チリチリ

PEOPLE

アートと実生活のバランスを見つけるプロダクトデザイン。

チリチリチリチリ

香港が拠点のデザインブランド「CHILLICHILLY(チリチリ)」は、アーサー・ヤンとクレメント・チャンが主催するブランドで、彼らのデザインには物語の要素が取り入れられている。建築を勉強したという二人が手がけるのは、ちょっとした仕掛けがあり、多大な人気を呼んでいる。

最近彼らは、SCV(静岡コンテンツバレーコンソーシアム)主催のマッチング・プロジェクトに参加し、「キッズ・コーナー」というテーマのもと、静岡の地元企業と手を組み、デザイン開発を手がけた。彼らにインタビューする機会を得、デザインについて思うこと、これまでに関わってきた様々な分野に渡るプロジェクトについて、話を伺った。

まず始めに自己紹介をお願いします。


チリチリ、2004年にスタートしたプロダクトデザインブランドです。クレメントと僕(アーサー)が立ち上げました。時計、テーブルウェア、ステーショナリー、日常の小物など、おなじみの家庭用デザインプロダクトのデザインを手がけています。

「CHILLICHILLY(チリチリ)」という名前の由来を教えてください。

「CHILLI」と「CHILLY」は同音異義語です。同じ発音でありながら違う意味を持ちます。この言葉のコンビネーションのおもしろいのは、この2つが全く反対の意味を持つということ。CHILLIは、熱い、辛い。CHILLYは、冷たいという意味です。例えば陰と陽など、対照的であることが、チリチリのあるべき姿として思い描いていたものです。それがアートと実生活のバランスを見つけるプロダクトデザインです。

仕事でのそれぞれの役割や得意分野は何ですか?

僕(アーサー)が主にプロダクトのデザイン、ブランドのアートディレクションを担当しています。クレメントは会計の人で、クライアントや会社財務とのやり取りを担当しています。僕たちの仲間のベンジャミン・ウォンは、デザインを実現化したりする制作を担当しています。

代表的な作品やプロジェクトを紹介してください。

チリチリ
デコード・クロック(2004)
2004年グッド・デザイン・アワード優勝とHKDAアワード金賞の受賞作品。
長針がコードかされている言葉の上を通るとき、時間を表す言葉が現れる仕組みになっています。例えば12の上にくると「twelve」と現れます。

チリチリ
バイ・ザ・レイク、カップ&ソーサー(2004)
これが実は僕たちの初めのデザインです。フランクフルトへの旅行の際にインスピレーションを得ました。クレメントと運河の側でコーヒーを飲んでいて、運河に映る建物を見たのですが、その時にこのシーンをデザインにしたらロマンチックだと考えました。もちろんデザインには、湖のほとりに動物と木を加えてさらにロマンチックにしました。つまり、反射するソーサーは湖で、カップがソーサーの上にのると、反射した木々の絵がソーサーに現れます。

チリチリ
シーング・ダブルズ・クロック(2006)
HKDAアワード銀賞。
僕たちのアナログ時計にデジタル表示を加えたかったのです。そこでアートの授業で学んだカラーセオリーを利用して、それを実行しました。長針と短針が同じ点にきたときにも時計上の数字は変わります。例えば、時計の3の場所、ふだん数字は判別できないですが、長針がそこにいくと、15と読めます。(デジタル時計の読み方で15分です)。短針がどこにいけば、3となります。

建築を専攻されていたと伺いましたが、デザインをする上で、建築では味わえないプロダクトデザインの魅力とは何でしょうか?

そうですね、プロダクトデザインは明らかに建築と比べて規模が小さいです。僕たちがそれで好きなところは、ユーザーととても親密なデザインであって、日常的に触れられるということです。

チリチリのデザインは、見た目のデザインだけではなくちょっとした仕掛けがあるのが特徴的ですね。「デザインは生活の中にあるアートを見つけること」をモットーにされていますが、このような発想は日常のどのようなところから生まれるのでしょうか?

例えば、シルエット・ベイス。僕はずっと「ルビンの壷」反転効果の考察がとてもおもしろいと思っていたのですが、それで、もし互いを見合った2つの姿が夢のような夜のシーンをこの背景と共に迎えられたら、それはただ交互に見つめるよりも、とても素敵だと思いました。

ですから、これは僕の興味あるアートと生活の中から選んで、デザインに反映させたもの、ということになるでしょうね。チリチリでものを買うということは、これまで僕の見たものや体験したものを収集するようなものです。

チリチリ

チリチリは、世界中のアーティストとのコラボレーション作品・商品も発表していますが、どのような基準でオファーするアーティストを選んでいるのですか?

はい、他のアーティスト達とコラボレーションしたプロジェクトもいくつかありますね。僕は、そうしたアーティスト達の尊敬すべき作品への憧れから、そうしたプロジェクトに参加するのだと思います。他の人と一緒にやるのもいいことです。つまり、作品に対する尊敬が基本になっていること以外は、選ぶ基準は特にありません。

SCV(しずおかコンテンツバレー推進コンソーシアム)のマッチングプロジェクトに現在参加されていますが、今回のテーマ「キッズ・コーナー」で試みたことを聞かせてください。

子供の家具とは明らかに、僕が個人的に一度も追求したことのない分野です。このデザインシリーズの過程にみんなの賛同を得るのは、実際とても難しいことで、なぜなら子供にも大人にも気に入るような、ということが要求されていたからです。最終的には、子供の頃自分が好きだったものを思い起こして、お気に入りの子供用の本「Where The Wild Things Are (by Maurice Sendak)」からインスピレーションを得ることができ、デザインの基となりました。

プロダクトデザインに限らず、グラフィックデザイン、インテリアデザイン、インタラクティブデザインなど多岐に渡っていますが、今後の予定、挑戦してみたいことなど教えてください。

個人的に、グラフィックデザインと広告の分野で、自分のデザインスタジオ「BE COCO」に力を入れていきます。他の会社とのプロダクトや空間デザインも同様に。(のちほど詳細は明らかになります)。クレメントは母のために通商企業で働くことに進んでいます。ベンは展覧会のデザインをしているところです。

ChilliChilly
住所:Unit 39, 17 fl., Block D, Wah Lok Industrial Center, 31-41 Shan Mei Street, Fotan, New Territories, Hong Kong
TEL:852-2543-6034
http://www.chillichilly.net

Text: Kyoko Tachibana
Translation: Yukino Kotake, Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE