アネット・メサジェ展

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

聖と俗の使者たち。

「フランスを代表する女性アーティスト」。アネット・メサジェを語る時、枕詞のように付けられる説明だ。そんな肩書きに少し構えてしまっていたが、実際に作品を見ると、今年65歳だとはまったく思えないほど若々しい感性に驚く。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
《残りもの(家族II)》/2000年/布、布製玩具(外側)、縄/300×540cm/ヴァル・ド・マルヌ現代美術館蔵

ぬいぐるみ、動物の剥製、鏡、毛糸…。素材はほとんど身近なものだ。『ぬいぐるみは、性別がなく、形が柔軟だから好んで使っている』と作家が言うように、 メサジェの作品は、特定の人物、文化、人種、国籍、性別に寄るというよりは、私的な興味や体験から社会の普遍性を描き出している。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
《コレクターの秘密の部屋》

日常にある身近な素材を使い、ユーモアと恐怖、清らかさと邪悪さ、現実と空想、人間と動物、生と死といった相反するものや多様な視点を自由に行き来するその様は、軽やかで、少女のようにピュアでありながらどこか危うい感性を持ち合わせているように感じられる。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
槍/1991-1993年/槍、色鉛筆とパステルの素描、ガラスカバー、オブジェ、布、ナイロンストッキング、紐、ぬいぐるみ、色鉛筆/サイズ可変/Collection Musée national d’Art Moderne, Centre Pompidou, Paris

機械仕掛けの大掛かりなインスタレーションから、小さな手仕事のオブジェまで、作品のスケールに違いはあれど、どの作品にも共通して彼女独特の”遊び”が 隠されている。それは言葉遊びだったり、役割を演じるゲームだったり、空想の物語だったりしていて、見ていて飽きない。また、その独自のユーモラスさがメサジェの作品が様々な人に受け入れられている要因だとも言えよう。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
《彼らと私たち、私たちと彼ら》/2000年/鏡、剥製動物、布製玩具/サイズ可変

展覧会のタイトル「Annette Messager: The Messenger(日本語の題は、アネットメサジェ:聖と俗の使者たち)」はメサジェという苗字がフランス語でメッセンジャー、つまりメッセージをもたらす人を意味することから付けられた。アートを伝える使者としてのメサジェは『芸術には答えがない。あるのは問いだけだ』という。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
ドレスの物語/1990年/洋服、写真、素描、紐、ガラスケース/サイズ可変

様々な問題を抱えて閉塞感が漂う現代社会。そんな中での昨今のアートブームは、多くの人がアートに個人的な問題や社会的な問題の答えを求めていることに起因するようにも感じられる。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
《キマイラ》/1982-1984年/アクリル、油彩、白黒写真、メッシュ、壁にアクリルペイント/サイズ可変

しかし、芸術は答えを持ち合わせない。“問い”のみがある。とアネットメサジェは言い切る。結局のところ、答えは見る人自身の中にしか存在しないのだ。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
《つながったり分かれたり》/2001-2002年/コンピュータ、布製自動人形、縄、滑車、電動機、ケーブル、木製槍、布製玩具、布製柱と柵/サイズ可変/Collection Musée national d’Art Moderne, Centre Pompidou, Paris

この展覧会は、個人的な問題を社会の問題にし、また社会の問題を個人的な問題として、見る人それぞれがアネットが出す“問い”の答えを考えていく。そんな プラットフォームとしての重要な役割を担っていると感じた。どんな人でも、ハッとするそんな“問い”がたくさん詰まっているのだ。

アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち
会期:2008年8月9日(土)〜11月3日(月・祝) 会期中無休
時間:10:00〜22:00(火曜10:00〜17:00)※入館は閉館の30分前まで
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53 階) 
住所:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー(53階)
入館料:一般 1500円、学生 1000円、子供(4歳以上−中学生)500円
主催:森美術館、ポンピドゥーセンター・パリ国立近代美術館、朝日新聞社
後援:フランス大使館
助成:CULTURESFRANCE
協賛:株式会社大林組
協力:日本航空、ニコラ・フィアット、ボンベイ・サファイア
日仏交流150周年記念公認イベント
http://www.mori.art.museum

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE