NIKE 公式オンラインストア

ジョー・クラウゼル

PEOPLE

音楽プロデューサー、ジョー・クラウゼル。ニュー・アルバム「Corresponding Echoes」のリリースに合わせ来日ツアーを行った彼に、アルバムについてはもちろん、音楽についての考え方、そのルーツなどについてインタビューを行った。

ジョー・クラウゼルジョー・クラウゼル

日本ツアーはいかがですか?

すごく順調にいっているね。まず初めに札幌の「フィルモアノース」というクラブでプレイしたんだけど、ミキサーを使わず2台のターンテーブルのみでプレイという、初めてのスタイルをやってきたよ。ひたすらレコードをスイッチするという今までにない経験で、サウンドシステムも素晴らしく良かったよ。全てにおいて良いツアーのスタートだったね。

今年6月に東京・西麻布にあるクラブ「イエロー」が閉店してしまうのはご存知でしたか?

うん、かなり寂しいね。イエローはもうここ12、3年もの間、東京のホームみたいなところだったからね…。

今年3月に発売された新作「Corresponding Echoes」について、簡単にコンセプトを教えて頂けますか?

このアルバムのコンセプトは、「Un.chained Rhythums」というシリーズの一作品として、「Un.chained Rhythums」はトレンドや商業的な要素を一切気にせず、自由に作り上げてきたプロジェクトで、実はこの「Corresponding Echoes」を最後に、このプロジェクトは最終章(最後のアルバム)となっているんだ。

「Corresponding Echoes」の制作期間はどのくらいかかりましたか?

アルバムそのものは一年くらいかけて作ったよ。言うならば、音楽のダイアリーのようなもの。だけどこの「Un.chained Rhythums」というプロジェクト自体、もともと決まったプランの元に進んでいたわけではなかったので、全てのプロジェクトをまとめると数年はかかったけどね。

ご自身のレーベルである「Spiritual Life Music」の最近の活動は?

「Spiritual Life Music」からは長い間新作のリリースはしていないね。だけど今も新しいコンセプトなどについて動きはあるよ。今現在は別レーベルの「Sacred Rhythm Music」の元でメインに活動していて、「Corresponding Echoes」もその「Sacred Rhythm」からリリースしたんだ。「Spiritual Life Music」は言うなれば、新しいコンセプトの構想中で、「Sacred Rhythm Music」が現在のメインレーベルになっているんだ。

ジョー・クラウゼル

ご自身のバイオグラフィーやサウンドに触れてみますと、「スピリチュアル、宇宙観、宗教的」と言ったワードが感じ取れるのですが、ご自身の音楽観において何か強い概念を持って制作しているのでしょうか?

ただ単純に、私が深い音楽の知識の元で育てられたからだと思ってて、両親からの教育やしつけもそうだけど、音楽を聴くという行為そのものを、とても自然に受け入れてきた。そしてその深い感覚経験の元、音楽を感じ、聴き取るという能力そのものが身に付いたんだ。
また音楽はこの世界において、とても力強い存在であるとも思うね。それは無限であり、宇宙空間の一部分であるとも…。リズムという音楽は偶然には生まれないと思うし、それはもっとコズミック(無限な)ものであると思う。
スピリチュアルな面で言うと、音楽というものは、私たちがこうあるべきであるという「真実のメッセージ」であり、音楽こそ人々をつなぎ、私たちの思いをつなげてくれる存在だといつも思う。

ご自身の音楽制作において、インスピレーションを与えられた人やものはありますか?

それは「ライフ(人生)」「人生の勉強」だね。
「音楽を作ることがかっこいい」なんて今まで思ったことは全くないからね。音楽を作る、それはただ偶然的に起こった事で、今まで一度も「DJになりたい!プロデューサーになりたい!」なんて思ったこともない。全ては偶然に、自然な流れで今まできました。
そして私は音楽というものをとても真摯に、真面目に受け止めている。音楽を宗教や礼拝などと比べると、宗教もある意味人々を呼び集める行いかと思うけど、実際ではそうではなく、多くの人種差別も伴うと思うし。

だけど音楽は違う。音楽を通じ、わたしたちは橋のような役割としてあらゆる文化や人種を繋げることができる。音楽には宗教よりも強大なパワーがあると思う。そして地球のリズム、鼓動というものが、我々のつくる音楽そのものだと思っている。耳で聴き、肌で感じる、それが私の作るミュージックスタイル。私達は音楽というリズムに囲まれて生きていてそれは同時に音とリズムというものが我々の住む地球において、支配的なパワーを持っているということだと。

ご自身が全く音のない、無音状態で生活することを想像できますか?

想像はまずできないね。音がない状態でも私達はサウンドを持っているから。
この世界で何処にもないでしょう、我々がリズムというサウンドから逃避できる場所は…。

ご自身が初めてプレイしたDJパーティーのことを教えて頂けますか?

たしか17、8歳くらいの頃、生まれ育ったニューヨークでだった、友達と一緒にDJ機材をそろえて結婚式のような特別なパーティーでプレイしましたね。誰かが僕らをDJとして雇ってくれたんでね。

でも初めてDJプレイを見たというのは、クラブのような所では一切なくて、それもまた自然な引き合わせだったんだけど…。昔、兄と一緒にブルックリンの「ブラック・アソシエーション」という団体に関わっていて、近所の人たちと一緒にストリートパーティーなどをしていたんだ。そして兄が当時、パイオニアのSX1010 レシーバー、Techniquesのオリジナル1200ターンテーブル、そして一組のスピーカーをストリートに持ち出してきてね。これが生まれて初めてのDJプレイを見る、そして周りのみんなが踊っている姿を楽しむという経験だったね。

そして両親の存在というのも、自分が音楽へのめり込む大きな影響を与えたと思う。
実は「Corresponding Echoes」のジャケットに、私の母の写真が使われていて、彼女がまだ10代だった頃のもので、ステレオの前でレコードを持っている写真は「Sacred Rhythm Music」のロゴにもなっているんだよ。これらすべてが私の音楽的ルーツと存在を示しているんだ。全ては幼い頃からの教育から、そう家族の中から生まれてきたんだ。質問の答えに戻るとなれば、私が今こうやってここにいてインタビューを受けているのも全て自然な流れ。そんな思いで私もいつも音楽に接し、また音楽を作り続けている。

ジョー・クラウゼル

現在のニューヨークのミュージックシーンはどうですか?

正直なところニューヨークのみならず、特にミュージックシーンというものに関心が薄れてきているんだよね。でも昔ほどエキサイティングな感じではなくなってきていると思う。レギュラーパーティーとしては 「Sacred Rhythm Music」名義でニューヨークのウエストヴィレッジにある「LOVE」というクラブで月2回パーティーをやっている。サンデーアフタヌーンにね。

なぜサンデーアフタヌーンパーティー(日曜午後に開催)にこだわるのですか?

ただ単純に自分にとって楽だから。
「Body & Soul」の時からだけど、朝の3時にクラブへ行きプレイするという事にもうエキサイトメントを感じなくなってきてるんだよね。ラウドミュージックにタバコの煙も蔓延してるしね。そう考えると日曜午後の方が自分にとってはるかに良いんだよ。深夜前に終わり、ちゃんと寝て週始めに備える、よりピースフルだね。 5月18日(日)には「Body & Soul」としてまた東京へ帰ってくるしね。そして翌25日にはニューヨークで、その後はシンガポール。

日本のファンやクラブのオーディエンスをどう思いますか? 他国のファンと違いなどはありますか?

日本のオーディエンスはいつもとっても情熱的だよね。プレイする街によって彼らのオーラや音に対するリアクションも違うしね。例えば東京のオーディエンスはかなりエネルギッシュだし、一方札幌の人たちはもっとリラックスしている雰囲気だよね。でもみんなかなりパワフルっていう意味では共通しているね。

昨今、CD/レコード売上が激減し、代わりにmp3に代表されるようなデジタルネット配信が盛んですが、そのような変化についてはどう思われますか?

音楽業界はミュージックについてではないんだよ。業界の人間は「音楽」についてそれほど気にもしていないからね。彼らにとっては単にビジネスに過ぎないと思う。レコードは明日にでも消えうるし、mp3だって同じ事が言えると思う。業界としてはとりあえずいかにして金を稼ぐか、そのことの最善策ばかりをいつも考えていると思う。だからこそ新しいものにすぐ飛びつくし、音楽とは関係のないものまでもね。全ては彼らにとっていかに新しいテクノロジーを見つけるか、っていうことだと思う。
こういう現状だからこそ、セールスっていう意味では上手くいかない状態が続いていると思う。音楽というものに絶対的に必要なパッションやエナジーがまったく無くなってきているからね。もし音楽業界の人間が真のミュージックというものを信じれば、セールスだって絶対上がって行くはず。

このインタビューに非常に誠実に答えてくれてありがとう。そして、独自のスタイルを貫き通し、世界を移動するジョー・クラウゼル。彼の音楽を信じる姿勢から発せられる言葉は、ジャンルの壁を越えて多くの人間が理解できるであろう。

Corresponding Echoes
発売日:2008年3月26日
レーベル:Sacred Rhythm Music

Text: Yasuharu Motomiya, Naoko Kawaguchi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE