リヨン・ビエンナーレ 2007

HAPPENING

ラスパイユが提示した「時間」を主題とする三部作の最終章。

リヨンビエンナーレ 2007
ジョシュ・スミス「Sans titre」2007

リヨン現代美術館のディレクターであるティエリー・ラスパイユが、1991年から始めたリヨン現代美術ビエンナーレが2007年で9回目を迎えた。フランスでほぼ唯一国際的知名度を持つこのリヨン・ビエンナーレ。2003年の「明日が到着した。」と題された「未来」、2005年の「継続の体験」と題された「過去」に引き続き、ラスパイユ氏が提示した「時間」を主題とする三部作の最終章である今回は、「現状の考古学」を行うという試みがなされた。
その「現在」をテーマとするビエンナーレのために、アーティスティック・ディレクターであるラスパイユ氏によって選ばれたキュレーターは、 1967年生まれのステファニー・モワドンと1968年生まれのハンス=ウルリッヒ・オブリストの二名。

00 S – L’HISTOIRE DE DECENNIE QUI N’EST PAS encore NOMME / (未だ)名付けられていないこの10年間の歴史」というタイトルの元、まだ終わってもいない2000年からの10年間の歴史を名付けようというあまりにも大それた試みである。今回のビエンナーレは二人の企画者によって提示されたゲーム。このゲームの参加者には過去10年を定義することが依頼された。ゲームはモワドンとオブリストによって二つ用意され、どちらのゲームも参加者が出せるカードはたった一枚。チャンスは一度だけ。


第一のゲーム参加者となった49名に及ぶキュレーターや美術批評家は、あるひとつの質問に答えなければならない。「あなたにとって、過去10年で最も重要な位置を占めるアーティストまたは作品は?」

リヨンビエンナーレ 2007
フー・ファンによって招待された曹斐「The Nu River Project」2007

リヨンビエンナーレ 2007
ジョヴァンニ・カルミンによって招待されたノーマ・ジーン「Potlach 11.1 / The dead end strategy」2007

アーティスト一人の一作品を提示してきた多くのキュレーターの中で、ステファン・カルマーは、2000年から発行されているグラフィックデザイン関連の雑誌「Dot dot dot Magazine」をこの10年を代表するアートだとした。

リヨンビエンナーレ 2007
ティルダッド・ゾルガッドによって招待された「Museum of American Art」

また ティルダッド・ゾルガッドは1950年代に企画された国際巡回展、「Museum of American Art 」の様子を展示した。この展覧会は1970年代からアメリカにおけるアートのプロパガンダ展であったとみなされ、今日の欧米現代アート界におけるアメリカンアートの位置を不動のものにした原点である。

[NEXT]

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE