ビクトリー・ガーデンズ 2008+

HAPPENING

『アイデア畑を耕したい。』約10年前、フューチャー・ファーマーズのエイミー・フランセスチーニに将来の夢を聞いたところ、そう答えたことを今でもよく覚えている。そして今、エイミーが耕しているのは、アイデアという肥やしをたっぷり含んだ土。そこから育つのは、美味しく実る野菜や果物、そしてその循環を促す種。そう、本当にエイミーは、拠点とするサンフランシスコで土を耕し、食べ物を作っている。家庭菜園という枠を超えて、地域で取り組む「ビクトリー・ガーデンズ 2008+(Victory Gardens 2008+)」というプロジェクトを紹介しよう。

ビクトリー・ガーデンズ 2008+ビクトリー・ガーデンズ 2008+
Garden Trike


「ビクトリー・ガーデンズ2008+」(VG2008+) は、エイミーが発起人となり、1年前に「ビクトリー・ガーデンズ2007+」として開始した2年間の試験的プロジェクト。庭、窓辺のプランター、屋根の上や使用されていない土地を利用してオーガニックフードを育て、地元産の食料の供給を増やし、他からの食料の運搬距離を減らそうというもの。庭師やそのボランティア等で活動する団体「Garden for the Environment」とサンフランシスコ市の環境局とのコラボレーションワークだ。

ビクトリー・ガーデンズ 2008+
Bikebarrow and Pogostick Shovel

もともと2006年秋にエイミーが手がけ、後にサンフランシスコ現代美術館の2006年度SECA賞を受賞した作品をベースに発展したVG2008+だが、「ビクトリー・ガーデン(Victory Garden)」の歴史は60年以上も前に遡る。家庭菜園を意味する「ビクトリー・ガーデン」は、食料不足になりがちな第一次、および、第二次世界大戦時に、食料供給を確保するために、私有、公共問わず空いた土地を利用して野菜や果物、ハーブなどを育てた菜園を指す。「戦争ガーデン」「防衛食料ガーデン」などとも呼ばれ、アメリカでは2000万もの「ビクトリー・ガーデン」が誕生、国内の野菜生産量の40%もカバーした。VG2008+プロジェクトの拠点、サンフランシスコでは、ゴールデンゲートパークがこの「家庭菜園」に利用されたという。

VG2008+では、平行していくつかのプログラムが進行中。自分の持つ裏庭が茶色く寂しい様子なら、「バックヤード・ビクトリー・ガーデンズ」に申し込むといいかも。このプログラムでは、サンフランシスコ市内に15件の試験的ガーデンを設け、オーガニックフードの生産を試みる。都市部での食料供給の実現もさることながら、生産者の育成にも貢献する。この15の「家庭菜園」は、ビクトリー・ガーデンズのスタッフによるサポートつきで、複数年に渡りこの実験に参加していくそう。
VG2008+を実際に目で見て確かめたいなら、「デモンストレーション・ビクトリー・ガーデン」を見にいくと、もしからしたら素晴らしい発見をするかもしれない。ヘイト・アシュベリー地区に位置する「Garden for the Environment」内の敷地にあるオーガニック菜園から、都市に広がる小さな家庭菜園の可能性を見つけよう。

ビクトリー・ガーデンズ 2008+
City Hall Victory Gardens

「市庁舎ビクトリー・ガーデンズ」は、VG2008+とスローフード・ネイションの共同プログラムでこの夏スタート。60年前のビクトリー・ガーデンと同じ場所、サンフランシスコ市庁舎前に、大規模な庭園を作る。サンフランシスコの土地柄にあった様々な種類のオーガニックな作物が、いくつもの円形に象られた庭を緑に彩り、様変わりした市庁舎前のその見事な景観は見る人を圧巻するほど。都市と食料生産の新しい関係を模索する第一歩だ。

ビクトリー・ガーデンズ 2008+
Planting Party

VG2008+が目指すのは、地元型食料生産コミュニティー作りだ。多くの燃料を消費して遠くから運ばれてくる高価な名産品を食べるということを、見直していくことは、CO2削減という観点からだけでなく、私たち人と、人が生きていく上で必要な食べ物の関係、そのあり方を真剣に捉える絶好のチャンスかもしれない。

ビクトリー・ガーデンズ 2008+
Victory Gardens 2007+ Seed Library

エイミーから『アイデア畑を耕す』と聞いた時、牧場のような広大にひろがる大自然の中でテクノロジーを駆使して作品を作っているフューチャー・ファーマーズの未来をひとり想像したのだが、全くの逆だった。都市の中で自然というものの一部である作物との関係性を創造、実践していく。それがこのプロジェクト、ビクトリー・ガーデンズの原点だ。今後、アイデア畑からどんなものが生産されるのだろうか、楽しみに期待しよう。

サンフランシスコ近代美術館で展示された「ビクトリー・ガーデンズ 2007+」や、60年前のビクトリーガーデンの様子を伺い知ることのできる、エイミー・フランセスチーニによるビクトリー・ガーデンの記録本「Amy Franceschini Victory Gardens 2007+」が「Gallery 16」よりリリースされている。

Amy Franceschini Victory Gardens 2007+
価格:25USドル
仕様:102ページ、ハードカバー、8.25 x 11.25インチ
出版:Gallery16 Editions
ISBN:978-0-9777442-6-8
http://www.gallery16.com/

Text: Mariko Takei

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE