA出身で、ファブリカで会ったダリアに招かれて、仕立て屋が作る織物プロジェクトに参加しました。彼らは僕のイラストをデニムのプリントの一部として使ってくれました。気の合う仲間とワクワクする企画に取り組めることは、僕がずっと楽しみにしてきたことでした。

イラストレーターとして、香港のイラスト状況をどう見ていますか?香港のイラストレーターでお気に入りの方は誰ですか?

日本と比較して、香港での市場は非常に狭いものです。多様なイラストが日本市場には数多く存在していますが、一般的に、香港の人々よりも日本人の方が受け入れる土壌を持っています。だから、香港でフルタイムでイラストレーターをしていくのは非常に厳しいと思います。お気に入りのイラストレーターはテッド・ユンです。彼のイラストから多くの香港の古い文化が見てとれますし、そこから度々ヒントをもらっています。

将来のゴールは何ですか?

いつか外国に住んで作品を作りたいです。今のところ、それが僕の一番の夢です。きっとエキサイティングな経験になるでしょう。それから、数年後には自分の仕事場を持ちたいですね。

Text: Justin Tsui
Translation: Kazunari Hongo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE