コージーダン

PEOPLE

彼ら独特のおかしな宇宙は、見る人を二次元へ惹き付ける。
Kozyndan
彼らは若く、そして熱い。愛に忠実であり、羨ましいほど才能に溢れている。時には我々に吐き気を催させることもある。90年代後半に彼らのクリエイティブでロマンティックな結びつきがスタートしてから、商業的でビッグなクライアントや膨大な量のエキシビジョンを経て、何とも言えない魅力を放つコージーダン(Kozyndan)のシュールレアリズムの世界は、ファインアートとコマーシャルな分野に橋を架けてくれた。

Kozyndan
© Sean Marc Lee


広く評価されているコージーダンの超リアルなパノラマを描く特殊なデジタルペインティングは、現代の日常生活を特徴づける人々とテクノロジカルな過負荷を表現している。彼ら独特のおかしな宇宙は、ゾッとするようなシュールなキャラクター群を迎え、見る人を二次元へ惹き付ける。そこでは、日本人のビジネスマンが灰色のクマとバーを共にし、かわいらしいバニーフィッシュは空を飛び、そして巨大なピンクのウサギたちはタイン川で戦う巨大ロボットたちを眺めている。
アムステルダムにオープンしたマクサロット・ギャラリーの門出を祝うべく、展覧会「Beneath the Surface」を開催するために彼らは初めてオランダに足を踏み入れる。

Kozyndan

Little Crunches of Tiny Feet

まずはじめに自己紹介をお願いします。

ダン:僕はカリフォルニアのオレンジカウンティーで育ちました。カリフォルニア州立大学のフラートン校で、あまりいい成績とは言えませんでしたがイラストレーションを勉強しました。そこのペインティングのクラスでコージーと出会ったんです。

コージー:私は18歳まで日本の山梨県、富士山のすぐ近くで暮らしていました。その後渡米し、カリフォルニア州立大学フラートン校でアートを勉強しました。

Kozyndan

Pacific Drift, for the “Beneath the Surface” exhibition

最近面白かったプロジェクトについて教えて頂けますか?

コージー:昨年は様々な展覧会の為のペインティングに費やした時間が多かったので、今年はコンピューターに戻り、フォトショップを使って絵を制作したいですね。特に、現在進めている途中のパノラミックシリーズにまた取りかかりたいです。私達のリビングルームのパノラマのイラストが、初めて一緒に制作した作品だったんです。それからこのシリーズを展開するようになりました。いつかこのシリーズを大きな本にできればと思っています。5月29日にアムステルダムのマクサロット・ギャラリーで私達の展覧会が始まるのですが、2006年に始めてから初のフルサイズのパノラミックイメージ(これが今回シフトのカバーで使われているもの)を展示することになるんです。恐らく今まで展示したパノラミックの中で一番大きなサイズになると思います。2ヶ月以上も完成にかかりましたが、非常に満足のいく仕上がりとなりました。珊瑚礁を仕上げるのに5週間程かかりましたが、そういったうんざりするような細かな作業を大きなサイズで見てもらえることが嬉しいですね。

ダン:バルセロナのヴァレリーというギャラリーショップで6月19日から始まる展覧会で展示される、同じ珊瑚礁を使った全く違う作品を完成させたところです。この展覧会の他にも、ヨーロッパのシューズショップ「フットロッカーズ」でこの春注目されているPUMAのクロージングラインに関するプロダクト等を手がけています。僕たちの手がけたおもちゃもこの秋、もしくはもう少し早めに発売される予定です。バニーフィッシュという僕たちがここ数年使っているキャラクターをベースに2種類のおもちゃを作りました。この名前で何となく予想がつくでしょうが、その名の通り半分がウサギで半分が魚のキャラクターです。
手編みバージョンも作っているのですが、トラディショナルなプラスティックのミニフィギュアも「Get Small」というアーティスト・トイシリーズが「アッパープレイグラウンド」からリリースされています。いつ完成するかはわかりませんが、バニーフィッシュに関する本も制作途中です。

Kozyndan

Puzzling Inside and Out, for the “Beneath the Surface” exhibition

コージーダンにとって、典型的な一日とはどのようなものですか?

ダン:うーん、それはなかなか難しくも素晴らしい質問ですね! よくわかりません。僕たちの日常はおかしいことだらけなので。

コージー:そうですね、何が典型的というと難しいですね。仕事をしているか、そして何の仕事をしているかによりますね。

ダン:だいたいは、コージーの起きる数時間前に僕は起きてますね。ネットサーフィンをしたり、朝食を探しまわったり、メールを書いたりして朝はゆっくりスタートするのが好きです。そしてコージーが10時からお昼までの間に起きてきて、お昼頃にジムに行ってランチを食べるのが基本です。そしてどちらかが何か用事を足しに行きますね。銀行や郵便局に行ったり、ポスターにサインをしにちょっとオフィスに戻ったり、といった感じです。基本的にはランチの前にアートに取りかかることはありません。そして夜中の3時ぐらい迄でしょうか、たくさんのテレビ休憩を挟みつつ、インターネット(旅行のプランやポルノのリサーチ等)、ビデオゲーム、ディナー、そして何かしらぐずぐずと先延ばしにしていることなど、いろいろ考えながら仕事をします。締め切りが近いときはとにかく疲れるまで働き通します。最近はその時かけているオーディオブックを聞きながら、そのままヘッドフォンをつけっぱなしで寝ていることが多いです。

Kozyndan

Ueno Ghetto, for the “Beneath the Surface” exhibition

現在のホームタウン、ロサンゼルスの今のデザイン、アートについてどう思われますか?

コージー:素晴らしいと思います。才能も豊富にあるし、デザイナーやイラストレーターに必要な量の仕事もあると思います。良質なアーティストのための活気のあるギャラリーをサポートするお金もありますしね。景気もいいし、世界のエンターテイメントの中心としてクリエイティブな人々が引き寄せられていると思います。アーティストにとっては、とても良い環境でしょう。

ダン:変わった街だけどすごく居心地がいいんです。貧富の差や文化の違い、民族問題などで人々は分けられているんですが、みんな一緒に混ざっているんです。不思議なものの繁殖地のような場所、と言えばいいのでしょうか。そしてすごく街が広く感じます。良い交通手段は無いとしても、僕たちの知っている街のなかでは一番の広さだと思います。物事はその広さ故に少し隠れてたり、表にでていない感じがして、まわりの同じようなことをしている人々の影響を受けずに自分のやりたいことをやれる環境だと思います。こういった孤立感が僕は好きなんです。この土地で作られた様々なものにそういう余裕があると思います。僕たちはあまり最近のデザイン、アートシーンについて行こうという姿勢ではありませんし、アート関連のオープニング等に顔を出すよりハイキングをする方を好んだりしていますが、この土地の友人達の作品とそのクオリティ、そして彼らの成功から、ロサンゼルスはとてもクリエイティブで、活気に満ちあふれていると言えるでしょう。

Kozyndan

Small Town Lovers

影響されたデザイナー、アーティスト、本などは何かありますか?

ダン:いつもこの質問は難しいですね。僕たちのスタイルがどこから来ているのか、どういうアートが好きだ、ということをあまり考えたりしないので。最近好きなアーティストは、僕達がすでに一緒に仕事を始め、スタイルが確立された後に発見した人々ばかりです。ただ、東京のミヅマアートギャラリーで展示されているアーティスト達は本当に素敵な人ばかりで、山口晃、会田誠、近藤聡乃、 青木京太郎などが好きです。一風変わった、細かい複雑な作風を好む僕達ですが、これらの人々の影響があると言えるかどうかわかりませんが、今とてもお気に入りのアーティスト達ですね。

コージー:漫画家のジョーダン・クレイン、クリス・ウェア、ウィンザー・マッケイ や、絵本作家のデューギン&デューギナー、ワンダ・ガアグ、デイヴィッド・ウィーズナーなどの作品もお気に入りです。そして何よりも、私の人生は音楽に影響を多く受けています。食べること、息をすることが必要不可欠のように新しく挑戦的な音楽が私には必要なのです。私達の作品自体は動物や自然界からの影響を受けたものがほとんどで、そうでないものを探すのが難しいくらいです。仕事をしていないときはハイキングやスキューバダイビング、動物園に行くことを楽しんでいます。

ダン:そうそう、昨年彼女はスキューバダイビングを始めてかなりハマってしまったんです。沖縄、タイ、ハワイ、オーストラリアに行ってきて、そのため水場でのバニーフィッシュの作品がほとんどになってしまったんです。

Kozyndan

Kin-san’s Business Trip

デジタルペインティングのテクニックを教えていただけますか?

ダン:特になんてことはない、最初に大学のデジタルイラストレーションのクラスで学んだテクニックを使ってるだけなんです。単純に絵をスキャンして、タブレットを使ってブラシツールでペイントするだけの、他のイラストレーターや、今描かれているコミックと何ら変わりのない技術です。フォトショップも単純に使いますし、トラディショナルな方法(たまにしか使いませんが)でペイントするのと大差ない程度です。特別に何かするといえば、インクを使うよりも鉛筆で下絵を描く事でしょうか。ライン・ワークにはベクター・グラフィックかインクをたまに使用しますが。鉛筆はデジタルにペイントされても、作品にどこか自然な乱雑さを与えてくれるんです。

SHIFTの今回のカバーデザインのコンセプトについて教えて下さい。

コージー:スキューバダイバーのように、海の健康を意識するようになったんです。基本的に私達人間は過剰な釣りや汚染、地球温暖化などで海を殺しています。この作品のアイディアは、太平洋に浮かぶ大量のゴミに関する記事をたくさん読んだことからきました。太平洋の真ん中は北太平洋還流といって波があまりなく、そのためアジア各地や北アメリカからのゴミがここに集まるのです。海の表面はごみで埋め尽くされプラスチックだらけだそうです。人間の消費したゴミで埋め尽くされた海の中をスキューバダイビングして珊瑚を見るなんて、とても恐ろしいことだと感じています。

ダン:僕たちのパノラミックイメージのほとんどは自然と近代的なテクノロジーの世界の関係についてです。自然が都会のジャグルを取り戻す試みのもと、都会の空間を侵略しているのでは、と普段から想像しています。この考えを通して、これらの珊瑚を侵略してるゴミのモンスター達が自然と頭に浮かびました。バニーフィッシュはこれらのゴミの海獣と戦うために出てくるんです。そしてバニーフィッシュはマウスピースのようなものに進化するんです。新しい文化、旅をすること、良い食事、エコロジーなど、私達にとって大切なものを守る為に。ゴミのような人類は海に放り込まれ、それに対して戦うことは自然な選択なんです。ただの面白おかしいイラストですが、ある意味これはプロテスタントな作品とも言えるでしょう。こういう様なトピックを、子供じみたようなコミカルなタッチで提案するのが好きなんです。

Kozyndan

The Battle on the River-Tyne (Ootside! Yeandme!)

ビジネスパートナーと結婚していることの利点は何でしょう?

ダン:セックスブレイクがあること!

コージー:もし反対することがあって、頬を叩くことがあっても特に不安を感じません。結婚していたらそれは避けられませんしね。

ダン:真面目な話だけど、僕達に他に道はないんです。大学でコージーダンとして一緒に活動してきましたし、自然とこうなったんです。いつも一緒だし、キャリアや関係に結びつきがあることにとても慣れていることが普通なんです。大体の時はとてもスムーズにいろいろなことが運びます。

次のプロジェクトのラインナップはどのようになっていますか?

ダン:何も無いことを祈ってます! 少し休憩したいと思っているところです。といっても多分しないでしょうが、今月の2つの展覧会の後、今年いっぱいはとりあえずスケジュールはいれてません。エキシビジョンの締め切りを気にしなくていいよう、沖縄に一ヶ月か二ヶ月ほど作品を制作しに行く予定です。

コージー:いくつかのアートブックのプロジェクトが進行中です。それらに取り掛かり、本ももっと出版したいですね。それらを終わらせるために展示は少し休憩に入ると思います。

最後に読者にメッセージをお願いします。

コージーとダン:人生を楽しんで、世界と人々に優しくいてください!

KOZYNDAN “BENEATH THE SURFACE”
会期:2008年5月30日〜6月14日 木曜日〜日曜日 12:00〜20:00
会場:マクサロット・ギャラリー・アムステルダム
住所:191 K Lutmastraat, De Pijp, 1074 TV Amsterdam
TEL:+31(0)6 3434 6031

Text: Lotje Sodderland from Maxalot
Translation: Junko Isogawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE